2009年07月21日

津島雄二会長“政界引退”表明! 後継会長は額賀氏しかいない!?

温存しすぎて、「あの人は今」みたいな状態になっても困り者だ。

津島雄二衆院議員 政界引退へ、後継候補触れず 会見で

20090719_y_tsushima.jpg(C)毎日新聞

 自民党津島派会長で党税制調査会長の津島雄二衆院議員(79)=青森1区=が19日、青森市の事務所で記者会見し、次期衆院選には立候補せず政界から引退することを明らかにした。派閥会長の後継者については「お任せする」と述べた。同党の派閥会長が後継者のはっきりしないまま政界を引退するのは異例。津島派は田中派、竹下派の流れをくむ名門派閥でもあり、自民党の派閥弱体化を象徴する引退といえそうだ。

 津島氏は旧大蔵省出身で、76年に初当選し11期目。厚相を2回務め、橋本龍太郎元首相が日本歯科医師連盟からの1億円ヤミ献金事件で旧橋本派会長を辞任後、05年11月に派閥会長を引き継いだ。

 津島氏は高齢多選批判に自民党への逆風も加わり、次期衆院選で苦戦が予想されていた。会見では「新しい若い人が素直な目で次の時代を開いていく政治をする必要性を強く感じた」と引退理由を説明。青森1区の後継候補については「私の政治哲学を理解する人に引き継いでほしい」と述べた。津島派の船田元事務総長は「寝耳に水で戸惑いを隠せない」とコメント。「(次の次の衆院選で自民党の)世襲制限が始まる前に長男に譲ろうと考えたのでは」(同派幹部)との指摘もある。【後藤豪、山田夢留】

(20日、毎日新聞)

19日、自民党・津島派の津島雄二会長(党税制調査会長)が青森市内で記者会見し、次期衆院選への不出馬を表明、今期限りで政界を引退することを表明した。
津島氏は衆院当選11回の自民党“長老”議員で、大蔵省出身ということもあり財政・税制政策に精通している。かつては宏池会(現古賀派)に所属していたが、厚相を務めた後、1994年に離党、翌年復党。

2005年に発覚した旧橋本派(平成研)での日本歯科医師連盟献金事件を受け、故・橋本龍太郎元首相から派閥会長の座を引き継いだ。“外様(宏池会)”出身である上に“出戻り組(復党組)”である人物が、党内最有力派閥のトップに就任したことは、当時話題を呼んだ。
ひょうひょうとしたキャラクターの持ち主で、政策通であり、また人当たりもよいことから津島氏の悪口を言う議員はあまりいない。しかし、浜田幸一元衆院議員からは「コオロギ」と呼ばれたことがある。

もともと「政局に強い」人物ではなかったが、ソフトでクリーンなイメージから後継会長に選出された。“平成研のニュー・リーダー”である額賀福志郎元財務相が新会長に就任する案も浮上したが、派内で総裁候補として温存するために、結局、その話はお流れになっている。
途中、党内最大派閥の座を町村派(清和会)に譲り渡すなどしたが、党内第二派閥として平成研の存在感を示した。

この時期の政界引退表明について、津島氏は「結論は18日、私1人で出した。相談はしていない。私より政治経験が長い人は党全体でもそうはいないから、相談できる立場じゃない」と語っている。
現在は党内最大派閥ではないとしても、田中角栄内閣発足以来、小泉純一郎元総理の登場まで「自民党の表看板」であり続けた平成研の現職会長が、突然不出馬を表明するとあって、党内の一部には混乱が広がっている。

麻生太郎政権の支持率下落に歯止めがかからない中、「政界引退」を表明するとは、いささか失礼だが“自己保身ゆえの逃亡”のようにも見受けられる。
とはいえ、年齢面などを考慮すると「政界引退」は理解できない話ではない。たとえ麻生政権の支持率が低くなくても、津島氏は政界引退を表明した可能性が高い。
小選挙区の公認候補者については、急きょ公募で選出するという。この公募には、もちろん津島氏の子息も応募可能である。
派閥の後任会長については、額賀氏を軸に今後調整がなされるというが、なにぶん「寝耳に水」(船田元事務総長)な話であったため、選出までに混乱が生じる可能性がありそうだ。

自民党の下野の危機が非常に高まる中で、“総裁候補の温存”を主張するのも虚しい話なのだから、額賀氏は積極的に後継会長に立候補すべきだろう。
額賀氏というのは少し悲しいエピソードをお持ちのお方で、いつも総裁選に出ようとすると「待った」がかかる。青木幹夫前参院議員会長らが額賀氏を寵愛するばかりのことなのだが、額賀氏は“温存”続きをみると、もはやチャンスの芽をもぎ取られているようなものだ。今こそ、「額賀派」を立ち上げて、現在話題に上る党議員たちとは別の側面から自民党の再興に挑むべきだ。
党内第三派閥である古賀派も、先日辞意を表明した古賀誠選対委員長に代わり、同派代表世話人である谷垣禎一元財務相が“派閥の顔”へと変貌する必要がある。ニュー・リーダーを使う時は今しかない。

最大派閥の町村派は、主流派である町村信孝前官房長官と、亜流である
中川秀直元幹事長が水面下で対立する構図が続いていたが、もはや町村派で中川氏が“総裁候補”に祭り立てあげられる可能性は一切ない。
先日の「両院議員総会署名騒動」で、中川氏は党内における“キナ臭さ”ををより一層強いものとしたからだ。そもそも中川氏は今後、自民党自体と距離を置いて活動していくだろう。はたしてその際、同じく町村派の小池百合子元防衛相はどのような動きをみせるか。要注目である。



――さて、インターネット上の自民党広報チャンネルで、こんなコマーシャル動画を見つけた。これがなかなか面白い。
しかし、このような攻撃性の高いコマーシャルを政権与党が野党に対して制作するのをみると、「自民党もここまで来たか」と感じざるを得ない。



他にも、YouTubeには各政党が専門チャンネルを持っている。
実績を長めに堅苦しく伝える公明党、未だに小沢一郎前代表を前面に掲げる民主党、専門チャンネルすら持っていない日本共産党、手ぶれホームビデオカメラ映像中心の社民党――などなど、各政党のカラーが動画チャンネルにも表れていて面白い。

来る総選挙のテーマが何かといわれれば、表テーマは「政権選択」なのかもしれないが、本当は「政権選択」をする前にやっておかなければならないことがある。
それを“裏テーマ”と呼ぶのであれば、それは一つひとつの細かい政策課題である。これを自前で調べ、各政党のマニフェストを比較検討することは地味な作業だ。しかし、それはさりとて難しい作業ではない。
たしかに、コマーシャルや議員のテレビ出演の印象で「支持する政党」を決定してしまうのは楽だ。直感で判断できる。しかし、もっと大事なのは“第一印象”の向こう側なのであって、我々はマニフェストを読む必要がある。

実績について、これらは本当に正しい政治対応だったのか。政策について、はたして書かれていることは実現可能か。
マニフェストを比較検討するという、一見面倒くさいことをしなければ、二大政党制など“飽きたから政権変えちゃいましょうゲーム”以外の何者でもなくなってしまう。
大事なのは、政治家の言葉の“裏”であり、マニフェストの“裏”なのだ。「後悔した」と思った時には既に時遅し、日本の未来は再構築不可能になっていた――なんてことがないように、せめて各政党の主張のエッセンスだけは調べてみるようにしませんか。

自由民主党

公明党

民主党

日本共産党

社会民主党

国民新党

新党日本

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
posted by Author at 01:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。