2009年01月23日

自民各派事務総長が会談 麻生首相・河村官房長官に「注文」

「消費税」付則明記が閣議決定。民主党には新たな不祥事が発覚――。

自民党 消費増税了承…確執深まる町村派

jimin_machimura_20090123.jpg(C)毎日新聞
(上)真ん中は南野知恵子元法相

 自民党財務金融部会が22日、09年度税制改正関連法案を了承したことで党内の「消費税政局」はひとまず回避されたが、その調整の過程で最大派閥・町村派の確執が改めて浮き彫りになった。中川秀直元幹事長が最後まで「11年度の消費税増税」に難色を示した結果、麻生政権を支える森喜朗元首相、町村信孝前官房長官との関係は完全に冷え込んだ。町村派は今後、分裂含みの運営が続くことになる。【高山祐、近藤大介】

 消費税問題の決着を受けた22日の町村派総会で、代表世話人の中川氏は「しっかりと議論してよかった。本当に全党一丸となっていける」と強調。続いてあいさつした同じく代表世話人の町村氏も「戦線が統一できて非常によかった」と応じ、「協調体制」を演出した。しかし、同派最高顧問の森氏は最後まで姿を見せず、派内の溝の深さは隠しようもなかった。

 町村氏と中川氏は、これまでも何度か総会でさや当てを演じてきた。町村派は、両氏に谷川秀善参院議員を加えた代表世話人3人による集団指導体制で、互いの主導権争いも背景にあった。

 税制関連法案の付則問題が浮上すると、派閥の分裂を危惧(きぐ)した安倍晋三元首相が、両氏に妥協を持ちかけた。21日夜には河村建夫官房長官を通じて中川氏を説得。中川氏もぎりぎりで「(法律の実施時期を分ける)2段階方式なら構わない」と軟化した。

 しかし、派内での中川氏の孤立化は徐々に進んでいる。民主党の中堅・若手と連携した「新党構想」を描くなど、中川氏は政界再編志向が強い。昨年9月の自民党総裁選では、小池百合子元防衛相を担ぎ出した。派閥の分裂につながりかねない中川氏の行動に森氏が激怒し、以後は事実上、没交渉状態だ。

 中川氏は今年、「新しい旗の下で再結集する」と発言し、麻生政権と距離を置く姿勢を鮮明にした。消費税問題もその一環だが、森氏は周辺に「新しい旗を立てること自体が政権の足を引っ張る。派閥代表としてすべき行為ではない」と語り、不快感を隠さない。

 こうした派内の状況に、中山泰秀衆院議員は22日、記者団に「とにかくケンカをやめてほしい。有権者は若手に文句を言う。我々が困る」と嘆いた。

(23日、毎日新聞)

昨日(22日)夜、麻生太郎内閣の河村建夫官房長官と自民党各派閥の事務総長が都内の日本料理店に集まり、会談した。
会談には、町村派の中山成彬前国交相、津島派の船田元副会長、古賀派の逢沢一郎衆院議員、伊吹派の谷津義男元農水相らが出席。

出席者からは「(河村氏は)麻生太郎首相の女房役として、自民党のほか公明党、野党も含め根回しをしなければいけない」「7月にイタリアで行われるサミット(主要国首脳会議)も麻生首相に出席してもらう」「麻生首相は衆院解散を考えず、腰を落ち着けて頑張ってほしい」などの意見が出た。
これを受けた河村氏は、2009年度税制改正関連法案の付則に「消費税増税時期」を明記するかどうかの問題の決着を踏まえ、「消費税の問題も解決した。これからは反転攻勢でしっかりやっていく」と強調した。

一夜明けてきょう(23日)午後、政府は臨時閣議を開き、消費税を含む税制抜本改革の道筋を付則に盛り込んだ同法案を決定した。
付則は消費税率の引き上げ時期を「2011年度までに必要な法制上の措置を講ずる」と明記する一方、具体的な引き上げ時期は別法案で定めることを想定した「2段階方式」を採用した。
引き上げ時期決定の際には「景気回復の状況、国際経済の動向等を見極める」との条件を付けるとともに、「当該改革は、不断に行政改革を推進すること及び歳出の無駄の排除を徹底することに一段と注力して行う」と政府の歳出削減努力も明文化した。


――さて、“政権準備政党”を自称する最大野党・民主党の石井一副代表による参院予算委員会での「漢字テスト」流質問に、批判の声が高まっている。
この件については、後日改めてエントリを書くことをお約束する。

さらに、きょう、民主党にはもう一つのスキャンダルが発生した。

民主党の山岡賢次国対委員長が、2001年の栃木県真岡市長選において、福田武隼市長に自らの秘書を派遣。福田市長は2001年から2003年に渡って、選挙で秘書の派遣を受けた報酬名目で計405万円を山岡氏に提供していたのだ。
23日に記者会見を開いた福田市長は「選挙で支援を受けた見返りと認識していた」と事実関係を認めている。
民主党幹部に不透明な資金が流入していたという今回のニュースは、政治倫理に非常に大きな影響を及ぼす可能性があり、動向が注目される。今後このブログでさらに詳細に取り上げることになりそうだ。
つくづくも、ハマコー氏による「小沢、山岡が馬鹿だから民主党の若手は馬鹿になっていく」という発言がまざまざと思い出される。


<追記>

きょうの臨時閣議で、麻生内閣は、平成21年度からガソリン税など「道路特定財源」と呼ばれる税金の使途を道路整備に限定せず、自由に使えるよう一般財源化するための改正法案を決定した。
これは、谷垣禎一元財務相が座長を務める自民党「道路特定財源の一般財源化に関するプロジェクトチーム」が昨年(2008年)12月にまとめた座長試案をもとに決定されたもので、今国会に提出される方針だ。
金子一義国交相は、閣議後の記者会見で「日本の行政システムの大きな変革だ。今後は毎年の予算で対応することになるが、より厳しい物差しを持って道路整備を進めていきたい」と述べた。
道路特定財源を有効に活用するために、与党・政府一丸となって改革を断行してほしいと思う。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113056438

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。