2007年05月28日

現役閣僚「自殺」という衝撃

これが、松岡大臣にとっての責任の取り方だったのか。

松岡農相 首をつって自殺 議員宿舎で

 28日午後0時18分ごろ、東京都港区の衆院赤坂議員宿舎の自室で松岡利勝農相(62)が倒れているのを迎えに行った秘書官らが見つけ、警察に通報した。首つりによる自殺を図ったもので、救急隊員らが現場で応急処置をした後、午後1時に東京・慶応大病院に運んだが同2時死亡が確認された。松岡農相は自らの事務所の政治資金問題や、官製談合事件が告発された農水省所管の「緑資源機構」の関連団体からの献金問題で野党から追及され、世論からも批判を浴びていた。
 警察が詳しい状況を調べているが、農相はリビングのドアのちょうつがいに犬の散歩用のひもをひっかけて首をつっていたという。また午前10時に農相の警護の警察官(SP)と話していたことが分かっており、その後自殺を図ったとみられる。
 松岡農相は自らの資金管理団体が事務所の光熱水費をめぐる不明朗な処理で世論批判を受け、野党から追及されていた。安倍晋三首相は「法的な責任を果たしている」と擁護していた。しかし、官製談合事件で刑事事件に発展した緑資源機構の関連団体から献金を受けていたことも発覚。自民党内からも辞任を求める声が出ていた。
 松岡農相は衆院熊本3区選出。1990年、衆院選に立候補し初当選。05年に6選を果たし、昨年9月の安倍内閣発足時に農相に就任した。
 農林水産省によると、松岡農相は28日午後1時40分から、国会内で開かれる参院決算委員会に出席する予定で、午前中に東京・霞が関の農水省内で同省幹部と事前の打ち合わせをするはずだったが、姿を見せなかったという。

(28日、毎日新聞)


戦後例のない“現役閣僚の自殺”というニュースは、永田町に衝撃を走らせた。
与党幹事長はもちろんのこと、野党幹事長らも国会内で続々と「ご冥福を祈る」「かばい続けた安倍首相に責任がある」などのコメントを発した。
実は、この自殺を予見するかのようなニュースが、松岡大臣が病院に搬送された後になってのことだが、スポーツ報知のホームページに掲載された。

松岡農相、精彩欠きダービーに姿見せず

 松岡利勝農相は、25日午後1時半から都内のホテルで開かれた農産物の輸出促進のための協議会に出席。得意分野にもかかわらず、用意した紙を読み上げるだけで、精彩を欠いていた。

 同日朝の定例記者会見では、緑資源機構の官製談合事件に質問が集中。松岡農相は「極めて遺憾」「信頼回復に全力で取り組みたい」との答弁を繰り返したが、疲れ切った様子だった。

 27日の日本ダービーでは、自身の名前で皇太子さまらに招待状を出していたにもかかわらず、姿を見せなかった。

[ 2007年05月28日 13:42 速報記事 ]
(スポーツ報知)


出席が当然視される農水大臣が日本ダービーに姿を現さなかったということは、今回の自殺につながる行動といえるのか。
少なくとも、本来出席すべきはずの行事に参加しないという、国務大臣としてはある意味“勇気ある行動”を取ったという事実から見て、27日の時点で、松岡大臣の精神がひどい状態に陥っていたらしい、ということは容易に推測できる。

自民党有数の“農水族”として有名で、武部勤衆院議員(後の党幹事長)らと共に農林省前で座り込みの抗議活動を行うなど、安倍首相の言うとおり、“エネルギッシュ”な政治家であった。
候補者の応援の仕方などをめぐって、テレビカメラの前でつかみ合いの喧嘩を披露、流血したこともある。
このブログでも以前取り上げた「日本食お墨付き制度」についても“日本の食文化の保護”の観点から、農水相として、JETROの活動を推進していた。

