2008年11月16日

飲酒運転で16歳新聞配達少年死亡 与野党協調で一刻も早く「消費者庁」を設置せよ

消費者を守ること、それはすなわち国民を守ること。

ひき逃げ 新聞配達員が死亡…6キロ引きずられ? 大阪

osaka_hikinige_01.jpg

 16日午前3時10分ごろ、大阪府富田林市錦織東3の路上で原付きバイクが倒れているのを通行人が見つけ110番した。府警富田林署が運転手の行方を捜していたところ同8時半ごろ、南に約6キロ離れた同府河内長野市小塩町の駐車場に男性が倒れているとの通報があり、署員が毎日新聞富田林東販売店アルバイト、東川達也さん(16)と確認した。東川さんは既に死亡していた。同署は遺体発見現場近くに住む大工、市川保容疑者(41)を道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転過失致死容疑で緊急逮捕した。市川容疑者が東川さんを引きずった可能性が高いとみて、殺人容疑も視野に追及する。

【ひき逃げ現場、捜査状況の写真】

 調べに対し、市川容疑者は「軽自動車を運転中、原付きバイクに追突した。飲酒運転だったので必死で逃げ帰った。(どう逃げたのかは)よく覚えていない」と供述しているという。駐車場には、市川容疑者所有の軽自動車が止まっており、車体前部が損傷していた。

 事故現場から南に約20メートルと約60メートルの路上に長靴が落ちており、数キロ先には破れた紺色のカッパのズボンが落ちていた。いずれも東川さんが着用していたとみられる。現場から約100メートルにわたって、何かをひきずったような跡もあった。東川さんは側頭部や肩に路面と擦ったような傷があり、着ていたカッパやズボンは背中や尻の部分が破れていた。

 調べでは、市川容疑者は富田林市錦織東3の路上を軽自動車で北から南へ走行中、東川さんの原付きバイクに後方から接触、救護せずに逃走した疑い。現場は片側1車線で、東川さんは新聞配達中だった。一方、市川容疑者は6月にも酒気帯び運転で検挙されていた。

 大阪府では10月21日、JR大阪駅前の交差点で男性会社員(30)がワゴン車にはねられ、約3キロ引きずられて死亡する事件が起きたばかり。

(16日、毎日新聞)

今日(16日)未明、大阪・富田林市で、新聞配達の少年を車でひき逃げしたとして、41歳の男が逮捕された。少年をおよそ5km引きずった疑いもあり、警察が調べている。

今朝3時前、大阪・富田林市で、ミニバイクに追突した軽四貨物自動車が、乗っていた少年を引きずりながら逃走した。
車は5km先の駐車場で、少年の遺体とともに発見された。
死亡したのは、新聞配達アルバイトの東川達也さん(16)で、警察は、大工の市川保容疑者(41)をひき逃げなどの疑いで逮捕した。

東川さんの勤務する新聞配達店は「お母さんの方はね、泣くだけで、ほんまに声をかけられない状態でしたね。お父さんの方は、下向いてね。何ていうのかな、『何でうちの息子が…』っていうことしか言ってなかったんで」と話した。
市川容疑者は「飲酒運転なので逃げた」と供述している。
大阪府警富田東署は、今後は殺人容疑も視野に、市川容疑者を追及する。

少年がひき逃げされた現場には、配達途中の新聞が散らばっていたということで、その事実が事件の悲惨さを伝えている。
新聞配達中の少年が自動車に轢かれ死亡するというのは、聞くも無残な非常に怒りを覚えるニュースだ。
ひき逃げされた上に、約5キロも自動車に引きずられて亡くなっていった少年の心境を思うと、とてもやるせない気持ちになる。

飲酒運転の厳罰化、道交法違反の厳罰化が求められることは言うまでもないが、どうにかしてこういった事件を防ぐことは出来ないのか。
このニュースとは直接関連がないように思えるかもしれないが、「消費者庁」の設置は一刻も早く実現されるべきである。「消費者庁」が設置されれば、「飲酒運転」を取り締まるための施策を実行することも出来る。
有志議員で作る自民党PTは、過去にシンドラー製エレベーター事故(私に言わせれば事件)で死亡した市川大輔さん(享年16)のお母様を呼び、防ぐことが出来たかもしれない事件による被害者の遺族の方々と意見交換を行うなどして、一刻も早い「消費者庁」設置のために奔走している。

「小さな政府」が求められ、省庁の削減への方向性が基本的な流れにある現状で、なぜ「消費者庁」という新たな内閣府管轄庁を設置する必要があるのか。なぜ設置を求める声が多数上がっているのか。そのことを、国民一人ひとりは真剣に考えるべきだ。
民主党は、政府・与党案はツメが甘いとして「対案」を提示しているが、結局、このことにより審議は一向も先に進んでいない。これはどういうことなのか。こういう事案は、与野党の区別なく協調すべき事案ではないのか。

一分一秒でも早く「消費者庁」を設置する必要がある。救える命を救う必要がある。そこに、野党の「選挙戦略」などが入り込む余地はない。
私自身も当事者の一人として、「消費者庁」構想の速やかな実現のために、全力・全速力で行動してまいりたい。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 21:45| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずんずくずんずん ずんずくずんずんワルサー ボヤッキー 好きなもの好きなもの消費税2014年民主党20から15%自民党2010年10〜15%ごめんね まただまされたの ボヤッキーでトンズラーなお話ボヤッキーでドロンジョな与野党 ぬははは 公務員改革?反対きつくて挫折しますた。それゆけそれゆけ民主党 税率いわない小泉作戦
Posted by at 2009年08月22日 16:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109764690

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。