2008年10月21日

「金融危機」に挑む麻生首相と、「選挙」のことしか頭にない小沢代表

やはり、民主党には政権担当能力がないと思うのだ。

麻生首相、支持グループの会合で解散総選挙の日程にからみ景気対策重視の姿勢再強調

 麻生首相は20日夜、総裁選で麻生氏を支持した議員の会合に出席し、解散総選挙の日程にからんで、あらためて景気対策を重視する姿勢を強調した。
自民党の島村宜伸元農水相は「総理は、かなり本腰を入れて景気対策をやろうというお考えだろうなあということは、容易に推測できました」と話した。

 自民党の船田 元議員は「『アメリカでは(大統領選で)政治空白が生じるんだ。その中で、日本がどう対応するかということは、やっぱり考えなきゃいかんな』という話はありました」と話した。

 都内のホテルで開かれた麻生支持グループの会合、いわゆる「太郎会」に出席した麻生首相は、アメリカ発の金融危機への対応を重視する姿勢をあらためて強調するとともに、11月4日に行われるアメリカ大統領選挙から、新大統領が就任する2009年1月までに生じるアメリカ政界の空白期間に、日本が一定の役割を果たすべきとの考えを示した。

 麻生首相の年内解散に慎重とも受け取れる発言は、波紋を呼ぶものとみられる。

(21日、FNN-NEWS.COM)

昨日(20日)午後、麻生太郎首相はぶら下がり会見で「今回の(金融)サミット、解散時期に影響は?」と問われ、「関係ありませんよ。解散してようとなかろうと、金融サミットには行きます」と述べた。
同日夜には、自民党総裁選で麻生首相を支持した議員の会合に出席し、あらためて景気対策を重視する姿勢を強調した。

麻生氏を支持する「太郎会」の会合で、麻生首相は、米国発の金融危機への対応を重視する姿勢を強調。
来月(11月)4日に行われる米大統領選挙から、新大統領が就任する来年(2009年)1月までに生じる米政界の空白期間に、日本が一定の役割を果たすべきとの考えを示した。

その一方で、小沢一郎代表率いる民主党では、幹部たちは口が開けば「早く解散しろ」の一転張り。
具体的な景気回復政策、金融危機対策政策を提示することなく、必死に“解散風”を巻き起こそうと躍起になっている。
「体調不良」を理由に、麻生首相(自民党総裁)との党首討論実施を拒否している小沢代表は、インターネットラジオのほうには出演。
ラジオの出演者から「小沢さんは11月が運気のピークですよ」などと言われて、いかにも“ご満悦”の様子だった。

みなさんご存知の通り、米国発の金融危機は世界中を“不安”で覆い尽くしている。
その国際金融情勢の中で開催される、G8首脳による金融サミットへの日本国首相の参加は、必須だ。
だからこそ、この時期に、日本が解散・総選挙を実施して「政治空白」を作るべきではない。
ただでこそ、米国は自国の大統領選で、事実上の「指導者不在」の状況が1〜2か月間続く。米国に次ぐ世界第2位の金融大国として、日本の行動が大変重要になってくることは間違いない。

ところが、日本の最大野党であり、「政権準備政党」と自称する民主党は、財源の裏付けがない経済・金融政策を謳い、「今すぐ解散・総選挙を実施せよ!」としか主張しない。
民主党内で唯一まとめられている党の基本政策が「政権交代」の4文字しかないのだから当たり前だが、とにかく選挙のことしか考えていない、政局しか視野に入っていない民主党の行動は、あまりにも無責任である。
ドイツではアンゲラ・メルケル首相率いる与党と、野党が協調姿勢をとり、未曾有の金融危機に対応している。日本の民主党には、ドイツ野党の“現実路線”を見習ってもらいたいものだ。

よい意味で“開き直”って、一番の現実問題である金融危機対策に全力を注ごうとする麻生首相の大局観には、実に“余裕”なものがある。
よくよく考えてみれば、このような不安定な社会情勢下だからこそ、我が国のリーダーには毅然とした、冷静で現実的な姿勢が求められる。リーダーが不安定では、日本国内の不安定情勢はますます不安なものになってしまう。

ドイツの野党のような“国民目線”の政治運営を行うことなく、ナントカの一つ覚えのように「政権交代」「政権交代」しか主張しない民主党の小沢代表。
小沢代表のような「選挙」のことしか考えていない人間が、日本のリーダーになっても、日本国中に「ドブ板選挙制度」が蔓延するだけだ。そんなものは、国民にとって一切の価値を生み出さない。
民主党が本気で政権を担う政党になろうとする気があるなら、麻生首相との協調姿勢をとるべきだ。それができない民主党は、すでに“腐敗政党”になってしまってると言えるだろう。


さて、自民党の森喜朗元首相と、大阪府の橋下徹知事が、実に興味深い発言をしていた。
<森元首相>「戦後教育の過ち」日教組を批判

 自民党の森喜朗元首相は20日、名古屋市での講演で、日本教職員組合について「親や子供を殺すようなことが珍しくもない世の中になったのはなぜか。やはり戦後の日教組教育の大きな過ちだ。それが民主党の支持団体じゃないか」と批判した。同党では、中山成彬衆院議員が同様の日教組批判などで失言をし、先月末に国土交通相を辞任している。