件の「ナントカ還元水」騒動のほか、緑資源機構の関係者から献金を受け取っていたなど、大臣就任後、次々と明るみに出たスキャンダル。
“入閣に適格か不適格か、判別できない首相官邸”の人選の“まずさ”を示すものとして、ひとつ、象徴的な存在でもあった。
だから、安倍首相が、松岡氏を入閣、しかも、農水族である松岡氏を農水相として入閣させた際には、誰もが驚いた。
安倍内閣発足当初、”一番ダーティーな人”、“スキャンダルなどのほころびが一番出てきそうな人”等といわれていた。

当然、松岡大臣が自殺したからといって「政治とカネ」の問題が収束に向かうことが許されるわけではない。
それは、松岡大臣個人における「政治とカネ」の問題についても、同様である。
ただし、“死人に悪口なし”ではないが、松岡大臣が、政治家として“自殺”という判断を取ったことについて、その意味を慮る必要もあるのではないだろうか。
理由がどうあれ、社会一般においても“自殺”行為は断じて許されるものではないが、しかし、松岡大臣が精神的な重圧を感じた末に自殺をした、という事実がある。
「松岡大臣の自殺をもって、松岡氏の政治資金問題は終わった」というのは間違った論理だと思うが、松岡氏が自殺した、あるいは、自殺せねばならなかった意味を考えてあげなければならない、と思う。

農水省が「日米牛肉問題」を喫緊の課題として控える中、農水分野の実力者であった松岡大臣が、自殺を図り、亡くなったことについて、心からお悔やみ申し上げたい。
農水相の臨時代理には若林正俊環境相が就任することが決まり、正式な後任人事については、現時点ではまだ決まっていないという。
posted by Author at 20:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

“中宏池会”構想で亀裂をさらに深める古賀派

2つの派閥が合併するためには、その前に、1つの派閥が分裂する必要性がありそうだ。

加藤氏「大宏池会構想、将来性ない」

 自民党の加藤紘一元幹事長は16日、札幌市内のホテルで記者団に対し、古賀、谷垣、麻生の旧宏池会3派による「大宏池会構想」について「広がりがなく、将来性もない。麻生太郎外相の考え方と宏池会の伝統的な『リベラル』は違う」などと述べ、麻生派を除外した「中宏池会」を目指すべきだとの考えを示した。また、加藤氏は3派の中堅・若手議員が15日夜、都内で開いた会合についても「(現状は)何もしないという『モラトリアム集会』だ」と批判した。

(5月17日、産経新聞)


ご存じない方のために書いておくと、“大宏池会”構想とは、1998年12月の時点にまでさかのぼって、古賀・谷垣・麻生の3派が合流することを指し、“中宏池会”構想とは、2001年1月の時点にさかのぼって、麻生派を除いた、古賀・谷垣の2派が合流することを指す。

連日報道されている“中宏池会”構想をめぐるニュースだが、ここに来て、“神の声”が聞こえてきた。

1998年12月に、麻生派(当時:河野グループ)が離脱する形で分裂した旧宏池会であるが、2001年1月、さらに2つに分裂し、古賀派(当時:堀内派)と谷垣派(当時:小里派)が誕生した。
そのきっかけをつくったのが、他ならぬ、加藤紘一氏である。

谷垣氏による「あなたは大将なんだから」という名言を生んだ“加藤の乱”から、早くも6年以上が経過した。
宏池会を、堀内派と小里派に分裂させた張本人とも言える加藤氏が、今、谷垣氏の“中宏池会構想”を後方支援している。

引用した産経の記事に掲載されているほかに、加藤氏は、記者団に対して、「誰を次の総裁候補にするのかがまとまらないので、“大宏池会”構想は実現困難だ」と語っている。
この加藤氏の発言はまさにその通りで、無理に3派が合流したところで、麻生氏と谷垣氏、どちらを“宏池会として擁立する総裁候補とするか”を決めるのが難航するのは目に見えている。
「麻生氏と谷垣氏、どちらを総裁候補にするか」ということで派内に亀裂が生じたならば、何のための3派合流だか分からない。
それをやるぐらいなら、総裁候補を谷垣氏として、つまり、谷垣氏を中心として、古賀・谷垣両派を合流させようじゃないか、というのが、この“中宏池会”構想だ。

