2009年03月04日

このタイミングに小沢代表秘書が逮捕された本当の理由

「金丸金脈」を受け継いだ小沢氏。ついに小沢氏側が西松建設に献金を請求した事実も明らかに。

小沢氏秘書逮捕 金丸氏から託された縁

20090304_ozawa_01.jpg(C)産経新聞

 民主党代表の小沢一郎氏と、準大手ゼネコン「西松建設」(東京)の癒着が3日、浮き彫りになった。西松と政界との関係をたどると、小沢一郎氏が“後継者”とされた自民党元副総裁の故金丸信氏との付き合いが原点とされる。政界再編の度にキーマンとされてきた“豪腕・小沢”側がなぜ西松側から長年にわたって巨額の献金を受けてきたのか。東京地検特捜部は今後、実態解明を進めていくもようだ。

 西松建設の2つの政治団体は、平成16〜18年の3年間で、与野党の国会議員19人の政治団体などに対して献金を行っている。

 小沢氏以外の議員に対する主な献金は、自民党の尾身幸次元財務相の資金管理団体「幸政会」に対し400万円、自民党の森喜朗元首相の同「春風会」に対し300万円、民主党の山岡賢次国対委員長の同「賢友会」などだった。

 こうした中で、小沢氏は資金管理団体「陸山会」が1400万円、代表を務める政党支部「民主党岩手県第4区総支部」が1000万円と突出していた。

 ある検察幹部は「ほかの議員は、パーティー券の購入が主だったり、献金時期が盆暮れに集中するなど儀礼的な傾向が強い。小沢氏の長年にわたる献金は、金額や献金時期においても際立っている」と小沢氏側の立件の意義を話す。

 西松建設と小沢氏の親密な関係が始まった背景には、小沢氏の“後見人”とされた自民党元副総裁の故金丸信氏の存在があった。「竹下派七奉行」の中でも小沢氏を特に重用した金丸氏が47歳の若さで小沢氏を自民党幹事長に推したエピソードはよく知られる。

 金丸氏の次男が、昭和40年代後半から西松の社長だった杉本三吾氏の娘と結婚しており、当時の状況を知る同社関係者は、「金丸氏から西松を託されたのが小沢氏だった」と話す。

 金丸氏一辺倒だった西松の“政界人脈”は、同氏の平成4年の政界引退とともに、小沢氏支援へと傾倒していった。西松元社員は「東北では小沢さんが建設に強く、何でも指導力を発揮するので、小沢さんの力を借りたいという動きはあった」と語る。また別の社員は「スーパーゼネコンが仕切っていた談合が6年前ごろからなくなり、業界内の付き合いで与えられる仕事がなくなった。その結果、小沢さんに頼る傾向が強くなった」と明かす。

 西松側は、違法献金が問題にならないよう、献金の原資を社員にいったん会費の形で負担させた後、会社側が全額負担するなど巧妙な手口を使っていた。

 社内では、献金システムを発案したとされる前社長の国沢幹雄容疑者ら一部の幹部以外、使途先などは一切明らかにされず、トップシークレットだったという。会費を払ったことがある西松社員は「上司に頼まれて、断れなかった。何のために使うのか、説明されなかった」。別の社員は「将来の出世に影響すると思い、妻と2人分を支払った。支給総額が10万円ほど多かったが、総額しか書かれておらず、本当に上乗せされていたのか分からない」としている。

 一方、こうした「賞与上乗せ」のほか、社員の名前を使って献金する「名義貸し」のパターンがあったことも新たに分かった。名義貸しに加担した社員は「上司に『名前を借りるよ』といわれ、後日、政治家の事務所から領収書が送られてきた」という。

 複数の同社関係者は「政治献金をコントロールしていたのは国沢容疑者だった」と証言している。

(4日、産経新聞)

きょう(4日)午前9時前、民主党の小沢一郎代表は民主党本部に入り、役員会を開いた後に記者会見を開いた。
会見で小沢氏は「今回の検察の強制捜査は、従来からのやり方を超えた異常な手法。政治的にも法律的にも不公正な国家権力、検察権力の行使だ」と述べ、公設第一秘書の逮捕は、政府・与党から検察権力に圧力をかけたものであるとの主張を繰り返した。
また、自身の代表続投を明言し、国民などへの謝罪の気持ちについて問われると、「今、お詫びをするという意味においては理由は見当たらない」と謝罪を拒否した。