 森氏は、衆院解散・総選挙については「(年内選挙であれば)常識的には11月30日投開票になるが、国際金融問題で主要8カ国(G8)などの首脳会合をやろうと、ブッシュ米大統領が呼びかけている。麻生太郎首相も少し悩みが多いかと思う」と述べた。【近藤大介】

(21日、毎日新聞)

橋下知事「朝日が早くなくなれば世の中のためになる」

hashimoto_osaka.jpg(C)産経新聞

 大阪府の橋下徹知事が、3日付の朝日新聞の「橋下TV発言 弁護士資格を返上しては」と題した社説を批判した問題で、橋下知事は20日、出張先の東京で報道陣の取材に応じ、「朝日が早くなくなれば世の中のためになる」などと発言。“朝日批判”をさらにエスカレートさせた。

 橋下知事は、19日の陸上自衛隊記念行事の祝辞で「人の悪口を言う朝日新聞のような大人が増えれば日本は駄目になる」と述べた真意について「命がけで頑張っている自衛隊に敬意を表さないといけない場で、その対極にいる愚かな朝日を批判するのが最適だと思った」と説明。

 テレビでの発言をもとに弁護士資格の返上を提案した社説については「朝日はからかい半分で、事実誤認もあり今すぐ廃業すべきだ」と述べた。

 さらに、全国学力テストについて、大阪府内の市町村別のデータを朝日新聞が掲載しなかったことについては「自分たちが良識だと思い上がって、何でも反権力なのが朝日。だから、僕が出そうとしたデータを出さなかった」と語るなど、批判は止まらなかった。

(20日、産経新聞)

どちらの発言も、私は、まったくもって正論だと思っている。
自民党の中山成彬前国交相が先日発言したように、日教組は日本教育界の「がん」であり、今すぐ抹殺しなければならないものだ。
子供が親を殺すような事件が日常茶飯事になっている現状を生み出したのは、戦後、長年に渡って日教組支配の「教育」と称した「政治思想活動」が行われてきたからだ。
日教組が愛国教育を拒否して、徹底した自虐史観教育を貫いたことで、日本の子供たちは社会に対する深い絶望感を叩き込められた。

戦後最大の「がん」である日教組が支持し応援している民主党が、21世紀の現在、政権を剥奪しようとしているというのは、実に皮肉な話ではないか。
我が国の国民は、喜んで自虐史観を享受し続けようとしているというのか。自国の誇りを失い続けることを望んでいるというのか。
今こそ、日教組のこれまでの罪悪について、真剣に検討すべき時期が到来している。

大阪府の橋下徹知事による「朝日新聞批判」発言についても、私はまったくもって同意だ。
「反権力」という、一見美しいものかのように見える「最大の権力」を行使して、日本国民から希望や活力を奪い取ろうとし続けている朝日新聞。
「からかい半分」(橋下知事)で、意味の分からない論理で、自分たちの気に入らない人間をバッシングする――。
朝日新聞をありがたがって読んでいる中高生がいるとしたら、そんな子供は、どう考えてもまともな大人にはならない。
同時に、朝日新聞を「自分にとって第一番目のメディア」に指定している大人たちは、明らかな情報弱者であると言えるだろう。



<追記>

米大統領選で、コリン・パウエル前国務長官が「バラク・オバマ候補支持」を表明した。
パウエル氏は「(共和党副大統領候補である)サラ・ペイリン氏は経験不足だ」などと言っていたが、そんなことを言ったら、民主党の大統領候補であるオバマ氏の方が「経験不足」ではないか。
「経験不足」云々で特定の候補を支持する、しないを判断できるパウエル氏というのは、私に言わせれば、狂気の沙汰であるとしか思えない。

本当は、パウエル氏には、他に、積極的にオバマ氏を支持する「特別な理由」があるのではないか。ただし、それを公言することはできないのだろう。
共和党ジョージ・W・ブッシュ政権で国務長官を務めた人物による“寝返り”には、とても強い違和感を感じる。


にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 08:14| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

11月金融サミット開催でアメリカ一極支配の崩壊へ
Excerpt: オツカレです。 いよいよアメリカ資本主義にメスが入ることになりそうだ。 [キャンプデービッド(米メリーランド州) 18日 ロイター]米欧首脳が金融危機対処で首脳会合を提案、11月米国で初会合 ..
Weblog: ハズレ社会人
Tracked: 2008-10-21 08:49

教えてくれたYさんありがとう(笑)
Excerpt: 教えてくれたサイトに暇つぶし程度でいってみたら、マジで報酬もらってやれたよwww 顔謝が好きらしくて三回ぶっかけてうるおいマスクみたいなってたしwww 今度のオフ会でお礼します^^
Weblog: 今日は匿名Kで^^;
Tracked: 2008-10-22 05:03

■金融クライシス 緊急提言■
Excerpt: 以下の文は、本来の自分の主張と大幅に不一致の内容ですが、状況が状況(余りにも危機的)であるため、敢えて信念を曲げてさえも、思った内容でございます。為政者の方々は御一考くださって頂ければ幸いです。まず、..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2008-10-26 19:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。