谷垣氏としては、総裁候補となりたい。そのためには推薦人が20名必要だ。ところが、谷垣派には16名の議員しかいない。51人を抱える古賀派と合流して、強力な後ろ盾をつくりたい。
古賀氏としては、自らが総裁候補になることなどはまったく考えていない。ただ、森政権以降、政権の中枢にいないまま、政界をフェードアウトしていきたくはない。谷垣氏を派として総裁候補に擁立し、自分はいわば“後見人”となりたい。

谷垣氏と古賀氏、きっかけ、理由は違えど、“中宏池会”構想の実現という目的は一致している。
谷垣派の議員は、“親分”である谷垣氏を中心とした“中宏池会構想”に概ね賛同している。
しかし、古賀派内ではそうではない。
“小が大を飲む合併”になりそうであるばかりか、そもそも、古賀氏主導による古賀派運営に好意的でない議員が多いのだ。
というのも、古賀派は丹羽雄哉総務会長を、事実上“追放”する形でつくられた派閥だからである。
古賀氏のこの強引な動きには、鈴木俊一元環境相ほか、古賀派内の中堅・若手を中心に反発する意見が強い。
(詳しくは、2006年10月08日の記事

“中宏池会”構想をめぐって、もともと見えていた古賀派内部の亀裂は、いよいよ隠せないものとなってきた。
菅義偉総務相や塩崎恭久官房長官など“親安倍”の議員もいれば、太田誠一氏のような“反安倍”勢力の中心となることに積極的な議員もいる。
それが古賀派内の実情であり、麻生派をも含めた“大宏池会”構想は無理だからといって、“中宏池会”がすんなりと行くはずがない。
“中宏池会”構想がどのように進むか、停滞するか、あるいは消えるかは、今のところまったく見えていない。
ただ一つ明らかなのは、“中宏池会”構想なるものは、谷垣氏が仕掛ける、総裁選に向けての“数合わせ”構想であるということだ。

谷垣氏の思惑通りに、事は運ぶだろうか。いずれにせよ、古賀派と谷垣派がそっくりそのまま合流することは考えられない。
どうやら、古賀派と谷垣派が合流する前に、古賀派が分裂してしまいそうだ。
ラベル:古賀派
posted by Author at 17:02| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

古賀氏の動きが左右する「中宏池会」構想

“消極的賛成”ならぬ、“消極的批判”という、新しい概念がここに生まれた。

<自民党>「中宏池会」? 古賀、谷垣両派で反安倍勢力

 自民党の中で谷垣禎一前財務相による古賀誠元幹事長への急接近が目立つ。安倍晋三首相に対抗する「反安倍」勢力の結集のため、古賀、谷垣両派の合流を持ちかけたほどだ。宏池会の系譜を引く古賀、谷垣、麻生3派による「大宏池会」構想が模索されてきたが、麻生太郎外相は「親安倍」を標榜(ひょうぼう)する。谷垣、古賀両氏には大宏池会よりも2派再結集の「中宏池会」を実現し、夏の参院選後の政局に備えた方が得策との思惑があるとみられる。【平元英治、野口武則、小林多美子】

 「14日の谷垣派パーティーに喜んで出席させてもらう。あいさつすることも快諾した」
 古賀氏は10日の古賀派総会で谷垣氏との接近ぶりをにじませた。谷垣氏と中谷元・谷垣派事務総長が8日に古賀氏の事務所を訪ねて出席を強く要請。古賀氏も谷垣氏に21日の自派パーティーへの出席を求めた。

 谷垣、古賀両氏は00年の「加藤の乱」で旧加藤派が堀内(現古賀)、小里(現谷垣)両派に分裂して以来、疎遠な関係だった。しかし、昨年の総裁選で谷垣氏が敗北。同じく敗れた麻生外相が再任されたのに対し、谷垣氏は完全無役になったうえ、谷垣派のみ入閣者がいない。安倍政権発足から7カ月、非主流派の悲哀をかこってきたことが関係好転を促した。