小沢氏の会見を受け、民主党の渡部恒三最高顧問は「俺は、同じ党の同志として、彼の今日の記者会見の発言を信じる」と述べた。
鳩山由紀夫幹事長は「むしろ検察側に、この根拠を国民にしっかりと示す、むしろ彼らの方に説明責任があると、そのように感じます」と話した。
しかし、党内のある議員からは「検察は他に裏の情報があるのかな」「これ以上、何も出て来なければいいけど」といった声が聞かれた。

一方、自民党議員らからは、小沢氏の姿勢に疑問を投げかける発言が相次いだ。
自民党の町村信孝前官房長官は、民主党幹部らが「国策捜査」などと反発していることについて「許しがたい。民主党が政権を取ったら、どんどん国策捜査をやると逆に言っているようなものだ」と批判した。 
中川秀直元幹事長は「ただ、捜査当局への批判と否定だけですからね。やっぱりあの会見だけでは疑問が残りますね」と述べた。
片山さつき衆院議員は「民主党の若い方たちは、それでいいんですかね。他党のことですから私どもが申し上げることではないけど」とコメント。
大島理森国対委員長は「(与党の陰謀や国策捜査ではないかという声もあるが?)全くそういうことはありません。日本の司法・立法・行政の中での確立した中で、そういうことができるものではございません」と語った。

民主党と同じ野党からも、厳しい声が相次いでいる。
共産党の志位和夫委員長は「国策捜査というふうに民主党側から声が上がっていますけども、そういう根拠は示されていないと思います。根拠なくそういう責任を他に転嫁するのは、公党のなすべきことではないと思う」と述べた。
社民党の福島瑞穂党首からも「普通、巨額の金を、というか献金してくれる相手について、通常は私たちの普通でしたら、確認するとか、どういう人かなと思うのではないかと思いますが、これはもう捜査に委ねられているところですから」との意見が出た。

解散・総選挙が取り沙汰される時期に、検察当局が野党の大物政治家の関係者を逮捕することは、普通はない。そのようなことをした場合、「政府・与党による国策捜査ではないか」との“陰謀説”が立ってしまうからだ。逮捕や強制捜査は選挙後に行われるのが通常である。
しかし、検察側はあえてこのタイミングを選び、小沢氏の公設第一秘書を逮捕した。それはなぜか。大きく分けて2つの理由があると思う。

一つは、逮捕された小沢氏秘書・大久保隆規容疑者に問われている一部の容疑が、今月末に時効を迎えるからだ。献金額の多さなどから、検察は小沢氏の事件を特捜部として見過ごせない悪質な事件だと判断したのだろう。特捜部の覚悟を感じる。
もう一つは、大久保容疑者が最近、憔悴(しょうすい)しているとの情報を特捜部が掴んだためである。先月(2月)24日には、長野県の村井 仁知事の元秘書・右近謙一参事が自殺した。この元秘書は、西松建設の裏金問題で特捜部から事情聴取を受けていた人物である。事件の“最重要人物”の自殺を防ぐ面からも、検察はあえてこの時期に動いたものとみられる。

検察側が逮捕に踏み切った背景には、検察側の「絶対の自信」がある。
関係者の話によると、逮捕された大久保容疑者は、問題の政治団体から献金を受ける際、請求書を政治団体に対してではなく、西松建設に対して送っていたという。これは、大久保容疑者が、西松建設からの違法献金だったことを認識していたことになる。
大久保容疑者が西松建設側に政治献金を依頼した上で、献金先の団体についても西松建設の本社と直接連絡を取り合って決めていた疑いがあることも分かっている。
また、西松建設の関係者が、特捜部の事情聴取に対して「西松建設は、他の社に比べて、公共工事の受注で東北地方が弱かった。東北地方に影響力を持つ小沢代表の力に期待し、献金を続けた」という趣旨の話をしているという。
特捜部は、献金の見返りに何らかの便宜供与がなかったかなどについても、慎重に調べる方針だ。

