2007年05月17日

“中宏池会”構想で亀裂をさらに深める古賀派

2つの派閥が合併するためには、その前に、1つの派閥が分裂する必要性がありそうだ。

加藤氏「大宏池会構想、将来性ない」

 自民党の加藤紘一元幹事長は16日、札幌市内のホテルで記者団に対し、古賀、谷垣、麻生の旧宏池会3派による「大宏池会構想」について「広がりがなく、将来性もない。麻生太郎外相の考え方と宏池会の伝統的な『リベラル』は違う」などと述べ、麻生派を除外した「中宏池会」を目指すべきだとの考えを示した。また、加藤氏は3派の中堅・若手議員が15日夜、都内で開いた会合についても「(現状は)何もしないという『モラトリアム集会』だ」と批判した。

(5月17日、産経新聞)


ご存じない方のために書いておくと、“大宏池会”構想とは、1998年12月の時点にまでさかのぼって、古賀・谷垣・麻生の3派が合流することを指し、“中宏池会”構想とは、2001年1月の時点にさかのぼって、麻生派を除いた、古賀・谷垣の2派が合流することを指す。

連日報道されている“中宏池会”構想をめぐるニュースだが、ここに来て、“神の声”が聞こえてきた。

1998年12月に、麻生派(当時:河野グループ)が離脱する形で分裂した旧宏池会であるが、2001年1月、さらに2つに分裂し、古賀派(当時:堀内派)と谷垣派(当時:小里派)が誕生した。
そのきっかけをつくったのが、他ならぬ、加藤紘一氏である。

谷垣氏による「あなたは大将なんだから」という名言を生んだ“加藤の乱”から、早くも6年以上が経過した。
宏池会を、堀内派と小里派に分裂させた張本人とも言える加藤氏が、今、谷垣氏の“中宏池会構想”を後方支援している。

引用した産経の記事に掲載されているほかに、加藤氏は、記者団に対して、「誰を次の総裁候補にするのかがまとまらないので、“大宏池会”構想は実現困難だ」と語っている。
この加藤氏の発言はまさにその通りで、無理に3派が合流したところで、麻生氏と谷垣氏、どちらを“宏池会として擁立する総裁候補とするか”を決めるのが難航するのは目に見えている。
「麻生氏と谷垣氏、どちらを総裁候補にするか」ということで派内に亀裂が生じたならば、何のための3派合流だか分からない。
それをやるぐらいなら、総裁候補を谷垣氏として、つまり、谷垣氏を中心として、古賀・谷垣両派を合流させようじゃないか、というのが、この“中宏池会”構想だ。

谷垣氏としては、総裁候補となりたい。そのためには推薦人が20名必要だ。ところが、谷垣派には16名の議員しかいない。51人を抱える古賀派と合流して、強力な後ろ盾をつくりたい。
古賀氏としては、自らが総裁候補になることなどはまったく考えていない。ただ、森政権以降、政権の中枢にいないまま、政界をフェードアウトしていきたくはない。谷垣氏を派として総裁候補に擁立し、自分はいわば“後見人”となりたい。

谷垣氏と古賀氏、きっかけ、理由は違えど、“中宏池会”構想の実現という目的は一致している。
谷垣派の議員は、“親分”である谷垣氏を中心とした“中宏池会構想”に概ね賛同している。
しかし、古賀派内ではそうではない。
“小が大を飲む合併”になりそうであるばかりか、そもそも、古賀氏主導による古賀派運営に好意的でない議員が多いのだ。
というのも、古賀派は丹羽雄哉総務会長を、事実上“追放”する形でつくられた派閥だからである。
古賀氏のこの強引な動きには、鈴木俊一元環境相ほか、古賀派内の中堅・若手を中心に反発する意見が強い。
(詳しくは、2006年10月08日の記事

“中宏池会”構想をめぐって、もともと見えていた古賀派内部の亀裂は、いよいよ隠せないものとなってきた。
菅義偉総務相や塩崎恭久官房長官など“親安倍”の議員もいれば、太田誠一氏のような“反安倍”勢力の中心となることに積極的な議員もいる。
それが古賀派内の実情であり、麻生派をも含めた“大宏池会”構想は無理だからといって、“中宏池会”がすんなりと行くはずがない。
“中宏池会”構想がどのように進むか、停滞するか、あるいは消えるかは、今のところまったく見えていない。
ただ一つ明らかなのは、“中宏池会”構想なるものは、谷垣氏が仕掛ける、総裁選に向けての“数合わせ”構想であるということだ。

谷垣氏の思惑通りに、事は運ぶだろうか。いずれにせよ、古賀派と谷垣派がそっくりそのまま合流することは考えられない。
どうやら、古賀派と谷垣派が合流する前に、古賀派が分裂してしまいそうだ。
ラベル:古賀派
posted by Author at 17:02| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
連イラク支援団 今年 文化・芸能 打開するため サイエンス は イスラエル国内で 摘されている 武装闘争継続 月以降
Posted by とも述べた at 2007年05月18日 17:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。