2006年07月22日

感情に侵された法廷

私は今、義憤に駆られている。
まずは、22日産経新聞朝刊の記事を読んでもらいたい。


認知症母殺害 長男に猶予判決 京都地裁、介護の苦しみ理解

介護疲れと生活の困窮から今年2月、合意の上で認知症の母親=当時(86)=を殺害したとして、承諾殺人などの罪に問われた長男の無職、片桐康晴被告(54)=京都市伏見区=に対する判決公判が21日、京都地裁で開かれた。東尾龍一裁判官は「結果は重大だが、被害者(母親)は決して恨みを抱いておらず、被告が幸せな人生を歩んでいけることを望んでいると推察される」として懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役3年)を言い渡した。
 判決言い渡し後の説諭では「介護保険や生活保護行政の在り方も問われている」と強調。「生活保護の受給で社会福祉事務所に相談した対応で被告が『死ねということか』と受け取ったのが本件の一因とも言える」と行政の対応に苦言を呈した。
 判決によると、片桐被告は今年1月末、介護のために生活が困窮し心中を決意。2月1日早朝、伏見区の桂川河川敷で、合意を得た上で母親の首を絞めて殺害し、自分の首をナイフで切りつけ自殺を図った。
 論告などによると、片桐被告の母親は父親の死後の平成7年8月ごろに認知症の症状が出始め、昨年4月ごろに症状が悪化。夜に起き出す昼夜逆転の生活が始まった。
 同被告は休職し、介護と両立できる職を探したが見つからず、同年9月に退職。失業保険で生活している際に、伏見区内の福祉事務所に生活保護について相談したが受給できないと誤解し、生活苦に追い込まれた。
 殺害場所の河川敷では、母親に「ここで終わりやで」と心中をほのめかし、「おまえと一緒やで」と答えた母親の首を絞めた。前日には、母親を車いすに乗せ京都市街の思い出の地を歩いた。
 判決理由で東尾裁判官は「尊い命を奪う行為は強い非難を免れない」としながらも、「昼夜被害者を介護していた被告人の苦しみ、悩み、絶望感は言葉では言い尽くせない」と、片桐被告の心理状態に理解を示した。
 また、判決文を読み終えたあと、片桐被告に「朝と夕、母を思いだし、自分をあやめず、母のためにも幸せに生きてください」と語りかけた。


懲役2年6か月、執行猶予3年。
裁判長がながらに判決を言い渡す。
傍聴席も含め、に包まれた法廷。
追及する側の検察官も「同情できる」と言った。

これは、実話である。土曜ワイド劇場での話ではない。
ここまでふざけた、ここまで法を馬鹿にした判決というものが、過去、あっただろうか。
今回の判決は、理由が理由であれば殺人は許される、という判決だ。
たしかに、介護は苦しかろう。役所に生活保護を拒否されたことで絶望を感じたろう。職が見つからないことにかつてない不安を感じたろう。
しかし、合意の上とはいえ、人を殺しているのである。
しかも、認知症の母による“合意”である。これは、「親子の望んだ道だから仕方がないよね」などという話ではない。
この判決は、まるで法を知らない人物が決めたもののように思われる。この状況下、いかに裁判員制度導入が怖ろしいものか。よく分かると思う。

それにしても、今回のこの猶予判決は理解に苦しむ。
被告の供述が、すべて事実であったとしてもだ。もとより、母を絞殺するその場においての会話などは、事実であるか否か確かめようもないが。
この事実と、そこに至るまでの経緯、どちらを深く考慮して、裁判官は判決を言い渡すべきものであろうか。
そして今回、裁判官は何を思って、わざわざ法廷でながらに、この判決を言い渡したのだろうか。

大岡裁きを髣髴とさせる今回の判決。
私はもともと情状酌量という考え方に疑問を抱く人間だが、これはいくらなんでも情状酌量の飛躍のしすぎではないか。
法廷において裁判官が、検察官が、を流して、感情を露にしていいのか。許されるのか。
やはり近年、司法の世界で何か間違った流れが出来上がっているように思える。
感情に侵された法廷。悪夢のようである。