 谷垣氏と川崎二郎前厚生労働相ら谷垣派幹部との間では「古賀派と合流すれば、古賀会長、谷垣総裁候補」との会話も交わされたという。こうしたことを背景に谷垣氏は4月29日の派閥研修会後、記者団に「今年は宏池会結成50年。過去を乗り越えていきたい。古賀氏らも宏池会への愛着がある。わだかまりを解消して、協力を積み重ねていきたい」と語った。

 一方の古賀氏も森喜朗政権で幹事長を務めてから6年も政権中枢から遠ざかっている。4月19日の派閥総会では「政権の座にある時もない時もわが派は常に政権を支えている。これが政治の王道」と安倍政権を支える考えを示したものの、その一方で反安倍色の強い山崎拓前副総裁や加藤紘一元幹事長らとの会合を重ねている。複雑な行動の背景には「安倍―麻生ライン」が今後も政局の主導権を握ることへの警戒感がある。

 谷垣、古賀両派の急接近に対しては、党内には「参院選後をにらみ、キャスチングボートを握るための布石」との見方が強い。

(11日、毎日新聞)


“古賀・谷垣・麻生”3派の結集は無理だが、“古賀・谷垣”2派の合流なら可能かもしれない――というのが、谷垣氏の考え方に違いない。

“反安倍”ととれる古賀氏や谷垣氏の動きだが、実は、古賀氏も谷垣氏も自身が“反安倍”になることには、あまり積極的ではなさそうだ。
それを示す出来事が、先月29日、神奈川県・箱根であった。


 谷垣氏はこの日、神奈川県箱根町のホテルで開いた谷垣派研修会で講演したが、安倍政権の外交・財政政策への批判は避けた。このため、谷垣氏が首相との対立軸を打ち出すものと期待して講演原稿まで用意していた派閥幹部らから一気に不満の声が噴出した。

 「小泉、安倍政治で社会のひずみが生まれた。『ここを改めるべし』と言うべきだ」(園田博之元官房副長官)、「どういう手段で党内に谷垣イズムを浸透させていくつもりなのか」(逢沢一郎衆院議運委員長)、「会長として古賀派との連携に腐心してほしい」(川崎二郎前厚労相)−。

 さすがに谷垣氏も派内の不満を感じたのか、研修会終了後、記者団に対して、故池田勇人元首相が創設した「宏池会」(旧宮沢派)が谷垣、古賀、麻生3派に分裂していることに関連して、「今年は宏池会が結成50年を迎えたので、過去を乗り越えていきたい。古賀氏らも宏池会に愛着を持っている。お互いわだかまりを解消し、協力を積み重ねることが大事だ」と合流を示唆した。

(4月29日、産経新聞『谷垣氏 古賀派と合流示唆 派内の反安倍勢力意識』より)


情報をまとめると、谷垣氏は、派内からの圧力によって、谷垣氏自身が“反安倍”であることを党内外にアピールせざるを得ない状況に陥っている、ということが言えそうだ。
事実、谷垣派は安倍政権下で“冷遇”され、毎日新聞の記事にもあったように、入閣者が一人もいない。
谷垣氏が総裁選に出馬し、安倍氏と争い、敗れたためにこのようになったともいえる。谷垣派の議員にとってみれば、“親分、しっかりしろよ”というわけだ。

当初は、昨年9月の総裁選後にも、本格的な動きを見せるといわれた“大宏池会構想”だが、ズルズル、ズルズルと気が付いてみれば、参院選2ヶ月前である。
谷垣氏個人が“反安倍”とのポジションを明確にせず、かといって“親安倍”になることなど出来ず、存在感が薄れてしまった。
山崎拓・加藤紘一両氏との“新YKK”結成で、すっかり“反安倍”となったかに見えた古賀氏も、党内からの「あんなにフラフラしていては誰も信用しなくなる」(党幹部)との冷たい視線に耐えられなくなったのか、早くも“新YKK”を離脱する道も模索しているようだ。

いくら“反安倍”だと騒いでみても、党内には“安倍でダメなら谷垣で”という空気など一切ないことは、谷垣氏自身が一番よく分かっているだろう。
しかしながら、谷垣氏は、本人としては消極的ながらも、派内からのプレッシャーにより“反安倍”を標榜せざるを得ない。
このような事態を招いてしまったのは、きついことを言うようだが、ひとえに谷垣氏が派内をまとめられなかったところによる。“親分が子分に操られている”といった状況だ。