上記に掲げた産経新聞の記事を読んでもらえば分かる通り、小沢氏は故・金丸信元自民党副総裁に寵愛された政治家である。
西松建設は、金丸氏の政界引退後、「西松建設と金丸氏のつながり」を「西松建設と小沢氏のつながり」へとスライドした。小沢氏は、そっくりそのまま“金丸金脈”を継承したのである。今回浮上した、10年間で総額1億8000万円に及ぶ脱法献金は、“金丸仕込み”の献金ルートなのだ。

大久保容疑者から西松建設に対しての「献金依頼」の存在や、西松建設幹部による供述などからも、大久保容疑者が違法性を認識して犯行を行った可能性は極めて高い。
この期に及んで「陰謀・国策捜査だ」などと主張するのは、論理展開としてあまりにも無理があるし、完全な言い逃れである。それを小沢代表以下、民主党の幹部が総じて行っているのだから性質(たち)が悪い。
聞いた話によると、“陰謀”ありきでコメンテーターが議論を展開しているワイドショーなどもあるようだ。元首相ではないが、怒りを通り越してあきれてしまう。“陰謀説”は、政府・与党ならびに検察に対する誹謗中傷以外のなにものでもなく、検察を愚弄するのもいい加減にしてほしい。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
posted by Author at 22:18| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

小沢代表秘書逮捕! 「陰謀説」「行方不明」の民主党に政権を担う資格なし

都合の悪い事実から逃亡する民主党代表。「陰謀」などという言葉を軽く使う民主党幹部。

西松建設献金で小沢氏公設第一秘書を逮捕 政治資金規正法違反

20090303_ozawa_01.jpg(C)産経新聞

 準大手ゼネコン「西松建設」(東京)が、政治団体をトンネルにして政界へ事実上の企業献金を続けていたとされる問題で、東京地検特捜部は3日、政治資金規正法違反容疑で、小沢一郎民主党代表の政治団体「陸山会(りくざんかい)」を家宅捜索。小沢代表の公設第一秘書、大久保隆規容疑者や、西松建設前社長の国沢幹雄容疑者ら計3人の逮捕状を取り、2人を逮捕した。

 調べによると、大久保容疑者らは、西松建設のOBが代表を務める2つの団体から計約2100万円を受けていたが、この団体はダミーで、大久保容疑者らはこれが禁止されている企業献金に当たることを認識していた疑いがもたれている。

 西松建設をめぐっては、同社が海外で作った裏金を無届けのまま国内に持ち込んだとして元副社長の藤巻恵次容疑者らが特捜部に外為法違反容疑で逮捕されている。約10億円に上る裏金については、国沢幹雄社長が黙認していた疑いが浮上しているほか、特捜部は一連の家宅捜索で、この裏金を含め不明朗な資金の流れが政治献金などにあてられた疑いがあると見て全容解明を進めていた。

(3日、産経新聞)

小沢氏秘書逮捕 「陸山会」捜索 警察官も出動

20090303_ozawa_02.jpg(C)産経新聞

 民主党・小沢一郎代表の資金管理団体「陸山会」の事務所がある東京・赤坂のマンションには、午後5時15分ごろから2回に渡り、東京地検の係員ら計15人が捜索に入り、資料などを押収した。

 マンションは赤坂の裏通りに位置し、人通りの比較的少ない閑静な一角。住宅のほか、有名人の事務所としても利用されているという。

 50人近い報道陣が建物前に詰めかけ、警視庁赤坂署の警察官が交通整理に出動。騒然とした空気に包まれた。

 マンション内で事務所を構える50歳代の女性は「普段は静かな建物。小沢さんに関連する事務所があることすら知らなかった」と驚いた様子で話した。

 近くで勤務する会社員の男性(64)は「建物前に黒塗りの車が止まっているのを見たことがある。民主も勢いよく自民を叩いていたが、結局は同じということか」と憤りを口にした。

(3日、産経新聞)