さて、昨日、福田康夫氏が9月自民党総裁選に出馬しないことを記者団の前で明言した。
「安福」の「福」に変わる人物の擁立が、山崎拓氏ら「反安倍勢力」の次の動きだが、昨夜、青木幹雄参院議員会長と与謝野馨経済財政担当相が都内で会談した。
これは総裁選に絡んでのものなのかどうか。
あるパーティーで「与謝野さん、次の総裁選に出る準備してるそうですね?」と冗談交じりで言われ、「え…?なんで知ってるの?」と、真顔でたずね返したという可愛らしい(?)エピソードを持つ与謝野氏。
たしかに、政府の経済政策で「安倍勢力」である竹中平蔵総務相と対立していることから、「反安倍勢力」となる“資格”はある。
現実味はある。「福田氏出馬」と比べると、だが。
posted by Author at 10:04| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

福田氏不出馬?で揺れ動くおじさまたち

21日付今朝の毎日新聞朝刊によると、9月の自民党総裁選福田康夫氏が出馬しないことが確実になった。
20日になって福田氏が周辺に「総裁選に出るなんて一度も言ったことはない」などと不出馬の意向であることを強く示唆したということだ。
福田氏は小泉内閣の下で歴代在任期間最長の官房長官になったが、次期総裁の小泉改革継承に反対する議員から「反小泉」「反安倍」候補として持ち上げられていた。

“持ち上げた”議員として代表されるのは、山崎拓前自民党副総裁だ。
自身が総裁選に出馬することをほのめかしたこともあったが、それも含めて、「反安倍」勢力を一同に結集し、福田氏を神輿に担ごうと画策していた人物である。
靖国神社に代わる国立無宗教追悼施設設置を推進する議連の中心メンバーでもあり、この議連を中核に据えて、福田氏での総裁選を戦おうとしていた節がある。
この議連には福田氏も参加しているが、現在は「この議連の“目的”が(山崎氏らによって)変わってきている」として会合に欠席するなどしている。

ここに来て、福田氏が総裁選に出馬しない意向を強く示唆した主な理由としては、福田氏の所属する森派内で、ポスト小泉の有力候補である安倍晋三官房長官支持が大勢を占めていることが挙げられる。
山崎氏や加藤紘一元幹事長、津島雄二元厚相ら「反安倍勢力」に担がれようとしたことによって、福田氏には「反小泉・反安倍」のレッテルが貼られ、若手〜中堅を中心に支持を広げる安倍氏を“主流”とするならば、福田氏は“亜流”となってしまった。

森派は小泉純一郎首相の出身派閥でもあるし、小泉改革不支持の議員が排除された自民党内においても特に“小泉主義者”の多い派閥である。
そういったこともあって、森派内の80%は、小泉改革の(基本的な)継承を掲げる安倍氏支持といわれる。
福田氏も、いくらなんでも所属派閥を敵に回し、亜流、異流、異端児として自民党内で生きていくという踏ん切りはつかなかったに違いない。

こうして福田氏の総裁選不出馬が強まったことから、20日夜には、山崎氏、加藤氏、津島氏、高村正彦元外相、丹羽雄哉元厚相、それに、渡辺恒雄読売グループ会長らが会談し、福田氏が総裁選に出馬しない場合に備えて、総裁選戦略の見直しについて協議した。
この会談では、福田氏の出馬の可能性が非常に低くなったという認識で一致した上に、出席者からは、福田氏でない他の候補を擁立するべきだという意見も出た。
山崎氏ら「反安倍勢力」にとって、総裁選での安倍氏の「圧勝」は、小泉改革継承のムードがより一層強まることから、避けなければならない事態だ。

そこで、福田擁立は無理のようだから、他の「反安倍」候補で、せめて安倍氏との「決選投票」というところにまで持っていこう――というのが山崎氏らの考えである。
この「決選投票」というのは、候補者が過半数以上の票を得られない時に、上位2名で争うというものだ。
かつては、佐藤栄作首相(当時)が、田中角栄vs福田赳夫の総裁選でも巧く利用しようとした手である。
「決選投票」ということになれば、安倍氏ともう一人(「反安倍」)のどちらを次の総裁にするかという“2択”になり、やもすると…というのが山崎氏らの思惑だ。
この「決選投票」という手は、単独過半数得票はとてもとても難しいであろう、麻生、谷垣両氏にとっても、かすかだが、希望の感じられるものである。
麻生、谷垣両氏も、この「決選投票」を狙っている。

「安福」対決は、事実上無くなったといってよい。
では、「福」に変わる人物として山崎氏ら「反安倍」勢力が擁立に動くのは誰か。
麻生、谷垣両氏ら既に出馬を表明している候補に票を流すのか。それとも、与謝野馨経済財政担当相や、山崎氏らといった新たな候補擁立に向け今から歩みを始めるのか。
そろそろ梅雨明け。やってくるのは、おじさまたちの暑くて熱い夏である。
posted by Author at 14:32| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

