2008年11月12日

「定額給付金」で迷走… 景気を悪くしたあなた、最低です

金持ちも貧乏人も「給付金」受給を辞退しろ! さもなくば…

<定額給付金>「所得制限」めぐり衝突

 総額2兆円規模の定額給付金(仮称)の支給対象を巡る政府・与党内の混乱の背景には、景気対策と迅速性を重視する「全世帯給付派」と、「ばらまき批判」をできるだけ抑えようとする「所得制限派」の衝突があった。さらに、首相がいったん「全世帯」と打ち上げながら、所得制限を容認するよう発言を転換したことが混乱に拍車をかけたため、与党からは官邸の調整能力と首相のリーダーシップを疑問視する声が噴出。年内衆院選を見送り、実績づくりで政権浮揚を図るようかじをきった首相だが、スタートからつまずいた形だ。【犬飼直幸、西田進一郎】

 首相が定額給付金を「全世帯対象」と発表した翌日の10月31日。首相官邸で開かれた経済財政諮問会議は、高額所得者を除外するか、全世帯配布かで意見が衝突した。

 民間議員「豊かな家計ではあまり消費喚起の効果がない」

 鳩山邦夫総務相「単純に手間暇を考えた場合、地方自治体の窓口で配ることになると、どこまでできるかという問題との闘いだ」

 民間議員「やはり上限をどこかに置いた方がいい。自主的申告という考え方もあろうかと思う」

 結局、進行役の与謝野馨経済財政担当相が「所得制限を設けないとも設けるとも、実はどちらにも決めていない」と議論を引き取り、首相の「全世帯配布」の方針をあっさり撤回した。財政再建に重点を置く与謝野氏は、そもそも財政支出を極力抑えたいとの立場。給付金の景気対策としての実効性にも疑問を抱いており、翌11月1日にはテレビで「高い所得の世帯にお金を渡すのは常識から言って変だ」と語った。

 これに対して、巻き返しに出たのが景気対策重視派だ。中川昭一財務・金融担当相は4日、「事務手続きをやっていくとかなり時間がかかる。年度内で迅速にという観点からは一律にやらざるを得ない」と与謝野氏の意向に猛反発した。

 しかし、この時点では、首相は与謝野氏に傾いた。首相は中川氏発言の4日、「貧しいとか生活に困っているところに出す。豊かなところに出す必要はない」と与謝野氏に同調した。ただ迷走する首相に対しては、与党内から「首相の指導力不足」などの声が噴出した。

 10日には、事務作業の膨大化を懸念する自治体を代表し、全国市長会長の佐竹敬久秋田市長が「所得制限なしが望ましい」と会見で表明。現場レベルからの「反対」に、首相もようやく、高額所得者に自発的な辞退を促すことを明確に示した。当初、優勢だった与謝野氏も11日には渋々追認するしかなかった。

 こうした中、民主党の小沢一郎代表は11日神戸市内で記者団に対し、首相が高額所得者の自発的な辞退を促す方針を示したことについて「与謝野さんが言っているように『自発的に辞退』というのは制度じゃない」と、首相を批判したうえで与謝野氏にエールを送った。

 与謝野氏が首相の「全世帯配布」方針に強く異を唱えたことについて、自民党幹部は「これまで黒衣の調整役だった与謝野氏が首相の意向を平然と無視したのは、次期首相を目指すという政治的野心が生まれているからだ」と指摘。小沢氏の発言も、次期衆院選後の政界再編を視野に置き、与謝野氏に秋波を送っているとの見方も自民党内で出ている。

 ◇うんざりムードも

 定額給付金を巡る政府方針が二転三転したため、自民党内ではうんざりした雰囲気が漂った。党内では元々、定額給付金の導入に慎重論が根強かっただけに、調整にかかわった党幹部が「やるべきではなかった。財源は税金ということを忘れてはいけないし、胸が痛む」ともらすなど、正式決定前に制度そのものの是非論まで再燃している。