“中宏池会”が実現するかどうかは、実は、古賀氏にかかっている。
谷垣氏は、当面の間は“反安倍”を標榜するしか出来なくなってしまったわけだが、古賀氏は“親安倍”“反安倍”どちらを取ることも可能なのだ。
“新YKK”で、冷笑されながらも、自らの力が後々発揮できるだろうことを信じて、“反安倍”となり、谷垣氏と密に連携を取ることも可能。「中宏池会」の話も当然浮上してくる。
また、かつての青木幹雄参院議員会長のごとく、時の総理に忠誠を誓うことで“親安倍”となることも可能。小泉前首相にとっての青木参院議員会長のような関係を、安倍首相と結ぶ。小泉前首相には相手にしてもらえなかった古賀氏だが、相手が安倍首相なら、上手く政権中枢に立ち入ることも不可能ではない――。

古賀氏は、政治家としてもう一花ぐらい咲かせられるか。
それとも、このまま“反安倍”系政治家としてフェードアウトしていくか。
丹羽雄哉総務会長を自身の派閥から事実上、追い出した“実績”を持つ古賀氏の動きが、注目されている。
もっとも、興味本位でなしに注目しているのは、谷垣派の人々ぐらいのようなものだが。
ラベル:古賀派 安倍晋三
posted by Author at 17:29| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

当選したければ、東條女史は比例で出たほうがいい

まさか国政に挑むとは。

参院選 東条英機元首相の孫、由布子さんが出馬の意向

 東条英機元首相の孫で、NPO法人理事長の東条由布子さん(67)が7日、今夏の参院選に立候補を表明した。東京選挙区に無所属で出馬する意向だが、政党から比例代表での立候補も模索しているという。
 東条さんは保守派論客の一人。靖国神社へのA級戦犯合祀(ごうし)に賛成し、遺族会などが進める分祀(ぶんし)の活動に警戒感を示している。
 極東国際軍事裁判(東京裁判)は国際法違反と指摘し、天皇の靖国神社参拝の実現や高齢者・障害者福祉の充実などを訴え、「日ごろの思いを国政の場で具現させたい」と話している。

(5月8日、毎日新聞)


保守派知識人で、女性で、若干年配。
“元首相の孫”としておなじみの東條由布子さんが、今夏参院選に挑むという驚きのニュースだ。

時事通信によれば、無所属での東京選挙区出馬のほか、新たに政党を立ち上げ、そこの比例候補として立候補することも検討しているそうだ。
自民党の一部議員にとっては、自党の公認候補として擁立できずに、東條女史が出馬に踏み切ったことは残念だろう。

前回2004年の参院選、東京選挙区では、拉致被害者家族会の増元照明事務局長が出馬したが、落選した。
社会的な位置付けとして、増元氏と東條女史が同等であるわけと言う訳ではないが、現在の選挙情勢を考えると、東條女史が東京選挙区に出馬した場合、少なくともトップ当選は非常に厳しいと考えられる。
新政党を立ち上げるのであれば、十分なPRが必要となる。“周知不足”によるところの落選は、なんとしても避けなければならない。

東京は今回選挙から、定数が5に増える。
自民・民主は各党2名以上の擁立を目指し、公明・共産・社民も各党1名ずつ擁立する方針だ。
いくら“時代は無党派層”だと言ってみたところで、小選挙区制において、まったく政党色のない、完全な“無所属”候補は敬遠される傾向にある。
また、東條女史の場合、「東京裁判はあやまり」「靖国神社“A級戦犯”合祀賛成」といった局地的な政策だけでは、東京選挙区での当選はより一層難しいと考えられる。
“東京の人間”として東京選挙区から出馬したい気持ちは分かるが、私としては、“保守”を代表する東條女史という「個人」が、確実に勝利を掴むためには、全国規模となる「比例代表」に出馬するほうが得策だと感じる。
posted by Author at 22:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