北朝鮮ミサイル発射 3つの「なぜ」

5日、北朝鮮から「テポドン2号」などのミサイルが発射された。
「あまりにも失うものが多い」ため、ミサイル発射の可能性はないだろう思われていた頃の発射。
不意打ちというか、「なぜこのタイミングに?」と思わざるを得ない。
アメリカの独立記念日に合わせて発射したともいわれるが、だとしてはあまりにも情けない結果に終わった。
「ハワイに照準」を合わせていたという情報もある。
テポドン2号の発射が成功していれば、伝えられているミサイルの射程距離からいえば、ハワイの諸島には着弾せずとも、ハワイ近くの海には落ちていただろう。
もしそうなっていたら、北朝鮮はアメリカの反応をギリギリのところで確かめることが出来る。
それが今回、日本海に着弾したことによって、結局、アメリカ側からは冷静な対応しか得られなかったのは、北朝鮮にとっては期待に沿わないものであったろう。

そして次に疑問に思われるのは、「なぜ撃ったのか?」ということである。
小泉首相も「何もプラスになることはない」と記者会見で発言していたが、ミサイル発射は北朝鮮の国際社会孤立化を進めるものでしかない。
友好国である中国・ロシアについても事前にミサイル発射の通知がなかったということで、非難の声が高まっている。
日本政府としては「万景峰号の半年間入港禁止措置」など期限付きの制裁を発動した。
「制裁が甘い」との声もあるが、安倍晋三官房長官の下、ミサイルが日本の陸地をまたいでいなくとも経済制裁を発動できるようにしたのはもっと評価されてよい。
この制裁に並行して、日本政府は、国連安保理での「北朝鮮制裁決議案」採択のため日米連携の下各国との協議を続けている。
この「決議案」に対して、中国・ロシアの2国は拘束力のない議長声明にとどめるべきだと主張した。安保理常任・非常任計15か国中2国だけが反対、あとは賛成なら採択出来るんじゃないの?と思う人も多いだろうが、なんとも曲者なのは中国・ロシアが常任理事国であることであって、「拒否権」を行使されては元も子もないわけだ。日本政府にとっては歯がゆい思いである。

話は戻って「なぜ撃ったのか?」であるが、これは軍事力を誇示したい北朝鮮政府内部の軍部が暴走して、それを金正日総書記が阻止出来なかった結果という意見も当初よりあるが、私はむしろ、「政府と軍部が連携できている証拠」としてミサイル発射に踏み切ったという可能性のほうが高いと見ている。
つまり、北朝鮮の内部分裂ということではなくて、むしろ、北朝鮮の象徴ともいえるミサイルでもって、北朝鮮が一つにまとまっているんだということをアピールしているのではないかという風に感じる。

そして最後に、「そもそもなぜ北朝鮮はこのようなことをやっているのか」について書きたい。
簡単に書けば北朝鮮はアメリカと2国間で協議をしたい、外交交渉したい。そのためにアメリカの注意を引きたい。注意を引く手段として日本を利用する。
この北朝鮮の要求に日米などは、6カ国協議に復帰するよう答えている。6カ国協議の枠組みの中での2国間協議というのも可能であるからだ。

北朝鮮は厚顔無恥なのか。それとも、すべてが演技なのか。
いずれにせよ、北朝鮮の進むべき道は、6カ国協議への無条件復帰。これしかない。
posted by Author at 10:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

亀田3兄弟をバッシングする

もう7月だというのに少し遅い話題のようだが、具志堅用高氏が亀田3兄弟に苦言を呈した、という話である。

◇安易な世界戦に懸念 経験不足でもろさも−−東日本ボクシング協会副会長・具志堅用高氏

亀田興毅君のここ何試合かは、内容は悪い。パンチできっちり倒したのではなく、相手が棄権したり、ローブローだったり、レフェリーが止めたり。ボクシングを普段見ない人は、KO(TKO)で勝ったら「強いのね」と思ってしまうけど、我々元ボクサーや現役選手で、彼を本当に強いと思っている人がどれだけいるだろうか。

 弱い外国人とばかり対戦しているのに、日本や東洋太平洋のランキングに押し込んだ日本ボクシングコミッション(JBC)にも問題がある。日本選手と戦わず、本来のフライ級はWBA、WBC(世界ボクシング評議会)とも王者が強いこともあり、1階級下げて空位の王座決定戦に出る。金をかければ、そんなに簡単に世界挑戦できるのか。ボクシングの歴史から見たら、この現状は何だ。今度挑戦するWBAライトフライ級王座はかつて僕が持っていたタイトルだけど、彼と一緒にされたら困る。

