2007年07月04日

許せない 民主・平岡“ネクスト法相”の問題発言

ネット上で、民主党所属の代議士の発言に、批判が集中している。

激論「太田総理」で騒動 民主議員が「お詫び」

 日本テレビのバラエティ番組「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中。」のなかで民主党議員がした発言がネット上で騒動になり、議員がホームページで謝罪する事態にまで発展した。番組では、「少年法」をめぐって、お笑い芸人、女優や小学生までをも交えて大激論が交わされていたが、熱くなった議員が「気の緩み」からか問題発言をしてしまった。


「悪いことをした子ども達は、それなりの事情があって」

 「太田光の私が総理大臣になったら」は、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光さんを「総理」役、田中裕二さんを「秘書」に見立て、国会の議場に似せたスタジオで現職議員やゲストを交えて討論するという番組。番組冒頭には、太田「総理」などから斬新な「マニフェスト」が提案され、討論ののち、最後には多数決で「可決」「否決」を決める。
2007年6月29日の放送では、お笑いタレント・カンニング竹山さんが「少年法を廃止します」という「マニフェスト」を掲げ、現職の自民・民主議員や女優、お笑い芸人、アイドル、高校生、小学生などの様々な経歴・立場の人たちによって、大激論が交わされた。

「人を殺す少年をそんな軽い刑で処分していいのか。被害者は納得しない」(女優・高田万由子さん)
「凶悪犯罪は少年法だけで裁けないところまで来てるんじゃないか」(カンニング竹山さん)
「少年法を誤解している。少年法の目的は子供たちの矯正機会を与えて再生すること。再教育が目的で、罰が目的じゃないんです。竹山さんがおっしゃるようなことをやるんだったら別の法律を作らなきゃいけない」(民主党・原口一博議員)
「厳罰を求めるのが被害者の意識」(山本モナさん)
「重大犯罪を犯さざるを得ないという状況に目を向けることこそ大切」(民主党・群和子議員)
「罰の目的は進歩。重い罰をあたえることは、その子を大きく進歩させる」(戸塚宏・戸塚ヨットスクール校長)

などなど、様々な意見がスタジオに飛び交った。最後に、01年3月に17歳15歳の少年2人に息子が暴行され殺害された青木和代さんが出演。「私は、法律は弱い立場の人を守るためにあるものだと思っていたが、加害者を擁護し、死人は口なし(だった)」「政治家は弱い立場の人のために法律を見直していただきたい」と思いのたけを述べた。結局この「マニフェスト」は、賛成15、反対10の賛成多数で「可決」されたが、青木さんに対して、民主党・平岡秀夫議員が

「その加害者の人に、その、死の恐怖を味あわせるという気持ちで、あれですかね、私は、青木さんが本当に幸せというか、納得できるとはちょっと思えないんですね。むしろそういう悪いことをした子ども達は、それなりの事情があってそういうことになったんだろうと思いますけど・・・」
などと発言したことから、ネット上ではこの放送後に大きな騒動に発展。動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」にはこの放送の動画が複数アップされ、閲覧数は合計で14万を超えたほか、動画についてのコメント欄にも平岡議員を批判するコメントが100件近く書き込まれた。


バラエティー番組だから「気の緩み」か「本音が出た」のか

また、ネット上で反発を招き、掲示板「2ちゃんねる」では、「民主党のネクスト法務大臣が子供を殺された母親に暴言を吐く」とタイトルが付けられたスレッドが12本以上立てられ、「祭り」状態にまで発展。「母親可哀想すぎだろ」「これはマジで許せんのだが」といった批判の書き込みが相次いだ。
平岡秀夫事務所によれば、批判のメールが民主党本部に多数寄せられたほか、国会事務所や地元の事務所にも抗議の電話が寄せられた。これを受け平岡議員は7月2日にHPのなかで、

「私の発言に関して、多くのご意見を戴いています」
としたうえで、

「この点については、被害者のお母さんの気持ちに十分に思いを致すことなく、配慮を欠いた質問をしたことを申し訳なく思い、深くお詫び申し上げたいと思います」
と「お詫び」を述べた。しかし、この文章の末尾に