 自民、公明両党は11日、政調幹部が電話などで最終調整を行った。12日の幹事長、政調会長などの会合で決定する方針だが、検討対象は「給付金」という名称の変更まで拡大。笹川尭総務会長は11日の記者会見で、「支給でも給付でも一緒だが、(名称で)迷うなら、鉛筆を転がして、神に委ねるしかない」とあきれ気味に語った。

 定額給付金制度は政府・与党の掲げた追加の経済対策の目玉。迷走の原因が首相自身の発言のぶれにあり、与党内には「普通は発言する前に調整しておくものだ」と、首相の政策決定手法への不満がくすぶる。自民党内では「こんなことで、次期衆院選のタイミングを判断できるのか」(幹部)として、政権運営への懸念も出始めている。

(12日、毎日新聞)

麻生太郎首相が先月(10月)発表した「追加経済対策」の目玉である“定額給付金”制度(仮称)。
総額2兆円規模で実施されるもので、簡単にいえば「全世帯」に金券・クーポン券を支給するという制度である。
国民一人につき1万2000円。18歳以下と65歳以上の国民には、8000円が加算されて、一人につき2万円が支給される。
これについての財源は、特別会計の余り金、いわゆる“埋蔵金”を充て、赤字国債の発行を新たに行うようなことはしない。

麻生首相は会見で、支給対象を「全世帯」と発表したが、この考え方について、与謝野馨経財担当相は「高額取得者が給付金を受給するというのはおかしな話だ」と噛み付いた。
これに対し、中川昭一財務・金融相は「事務手続きをやっていくとかなり時間がかかる。年度内で迅速にという観点からは一律にやらざるを得ない」と、現実的には受給する人・しない人の“線引き”を行うことは難しいという考えを示した。
閣内で「与謝野VS中川」という構図が生まれたのだが、さて、内閣トップの麻生首相の判断はどうか。

そもそも麻生首相は、先月の記者会見で「全世帯」を対象に定額給付金を支給すると提言した。
しかし、与謝野氏が所得制限を設けるよう主張しだすと、麻生首相は与謝野氏の考え方に同調。一転、所得制限を設けることを容認する発言を行った。
首相による、このいきなりの“方向転換”に、政府・与党内は混乱。現在も“迷走”が続いている。

給付金を全世帯に支給し、それを景気対策につなげたいという麻生首相。
年収が5000万円も1億円もあるような高額取得者は、支給対象から外すべきだという与謝野氏。
いや、現実的にはそんなことは難しい。決めた以上は、全世帯に給付すべきだという中川氏。
――3人とも、主張したいことは分かる。また、理解できる。
しかし、与謝野氏と中川氏の意見が衝突し、麻生首相が未だに“どっちつかず”の状態を続けているから、この問題は迷走している。
ここはトップリーダー、すなわち麻生首相の“決断”が必要な時だろう。麻生首相には、ぶれない姿勢で決断をしてもらいたい。
各自治体・市町村による支給裁量が実施される枠組みは決定したが、それならそれでいい。大事なのは、麻生首相が「こうします」としっかりメッセージを打ち出すことだ。

私自身が今回の件をどういう風に考えるかというと、これは人間の“品格”の問題だと思う。
たしかに、無条件で1万2000円が貰えるのは嬉しい。これで何か買おうとも思う。11日に政府・与党が固めた方針によれば、年収1800万円以上の人は「辞退すべきだ」とのことだ。
では、「江戸っ子」ならどうするだろう。
お金に困る江戸っ子なら「こんなもの要らねえや。孤児にでもくれてやれ」とやせ我慢して受け取りを拒否するだろうし、高額所得者の江戸っ子なら「倍にして返してやらあ」とやはり受け取りを拒否し、さらにはその倍の額を政府に寄付するなり、募金するなりするだろう。

