2008年11月19日

これは、元厚生次官を狙った「年金テロ」なのか

犯人の動機はまだ分からない。しかし、許されざる犯罪であることは間違いない。

元厚生次官宅連続襲撃事件 同一犯との見方強まり、警視庁と埼玉県警が共同捜査本部設置

 元厚生事務次官ら連続殺傷事件は、同一犯が官僚トップを狙った「連続テロ」との見方が強まった。警視庁と埼玉県警は19日夜、共同捜査本部を設置した。

 さいたま市南区で、元厚生事務次官・山口剛彦さん(66)と妻・美知子さん(61)が刺殺された事件では、遺体が発見された玄関で印鑑が見つかった。

 警察は、犯人が宅配業者などを装った疑いがあるとみて調べている。

 また、血のついた足跡は、スニーカータイプであることがわかった。

 一方、東京・中野区で、元厚生事務次官・吉原健二さん(76)の妻・靖子さん(72)が宅配業者を装った犯人に襲われた事件で、警視庁は19日に現場検証を行い、5カ所から血痕を採取した。

 また、路上などから見つかった足跡とみられるものが、さいたま市のものと一致しないか鑑定を進めている。

 警視庁と埼玉県警は、厚生労働省関係者を狙った同一犯の可能性が高いとみて、共同捜査本部を設置し、犯人の割り出しを急いでいる。

(FNN-NEWS.COM、11/19 20:58)

昨日(18日)午前10時すぎ、埼玉県・さいたま市で、元厚生事務次官の山口剛彦さんと妻の美知子さん(61)が、自宅の玄関で胸を刃物で数カ所刺され、死亡しているのが見つかった。
その後の調べで、山口さん宅の台所では、調理された料理がテーブルに並べられていて、換気扇が回っていたことが新たに判明。警察では、夕食の時間帯に襲われた可能性が高いとみている。
また、山口さんの両腕には、犯人と争った時にできる切り傷があったことも判明。警察は、犯人が美知子さんを襲ったあと、山口さんと揉み合いになった末、殺害した疑いがあるとみている。

さらに、自宅前の路上から西へ向かって、およそ50メートルにわたって、血のついた模様のある靴跡が残されていたことも分かった。
警察は返り血を浴びた犯人が、歩いて逃げた際に残したものとみて調べている。
そして今日(19日)、新たに遺体が発見された近くから、ふたが閉まったままの印鑑が見つかっていたことが分かった。
印鑑はいわゆる“シャチハタ”タイプのもので、山口さん夫妻は宅配業者を装った犯人により殺害された可能性が濃厚となっている。

そして昨日午後、東京・中野区で、同じく元厚生省事務次官の吉原健二さん(76)の妻が何者かに刺され重傷を負った。
この事態を受け、厚生労働省は、歴代幹部や現役幹部の住所リストを警察庁に送って、警備の強化を要請している。
18日夜、厚生労働省は、警察庁に警備の強化を要請するとともに、すでに帰宅した現役幹部の安否を確認した。
職員は「(厚労省の)関係者を狙っているなら、気を付けないといけないねという話はした」と話した。
厚労省が警察庁に警備強化を要請したのは、歴代の事務次官や社会保険庁長官、年金局長、保健局長などについてで、住所リストを作成して警察庁に送っている。

今回の事件について、舛添要一厚労相は18日夜、「テロということなら、こういう卑劣なことはよくないと思います」「許し難い犯罪なので」と述べた。
また麻生太郎首相も同夜、私邸に戻ってから事件の報告を受け、「痛ましい」と述べるとともに、情報収集を急ぐよう指示した。
麻生首相は、警備上の都合から、毎朝行っている散歩をしばらくやめることにしたという。

元厚生事務次官宅が相次いで襲撃された今回の事件。2つの殺傷事件には多くの共通点がある。
どちらも現場は自宅玄関、または玄関先であったこと。
凶器については、どちらも刃物であったこと。深い傷を負わせるなど、犯人には強い殺意があったと思われること。
そして、元次官2人とも厚生省では年金担当だった“年金エキスパート”だったということ。
基礎年金制度の導入を決めた1985年の年金制度改正時には、吉原さんは厚生省年金局長、山口さんは年金課長を務め、“上司と部下”の関係として制度改正に道筋をつけた。
その後も吉原さんが1988年6月に事務次官に就任した際、山口さんは官房会計課長に就任。この時も直接の“上司と部下”として官房を取り仕切った。