「『太田光総理の番組は、バラエティー番組だから』という私の気の緩みがあったと反省し、常に国会議員としての自覚を持って行動しなければならないと自戒しています」
との文言が書かれていたことから、「気の緩み・・・そういうときに本音が出ちゃうんだよね」などいった書き込みが新たに相次ぎ、ネット上の騒動は現在までも続いている。07年7月3日現在で2ちゃんねるでは5本以上のスレッドが立っている。
同議員事務所もJ-CASTニュースに対し、

「(最後の文の真意は)本人に聞かないと分かりませんが、今日も『最後(の文)が変だよ』『バラエティだから本音が出たんじゃないか』といった電話がありました」
と話している。

(3日、J-CAST ニュース)

私自身、この番組をリアルタイムで見ていて、率直に、平岡秀夫衆院議員の高慢ちきな態度に不快感を覚えた。

番組は、カンニング・竹山隆範氏の「少年法は廃止します」との“マニフェスト”をめぐっての討論だったわけだが、「加害者少年が犯罪を起こしてしまうのには、周囲の環境などの事情がある」と根拠のない自説を繰り返し、被害者遺族の青木和代さんを前にして「加害者にも事情があった」「とにかく死の恐怖を味あわせてやりたいということか」などと、人を見下したとしか思えない言動を連発した民主・平岡議員。

民主党内の若手議員グループ「リベラルの会」の代表世話人を務める平岡氏は、憲法9条護憲を訴えるハト派であり、左派系の議員でもある。
小沢一郎代表と菅直人代表代行が争った民主党代表選(2006年)では、菅氏支持を表明した。

平岡氏は、自身のホームページでの“お詫び”の中で、《「『太田光総理』の番組は、バラエティー番組だから」という私の気の緩みがあったと反省し(以下略)》と、自身の発言や態度を釈明しているが、そういった平岡氏の姿勢は、確かに番組内で見受けられた。
番組出演者の評論家・金美齢氏が、冒頭、平岡氏に対して「そうやって、人の話にいちいち茶々を入れているだけではないか」と指摘した際、平岡氏は「だって、これはそういう番組だから」と、涼しい顔で発言していた。

自身が、どういう番組に出演しているのか。少年法をテーマに取り上げた番組に、国民を代表する「代議士」として出演しているのではないか。そもそも、「バラエティー番組」に出演する国会議員とは、何なのか。
平岡氏がこういった認識を欠如したままに、選挙対策だか知名度アップのためだか収入増加のためだかは知らないが、テレビ番組に出演し、低劣と言わざるを得ないような態度を露呈したことを、平岡氏、ならびに民主党執行部は重大な事態だと捉えるべきである。

私個人の意見としては、現行の少年法は加害者の少年・少女らの更生のために活かされていないと感じている。
平岡氏のごとく「少年少女が犯罪を犯すのは、環境のせいだ」などと、周囲の大人たちの責任を問うだけでは、加害者少年を付け上がらせるだけであり、何よりも問題解決につながるものとはならない。
「なぜ犯罪を犯したのか」ということは、誰よりも加害者自身にしか分からないことであり、最も「反省」して「更生」すべきは、加害者の両親や地域住民などではなく、加害者自身なのである。
「心身が未発達である」だとか「青少年期の心は不安定である」だとか言って、事件の責任の所在をうやむやにする姿勢こそ問題なのであり、加害者少年を真に更生させる意思が感じられない。

主要メディアでは一切報じられないこの話題だが、久間章生前防衛相のような「誤解」でなしに、心の底から「青少年の犯罪は、加害者自身には責任はないのだ」などと傲慢な態度で主張する平岡“ネクスト法相”には、絶対に現実の法相などにはなってもらいたくない。


 問題となった動画などは、youtubeで見ることが出来る。
 リベラル民主党、平岡秀夫 「加害者側にも事情」 〜息子を殺された母に対する発言
 民主党 (ネクスト法務大臣)平岡秀夫、郡和子 「被害者は加害者の更生を望んでいる」
posted by Author at 14:05| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(6) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


