2009年08月07日

“オバマジョリティー”を問う… 「オバマ頼み」はやめろ


昨日(8月6日)、TBSテレビ系列のニュース番組で放送された『オバマジョリティーを問う』との特集VTRは、非常に興味深いものだった。
「オバマジョリティー」とは、バラク・オバマ米大統領の名前と、「多数派」を意味するマジョリティーという英単語をつなげた造語だ。
秋葉忠利・広島市長によれば、「オバマジョリティー」という言葉は、オバマ大統領に賛同する世界の多数派を示しているという。

私は核廃絶をすべきだと思うし、日本は非核三原則を今後も堅持すべきだと思うが、今年(2009年)4月のオバマ大統領による「プラハ演説」の意義については、疑問符を抱いている。

はたして、オバマ大統領は、本当にこの世界から核兵器をなくそうとしているのか。
彼にとって「アフガン戦争」という“正しい戦争”が存在する限り、オバマ大統領の「プラハ演説」は、平和主義者もどきのパフォーマンスにすぎないのではないか。

オバマ大統領の「プラハ演説」に感化された一部の広島市民の方々が、オバマ大統領に過度な期待を抱いているのも気になる。
今こそ現実を見据えて、“オバマ頼み”の風潮はなくすべきだ。
「オバマ大統領を広島に呼ぼう」という動きもあるようだが、それに何の意味があるのか。少なくとも私は、オバマ大統領が今後広島を訪問したとして、1945年8月6日の原爆投下について謝罪をするとは思えない。

核廃絶のための動きは市民レベルでも国家レベルでも展開していかなければならないものだし、日本はそれを世界中のどの国よりも威風堂々とやる権利と義務がある。
しかし、平岡敬・前広島市長が指摘する通り、オバマ大統領の言葉一つに「甘ったれ」ている場合ではないのだ。
オバマ大統領を歓迎するよりも、自分たちの足で動く必要がある。オバマ大統領は非核主義者ではなく、もっといえば反戦主義者でもなく、彼の手ではこの世界からは核兵器は根絶されないということを、改めて我々日本人は認識しなければならない。



“オバマジョリティー”を問う (ニュース映像)


(以下、RCCニュース:中国放送にて放送された映像とその記事)

オバマジョリティーを問う
ニュース映像(.wmv)

広島市の秋葉市長は、核兵器の廃絶を目指すアメリカのオバマ大統領を支持することを表明し、オバマジョリティー・キャンペーンを推進しています。被爆地広島がアメリカの大統領との連帯を求めることについて、平和問題の専門家からは、広島の主体的な主張を弱めることにつながると懸念する声もでています。

 原爆被害の資料を展示した広島市の原爆資料館。そのなかにある売店で、市がつくったTシャツが売り出されています。

 「オバマジョリティー」とは、アメリカの大統領の名前「オバマ」と、多数派を意味する「マジョリティー」を組み合わせた造語です。

 「アメリカには、唯一の核兵器使用国として、行動する道義的責任がある。アメリカは『核兵器のない世界』の安全と平和を追求すると、確信を持って表明する」(アメリカ オバマ大統領)

 オバマ大統領は、今年4月、プラハでの演説で、「核兵器のない世界」を目指すと宣言しました。

 広島市の秋葉市長は、「オバマジョリティー」という言葉は、オバマ大統領に賛同する世界の多数派を示していると説明しています。

 「私たちには、オバマ大統領を支持し、核兵器廃絶のために活動する責任があります。この点を強調するため、世界の多数派である私たち自身を『オバマジョリティー』と呼び、力を合わせて2020年までに核兵器の廃絶を実現しようと世界に呼び掛けます。力を合わせれば核兵器は廃絶できます。絶対にできます」(平和宣言 秋葉忠利広島市長)

 広島市は、「オバマジョリティー・キャンペーン」を展開中です。市長の会見場にPRパネルを設置したほか、ウェブサイトやPRソングもつくることにしています。

 「平和公園に、こうしたオバマ大統領の記念撮影用のパネルを設置し、ここで撮った写真を大統領に贈って、広島訪問を呼びかけるという案も出ています」(伊藤文キャスター)

 「オバマさんにぜひ広島に来てほしい。そして、資料館の見学はもちろんのこと、被爆者に皆会って下さいと」(広島県被団協 坪井直理事長)

 「今、世界にある核兵器の数だけ折り鶴を折ってもらって集めて、オバマさんに贈ろうという計画をしています」(中高生のグループ)

 オバマ大統領が卒業したハワイのプナホウ・スクールからは、2人の生徒が広島を訪れ、核廃絶を求める署名活動に参加しました。

 「(オバマジョリティー・キャンペーンは)賢いやり方。アメリカと日本を一つにする」(プナホウ・スクール ケイラ・ムラタさん)