対して、金がないから貰える金は最大限貰おうとし、「お前は高額所得者だから辞退しろ」と言われてもそれを拒否して、自分の懐に金を入れる。
そんな“セコい”人間の行き着く先は、堀江貴文か小室哲哉である。守銭奴のような人間は、最後には堕落し腐敗する。シェークスピアを観てもそれは明らかだ。
某野党第一党の党首は、国民の税金で私的不動産を購入し、セコセコと財産を増やしている(※)が、こんな人間は必ず逮捕される。
どんなに落ちぶれても、無様な“セコさ”を世間に見せるような人間にはなりたくない。「お前、貧乏だよね」と言われても「うるせえ!おれは貧乏じゃない」と、家具を売り払ってスッカラカンの家の中で叫ぶような人間に私はなりたい。

定額所得者も、高額所得者も、定額給付金の受け取りを拒否しよう。
あるいは、受給した金で国債を購入してもいいし、どこかの慈善団体に寄付してもいい。
「金が欲しい。金くれ!」などと公言するような“セコい”人間になって金集めに必死になるぐらいなら、生活費も貯金も一切なくなって、餓死する。それも一つの美徳だろう。

――ちょっと話が大袈裟になってしまった感があるが、受給した1万2000円で何か商品を購入することも、立派な“景気回復対策”の一環だ。とりあえず、その商品を販売したり製造したりしている企業は助かる。
だから、貰った1万2000円を単純貯蓄するのだけはやめよう。それで何かを買おう。
不景気な時こそ金を使う。国民みんなが商品の代替機能として、紙幣や硬貨を使用すれば、不景気なんてすぐになくなる。景気回復なんてすぐに実現する。

景気を悪くしたのは、他ならぬあなた、国民である。もちろん、そんな意識はないかもしれない。赤字国債を発行したのは政治家の一部であって、自分には関係ないと思うかもしれないが、その政治家を選んだのはあなた自身である。同時に私自身でもある。
自分で悪くした景気を、自分で回復させてみようじゃないか。そのために、一番簡単な方法。
それは、お金を使う。商品を買う。企業に対してお金を消費する。

使いませんか? お金。




<追記>

色々事情があって、私はこの2年以上、夕方ニュースは『速ホゥ!』(テレビ東京)という番組だけを見てきた。
もちろん、私はニュース番組マニアだから、他の番組もチェックしていたが、内容にまでしっかり踏み込んだのは『速ホゥ!』だけだった。
この秋、『速ホゥ!』は終わった。もうテレビ東京の夕方ニュースを見る義理はないので、私の大好きな三雲孝江キャスターが出演する『イブニング・ファイブ』(TBSテレビ)を見てみた。

一昨日(10日)には、我が国自衛隊の少年自衛官(16歳前後)の訓練や寮生活などについての特集が放送されていた。批判的な報道ではなく、むしろ防衛省のイメージビデオを見ているかのようで、私としては大変見やすかった。『イブニング・ファイブ』はなんて素晴らしい特集を放送するんだろうと思った。
昨日(11日)は「麻生首相の『ホッケの煮付け』は都内料理店に実在した!」というニュースがトップニュースで放送されていたし、今日(12日)の放送では、不法移民の家庭に生まれ、自分を日本人だと思いながら13年間過ごしてきた女子中学生のドキュメンタリー特集が放送されていた。

本当にもう、『イブニング・ファイブ』は素晴らしい番組なのである。私は寝返った。私は今週から『イブニング・ファイブ』派である。改めて、テレビ東京とはキッパリ縁を切る。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 23:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109582574

この記事へのトラックバック

定額給付金は自治体まかせ 麻生首相もう十分でしょ?
Excerpt: オツカレです。 効果の望めない対策にこれほど時間を割くとは何と愚かなことか。 [12日 日経]所得制限は自治体判断、定額給付金で自公合意 1800万円下限に  自民、公明両党は12日午前、..
Weblog: ハズレ社会人
Tracked: 2008-11-13 18:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。