郡和子 2014年10月21日の日記
http://www.koorikazuko.jp/diary/date/2014/10/page/4/
夜仙台に戻り、五葉商事45周年のお祝いの会に出席。
--------------------------------------------------------------------------

株式会社五葉商事↓(思いっきり水商売のお店なのですが、、、)
http://www.hanahan-gr.co.jp/contact.html
サロンラドンナ、クラブピロポ(※東京の高級クラブピロポとは全く無関係w)、クラブ花音、クラブプチ花音。。。。
------------------------------------------------------------------------------

↓郡和子国会議員の受付担当者ブログ
http://www.freezepage.com/1418010173XUWADSPPXX
(↑電話で問い合わせして、他にどんな議員が来ていたのか聞いても、「覚えていない」、「名前をお出しすればご迷惑がかかりますので」、「一々確認していない」→「(私からの質問)では、どのようにして、その方々が国会議員であるとご確認されたのですか???(※ブログ中では「国会議員」となっている)」→「そもそも顔見知りでも知人でもない誰人に教えることはできない(※しかし、ブログでは堂々と「国会議員」と喧伝しているので、世界中の不特定多数に公開しているという感覚は皆無。)」
※尚、この質問後、ブログ記事から「国会議員」の文脈と写真が削除されたが、Googleキャッシュに残っているので確認可能。↓
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:_J1-cF8qtKsJ:ameblo.jp/sugiuranagako/entry-11942347666.html+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&client=safari

------------------------------------------------------------------------------
花はんグループ(※五葉商事)
http://www.hanahan-gr.co.jp/info01.html
(※このパーティーの主催者である↑五葉商事に直接問い合わせるも、「お伝えすることはできない」「そもそも名簿なども一切ないので〜(※では、どうやって、その人たちが国会議員だと判別出来るのか? そして、何のための「『国会議員様』受付」が隔離されて別受付なのか??? 胡散臭い。)」。電話口の女性は自身の氏名さえ一切名乗らない。不思議なマナーの企業。)
Posted by anon. at 2014年12月08日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

タカアンドトシ
Excerpt: 華丸・大吉も東京進出では同期の竹山隆範(カンニング)や後輩のヒロシに先を越されたが、2005年にようやく上京し、とりわけ華丸が児玉清のモノマネを武器に、2005年にとんねるずのみ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-07-07 05:44

タカアンドトシ
Excerpt: 華丸・大吉も東京進出では同期の竹山隆範(カンニング)や後輩のヒロシに先を越されたが、2005年にようやく上京し、とりわけ華丸が児玉清のモノマネを武器に、2005年にとんねるずのみ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-07-08 10:04

タカアンドトシ
Excerpt: 華丸・大吉も東京進出では同期の竹山隆範(カンニング)や後輩のヒロシに先を越されたが、2005年にようやく上京し、とりわけ華丸が児玉清のモノマネを武器に、2005年にとんねるずのみ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-07-09 10:21

タカアンドトシ
Excerpt: 華丸・大吉も東京進出では同期の竹山隆範(カンニング)や後輩のヒロシに先を越されたが、2005年にようやく上京し、とりわけ華丸が児玉清のモノマネを武器に、2005年にとんねるずのみ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-07-09 11:00

タカアンドトシ
Excerpt: 華丸・大吉も東京進出では同期の竹山隆範(カンニング)や後輩のヒロシに先を越されたが、2005年にようやく上京し、とりわけ華丸が児玉清のモノマネを武器に、2005年にとんねるずのみ...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-07-10 10:34

「大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか」竹山隆範
Excerpt: 〜カンニング竹山と考える〜大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか 本書は、「週刊SPA!」の連載を加筆・修正を加えまとめたもので、大阪における振り込め詐欺被害の少...
Weblog: Good!な芸能ブログ集 (お笑い)
Tracked: 2007-07-11 11:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。