吉原さんが厚生省の事務次官だったのは小泉純一郎元首相が最初に厚生相を務めた時で、小泉氏の2度目の厚生相在任中には山口さんが事務次官として仕えた。
吉原さんは年金局長を2年間務めた後、社保庁長官を経て事務次官に就任。
山口さんは1996年7月に保険局長となり、当時の事務次官の汚職事件を受けて、同年11月に後任の事務次官に就任した。このときには、厚生省職員を講堂に集め、涙ながらに「私たちはあなたの苦労を知っている」と話した上で、厚生省改革の必要性を訴えた。

現時点で、今回の事件が「政治的テロ」であるとは断定できないが、少なくとも、元厚生次官とその家族を意図的に標的にしたものであるということは言えそうだ。
今回の事件が集団の犯行であるか、個人の犯行であるかも判明していない。連続襲撃の動機も、必ずしも明らかではない。
しかし、ここであえて書かないとならないのは、たとえばこれが年金行政の停滞などに不満を持つ者の犯行であったとしても、今回のこの連続襲撃は、決して許されないものだということである。
フジテレビの箕輪幸人解説委員は、犯人像について以下のように分析している。

「こういった社会問題になっていると、自分が成敗をしてやるんだという間違った義侠心(ぎきょうしん)、こういうものが犯行に駆り立てたのかもしれないということ。
もう1つは、自分の親族に、本来だったらもらえるはずの年金がもらえなかった。
そして、例えば死んでしまったという時に、強い恨みを持つという可能性があると思います」

客観的にみて、厚労省職員のほとんどは真面目に働いており、寝ず食わずで激務を行っている。
土日も急遽役所に出勤することも、徹夜で残業をすることもしばしば。
そういうことを続けて、年金改革に取り組み、事務次官としても有能に働いた吉原さんや山口さんが、なぜこのような事件で標的にされなければならないのか。

ここで踏み込んで特筆しなければならないのは、ここ数年、メディアで展開されてきた「厚労省・年金バッシング」の存在だ。
もちろん、年金行政を担当する厚労省や社保庁のこれまでの行動にまったく非がなかったとは言わない。一部の労働組合員を中心に、仕事をきちんと行ってこなかった職員がいたのも事実だ。
1985年の年金制度改革に関しても、これが現代日本にとって必ずしも最適な改革であったかどうかということに関して、疑問符が付かざるを得ない現状も見受けられる。

しかし、伝え聞く話では、一連の「年金不信」の社会的流れを目の前にして、山口さんは生前「自分が当事者として関わった、あの年金改革は正しかったのか」と苦悩していたという。
今回の犯行が、「間違った義侠心」を持った犯人による犯行であると現時点で断定することはできないが、もし、そのような側面を持っているのだとすれば、メディアの責任も非常に大きく問われてくる。
少なくとも、メディアが「年金不信」「厚労省批判」“風景”を切り取って、拡大して報道してきたのは事実だ。

過去には本島等長崎市長狙撃事件(1990年1月)や国松孝次警察庁長官狙撃事件(1995年3月)、最近では伊藤一長長崎市長射殺事件(2007年4月)などもあった。これらは基本的には「政治テロ」に分類できるかもしれない。
何度も書いてきたように今回の事件が「政治テロ」だと断定することはできないが、しかし、もしそうだとすれば、「政治テロ」で世の中を変えることはできないのだということを改めて書いておきたい。
過去に起きた「テロ事件」を振り返ってみても、そこに世界のあらゆる問題を解決する手段として「政治的テロ」が機能したことはなかった。「政治的テロ」で生まれたものは破壊、憎しみ、怒り、悲しみ。ただそれだけである。そこに社会を改善するような方向性が打ち出された例は、過去、一例もない。
絶対に「政治テロ」では世の中は変えることはできない。そのことだけは、しっかりとここに示唆しておきたい。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

里芋と鳥の煮物
Excerpt: 里芋の季節になりました。 里芋は水分が多いので、芋類の中では比較的低カロリーなのです。そして里芋独特のぬめりは、水溶性食物繊維の...
Weblog: 健康な高齢者になるゾ!
Tracked: 2008-11-20 15:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。