 「(オバマ大統領は)広島の大勢の人々に希望をもたらした」(プナホウ・スクール ケビン・チャンさん)

 前のブッシュ政権の時代、イラク戦争で劣化ウラン弾を使い、小型核の開発を目指したアメリカ―。一国主義的な政策は、オバマ政権の誕生により大きく転換しました。

 「歴代の大統領は自分らの(責任の)ことを一切言わなかったですね。(原爆投下を)肯定することばっかり言ってた。(オバマ大統領は)もう歴代の大統領と違いますから、ええ。この人だったら、1歩でも2歩でも前進していくんじゃないかというふうに思いますね」(漫画「はだしのゲン」の作者 中沢啓治さん)

 しかし、原爆投下をめぐる日米間の認識には、依然として隔たりがあります。

 アメリカの大学が行った世論調査では、広島・長崎への原爆投下について、アメリカの有権者の61%が「正しかった」と回答。「間違っていた」と答えたのは、22%にとどまりました。

 新聞記者として長く原爆報道に携わり、広島市長を務めた平岡敬さんは、オバマ大統領はプラハでの演説の中で、原爆投下の責任については認めていないと指摘しています。

 「なんと言ったかね、あれは、THE UNITED STATES HAS A MORAL RESPONSIBILITY TO ACT.行動に対する道義的責任っていう。ですから結局彼は認めていない」(平岡敬前広島市長)

 平岡さんは、原爆投下の責任が明らかにされなければ、核兵器が使われる可能性があると警告しています。

 「やっぱり僕は、謝らせなきゃいかんと思うんです。で、今、広島はですね、オバマに来てくれなこと言ってますね。来て何するんですか。ああいう、その広島のね、甘ったっるさってのを僕は嫌いなんですよ」(平岡敬前広島市長)

 オバマ大統領は、プラハでの演説の中で、自分が生きている間に核兵器を廃絶することは不可能だという見通しを示し、「核兵器が存在する限り、アメリカは兵器を維持して敵に対する抑止力を保ち、同盟国の防衛を保証する」とも述べています。

 「オバマっていうのはですね、核廃絶論と核抑止論の間の真ん中に立っててですね、ちょうど振り子の中心にいる、やじろべえみたいなもんで、どっちに行くかなあという状況だと思うんですよ。一番今求められていることは、核廃絶論の私たちの主張とか政策とか、そういうことを主体的に強める努力をするということであって、オバマ頼みっていうのはですね、むしろそういう努力に水を差す、私たちの主体的努力をも安易な楽観論でですね、弱めてしまうことすら懸念されるわけで」(広島市立大学広島平和研究所 浅井基文所長)

 平和記念式典に出席した麻生総理は、日本が過去15年にわたり、国連総会に核廃絶決議を提出してきたと強調しました。

 「私は、改めて日本が、今後も非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて国際社会の先頭に立っていくことをお誓い申し上げます」(麻生太郎首相・平和記念式典)

 「そのアメリカの傘に依存する政策、これをまず論破、克服しないとですね、日本の核廃絶論がですね、国際的な説得力を持ち得ないという因果関係があると思うんですね。そういうその日本政府に対してですね、広島が何も物を申さないという現状はですね、やっぱり私は非常にどこか危ういものを感じるんです」(広島市立大学広島平和研究所 浅井基文所長)

(RCCニュース:中国放送、8/6 19:40)
posted by Author at 21:07| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主党の歴史的圧勝による一党政治…

世論がマスコミに先導されてるだけだという事実が、

浮き彫りになりましたね。

日本国民の政治離れは間違いない事実ですが、

選挙が人気投票になっては困りますね。

小泉チルドレンでの失敗をしりつつ、

今度は小沢チルドレンに投票してしまう国民の政治への勉強不足は一番の問題だと私は思います…
結果一党支配になれば、政策実行への温度が低くなりませんかね…

いつでも過半数は取れますし、

両院無事通過が当たり前になれば、

民主党に都合の良い政策ばかりを通される懸念を私は感じております。

国民に都合の良いものをどんどん議会に出して審議して行かねばならない事を、

理解していてくれる事を願ってやみません。

政治家の利益の為に暴走せぬように、

民主党執行部の方々には尚いっそうの努力をして頂きたいですね。

自民党も、

政権奪回の為に民主党の内部を割る事ばかりに奔走してしまったら、

長期的に政権を渡す事になると考えて欲しいですね。

良き政策を実行する事に力を傾ける事が、

政権を再び担う早道なのですから…
Posted by 塾長 at 2009年09月05日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。