緊迫の小沢氏事務所 女性「何もわかりません」

20090303_ozawa_03.jpg(C)産経新聞

 東京・永田町の議員会館内にある小沢一郎氏の事務室前には、午後3時すぎに報道陣が一斉に詰めかけた。

 「小沢一郎」のネームプレートがかかる同館6階の605号室。出入りの多い他の議員事務室に比べて関係者の出入りはほとんどなく、ドアは固く閉じられたまま。部屋の中からは電話に対応する人の声がかすかに聞こえる程度だ。

 午後5時すぎ、事務室から出てきた事務員とみられる女性は、小沢氏の所在などを問う報道陣に「何もわかりません」と言って足早に去っていった。

 午後6時すぎには女性が事務室に入室したが、報道陣から「秘書の方ですか」と聞かれても無言のままだった。

(3日、産経新聞)

民主党・小沢一郎代表の政治団体「陸山会」が、西松建設から違法献金を受けていた疑いが強まり、きょう(3日)、東京地検特捜部は政治資金規正法違反容疑で小沢氏の公設第一秘書らを逮捕した。
調べなどによると、西松建設OBが代表を務める「新政治問題研究会」など2団体の会費は、一部社員が現金で支払い、後で会社が賞与に上乗せする形で補てんする仕組みだった。
このため、2団体からの与野党議員や首長に対する献金は実質的には西松建設による「脱法献金」だったと指摘されていた。「社員→政治団体→陸山会」の形だと称しておきながら、実際は「会社→陸山会」だったのである。特捜部は、複数の与野党議員の中でも小沢氏側の受領額が最も多いことなどから、突出して悪質と判断した模様だ。
西松建設側から「陸山会」に渡った金額の総額は10年間で総額約2億円とされる。

民主党本部では当初、今後の国会対応などを協議するために午後2時半から小沢氏ら党三役による幹部会が開かれる予定だった。小沢氏は午後、民主党本部に姿を見せ、執行部のメンバーを前に「まったく問題ない」と述べたという。
小沢氏は午後3時すぎに党本部に姿を見せ、大勢の報道陣を一瞥して、いつも通りの様子で役員室に入って行った。
幹部会後の囲み取材で、鳩山由紀夫幹事長は「小沢代表から『全く心配いりません』という話でありました。すべて自分のお金の出し入れ、すべて明らかにしている方ですから『全く問題はない』と、ご本人がそう申していました」と述べた。
小沢氏はこのように疑惑を完全に否定。鳩山幹事長もまた、「政権与党の陰謀の感じもするので、断固戦いたい」などと“陰謀説”まで主張してみせた。
午後4時すぎ、小沢氏は記者に無言で党本部を後にした。現在は“行方不明”だという。今回の事態に民主党内には大きな動揺が走り、現実味を帯びる政権交代に影響が出ることも予想される。



「小沢氏公設第一秘書逮捕」を受けて、与野党の反応は以下の通り。


(民主党)

小沢氏の側近である民主党・山岡賢次国対委員長は「仕組まれた陰謀ですよ。そういう、手段を選ばず選挙に勝ちたいと、党が生き残りたいと。ここまでくると、こういうことをやるようでは、末期症状だと思います」と、鳩山氏同様、まさかの“陰謀説”を主張している。
民主党の輿石東参院議員会長は、「別に問題ないでしょう」とアッケラカンに話した。専門用語でいうところの「危機認識の欠如」が露呈されている。
ある民主党幹部は、「選挙には影響が出る。特捜部はやりすぎとの批判を受けるんじゃないか」と述べている。
また別の民主党議員からは、「官邸がやったに違いない。あとで国策捜査とわかったら、大変なことになるぞ」と強気の発言も飛び出している。
参議院民主党の幹部は「家宅捜索が行われたら、ただでは済まない。そのタイミングで解散を打たれたら万事休すだ」と述べるなど、民主党内には動揺が広がっている。


(自民党)