 僕は亀田君のために厳しいことを言っている。彼は強くなる要素を持っている。体格はいいし、スタミナとパワーがある。スター性もある。だが、技術面はまだまだ。パンチを打つ順番が間違っていて、もろいところがいっぱいある。判定でも内容のいい試合はあるし、強い選手とやって負けたっていいじゃないか。経験を積んで強くなる。でも、テレビ視聴率のためには、そうはいかないのだろう。

 みんなに愛される選手になってほしい。今はチヤホヤされても、引退後はどうなるのか。会見や計量で相手をにらみつけたり、挑発するような言動は慎むべきだ。ボクシングは選手が命がけで戦う素晴らしいスポーツ。ボクサーはリングの外では紳士であるべきで、やっていいことと悪いことがある。協栄ジムは教育すべきだ。二男は試合後にリング上で歌うけど、僕がJBCにやめさせるよう求めたら「テレビ局の意向だから」。特別扱いせず、やめさせないといけない。
 3兄弟とも父親を尊敬している。今の若者にしては珍しいし、素晴らしいこと。彼らの人気はボクシング界にとってプラスだ。だが、このまま相手を選びながら内容の悪い試合を続けていたら、いつか人気は冷める。人間性を磨き、試合内容が良くなれば、亀田3兄弟ブームは続くと思う。

6月26日の毎日新聞朝刊に載ったこの記事に、亀田3兄弟の父・史郎氏や協栄ジムの金平会長側が反発しているということだが、私から見れば、この記事の中身はまさに「愛のムチ」である。
当然、相手選手を挑発したりというのは演技・演出としてのものだろうが、しかし、どうも私はこういう形のパフォーマンスに嫌悪感を抱いてしまう性質である。
だから、亀田3兄弟についても好印象は持っておらず、今回の具志堅氏のような記事は「良くぞ言ってくれた」といった感じである。
今朝見たフリー雑誌のインタビューで、女優の青田典子が「私のモットーは見た目はエレガントで心はパンク」と答えていたが、亀田3兄弟にはエレガントさも、品性のかけらも感じられない。もちろん、青田典子と亀田3兄弟を比べてどうなるという話ではないが。


「亀田は養殖モノ。陣営が丁寧に作ったレールに乗ってここまできた。
世界王者の器と断言はできない。ただ、スポーツの世界では実力が足りなくても、
周りの雰囲気に乗って活躍以上のものを発揮することはある。亀田もそのタイプでは」

こう話すのは、元WBC世界ライト級王者のガッツ石松氏(56)。

亀田の戦績は11戦全勝10KO。
少ないキャリアのなかで、元世界王者2人と東洋太平洋フライ級王者もマットに
沈めている。戦績だけ見れば立派な“怪物”だ。

しかし、亀田が倒したのは「勝ったことがない」「デビュー戦」という外国人選手も多く、
日本人との対戦は一度もない。倒した2人の元世界王者もピークをとっくに過ぎた
「ロートル」だ。

ガッツ氏は「おれたちの時代は日本人同士で戦って生き残ったやつだけが
世界へいった。時代が変わったのだろうが、陣営のやり方はうまい。
今回の世界戦も、フライ級ではまず勝てなかっただろう」と辛口なのだ。
どうやら簡単には「OK牧場」とはいかなそうだ。

また、亀田との対戦を熱望する国内のジム関係者は「弱い相手にも不用意に
クリーンヒットをもらうことがある。強い相手とやったら倒されるのでは」と分析する。

今回の世界戦の実現に尽力したボクシング関係者さえ「立場上ベタぼめしなきゃ
いけないんだけど、そうもいかないんだよね」と意味深なコメントを残している。

いつもは天然キャラでおなじみのガッツ石松氏も以前このようなことを話していた。
長男の亀田興毅は8月、世界タイトルに初挑戦する。

それにしてもどうにかならんかTBS。いまや日本の下品さを主導するテレビ局に成り下がってしまった。昔は気品のある番組を制作していたものだが…。

亀田3兄弟のような派手なパフォーマンスのするような人たちがいつしか主流になり、K-1やHERO'sのようなものが主流になっていく。そして、「かつらボクサー」のいるようなこれまでの格闘技の世界、ボクシングの世界がどんどん衰退していく。どなたのせいであろうか。
posted by Author at 12:03| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(2) | 亀田3兄弟/朝青龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。