“昭和30年代村”という幻想

いつか来た道とは、まさにこのことだ。

報道関係者各位
プレスリリース                2004年4月15日
                     ツカサグループ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆生き甲斐が持てる介護の村 村ごとウィークリーマンション! ◆◆◆
 ◆◆◆ 家族4人で1週間10万円で過ごせるテーマパーク ◆◆◆
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  ツカサグループ、究極の新規事業『昭和30年村計画』を発表
         http://www.222.co.jp/s30vil/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
♪アドレスはにゃんにゃんにゃんてんコてんジェイピー のTVCMでお馴染みの
ツカサ都心開発株式会社(本社:東京都品川区、代表:川又 三智彦)は、全
く新しい「土地の有効活用」「人材の発掘と育成・支援」を目的とした町ごと
テーマパーク『昭和30年代村計画』構想を発表、現在用地を募集しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『昭和30年代村計画』とは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
土地の有効活用と人材の発掘と育成を目的とした、戦後から高度経済成長期ま
で昭和30年代の古き良き時代の日本を再現し、ひとつの自治体として作り上げ
るというプロジェクトです。

人々の温かさ・人情味にふれ合い「懐かしさ」と「新鮮さ」が融合する、世代
を超えた癒しの複合テーマパークとして、土地活用問題、介護問題、住居問題、
雇用問題、職人技術の保存、そして子供の人格教育といった、現代社会の中で
増えつつある深刻な問題の解決を目指します。


以上は、2004年4月に掲載された@Pressからの引用だが、ついにこのような“村”が、静岡県・伊東市に誕生することが決まった。

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」をきっかけに、とでも言うのだろうか、“昭和30年代”ブームが続いている。
過去にノスタルジーを感じるのは人間として当然のことだし、気持ちはよく分かる。
しかし、本当に、こんな“村”が出来てよいのだろうか。

このニュースを聞いたとき、頭に浮かんだのは、映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」(2001年)である。

この映画は、昭和の時代を再現したテーマパーク“20世紀博”が全国各地で開かれることから始まる。
野原しんのすけの父・ひろしや母・みさえもまた、この“20世紀博”に夢中になっていく。
次第に、世の大人たちは、昔懐かしい夢や希望にあふれた時代に郷愁を感じて、現代社会で生きることを放棄し、“子ども”へと戻っていく――というストーリーだ。

昭和30年代は、緑も多く、地域コミュニティーもしっかりとしていて、みんなが前向きに生きていこうとしていた、素晴らしい時代だったかもしれない。
しかし、その時代を再現したテーマパークに定住するということは、私は、あくまで幻想にしかすぎないと思っている。
現在の社会から逃避し、昔懐かしい時代を再現したテーマパークで、昔のような暮らしをするということは、「いつか来た道」に後退し、未来への前進を放棄するということだ。

私たちは、望むと望まないとに関わらず、未来に向かって生きていくことしか出来ない。また、そうしなければならないのだろうと思う。
未来には苦難があり、凶悪犯罪があり、ネガティブなことばかりが待っているかもしれない。
しかし、我々が“過去”に生きることは、今後、時間と共に生きる“人間”として生きることをあきらめ、逃げることだ。

“過去”は、“過去”だからいいのだ。
“過去”だから、よかったと思えるのだ。
私は、今、改めて問いたい。
昭和30年代は本当によい時代だったのか? 本当に素晴らしい時代だったのか?
あの時代に戻れば、犯罪は起きないだろうか? あの時代に生きればみんな幸せだろうか?
そして、あなたも幸せになれるだろうか?

“過去”“現在”に置き換えて生きることは、後世に何かを残すという人間としての営みを行わないと宣言するようなものだ。
こういったことで、私は、時々行くぐらいならばまだストレス発散にはなるだろうが、“昭和30年代村”に定住するということについては、非常に危惧している。

残酷なことを言うようだが、“古きよき昭和”は、もう戻ってこない。
ただし、我々は、後世の人々に“古きよき平成”と評価されるような時代をつくることは出来るはずだ。
一人の人間として、私には、“昭和”に逃げる勇気などない。
posted by Author at 17:26| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。