自民党の細田博之幹事長は「事実は司直の手で今後明らかになる。小沢事務所に強制捜査が入ったということは、(東京地検に)ある程度の心証があると思うが、コメントは控えたいと思います」と、現時点でのコメントは差し控えつつも、東京地検には「心証」があるのではないかとの見方を示した。
加藤紘一元幹事長(無派閥)は「やっぱり(影響は)大きいと思いますよ。いずれにしても、これでまた政治に対する信頼が、ぐらつきますね」と述べた。
平沢勝栄衆院議員(山崎派)は「私は、(小沢氏は)説明された方がいいと思いますけどね。与党が例えば『敵失』を喜ぶとかいうことは、万が一にもあってはならないと思いますよ」と話した。
自民党の若手議員も、今回の逮捕についてコメントしている。
柴山昌彦衆院議員(町村派)は「政権を担おうとする政党の代表であるわけですから、しっかりと国民に対して納得のできるような形で、説明責任を果たしてもらうしかないと思っています。解散の時期が左右されるということは、十分あり得ると思います」との見解を示した。
水野賢一衆院議員(無派閥)は「今、民主党代表だというだけじゃなくて、場合によって、総選挙後に内閣総理大臣になるかもしれないという政治状況の中で、当然、その人が疑惑に対して説明責任を果たさなきゃいけないというのは当然だと思います」と話した。
自民党内からは「小沢氏は代表を辞任するしかないんじゃないか。小沢氏が代表を辞任して、代表選挙になったところで解散するのも手だ」といった話も出ている。


(公明党)

公明党の北側一雄幹事長は「事実関係について、まずはきちんと説明していただくこと。説明責任を果たしていただくということが大事」と話した。



現時点では、小沢氏の公設第一秘書が実際に違法行為をしたかどうかは断定できないし、逮捕された秘書は犯行を否認している。
しかし、今回、改めて明らかになったのは、小沢氏が“ネクスト総理”の器を持つ政治家ではないということと、民主党に政権を任せることなどできないということだ。

小沢氏は、きょう(3日)午後4時すぎに民主党本部を出たあと、行方がわからない状況となっている。小沢氏は党本部を出る際、記者団の質問には何も答えず、警護官に守られるようにして出て行ったという。
政府・与党に少しでも疑惑が生じた際には、説明責任を果たすべきだとの声の前に「まずは辞任だ!」などと声高に叫ぶ民主党だが、自分のところの代表は、都合の悪い事実から“逃亡”している。「ネクスト総理が行方不明」などということであれば、それこそ国内外に大きな悪影響が出ることすら分かっていないのか。
あえて付記すれば、小沢氏は自分に都合が悪くなると、すぐに姿を隠す政治家である。自民党離党の際もそうだった。“逃亡”“行方不明”は、小沢氏の十八番なのである。

「逮捕は政府による陰謀だ」などと主張し、なぜか逮捕者を出した小沢氏を擁護してい民主党幹部も、異常だ。鳩山幹事長、山岡国対委員長はいとも簡単に“陰謀”などという言葉を使った。
政府の陰謀により検察が動き、逮捕者を捏造するなど、あまりにもあきれた話であり、こんなことを「政権準備政党」(自称)の幹部が述べるとは、日本の政治の成熟度が疑われる。私見を述べれば、鳩山氏と山岡氏に国会議員を続行する資格はなく、即刻、中学生にでも議席を譲るべきではないだろうか。

“ネクスト総理”の公設第一秘書が逮捕され、事実関係が明らかにならないうちから小沢氏を擁護し、政府による「陰謀説」まで主張している民主党。
もしこれが“陰謀”だとしたなら、小沢氏批判を展開せず、事実を冷静に見守る姿勢を示している、麻生内閣の河村健夫官房長官や自民党の細田博之幹事長は何なのだろう。与党幹部の反応を見た上で、「これは陰謀だ」などと声高に叫ぶ鳩山氏や山岡氏は、政治家というより人間として問題があるのではないか。

民主党内の一部の“良識ある”議員からは、「小沢代表は辞任すべきだ」との声も出ている。何しろ、党代表の公設第一秘書が逮捕されたのだ。この代表を総理にするために数年間働いてきたのが、「こんな人物に総理を任せられるか」というムードになってきた。国民の怒りも相当強いのではないか。
事実関係は、今後、司法が明らかにしてくれると確信しているが、小沢氏に“ネクスト総理”になる資格はないこと、そして民主党に政権政党に資格がないことは、現時点で間違いなく断言できる。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
posted by Author at 20:19| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。