2007年09月27日

この際、相撲は廃止しろ

これでは「国技」ではなく、「酷技」だ。
時津風親方 「通常のけいこ」一転 遺族に暴行認める

 「通常のけいこ」のウラには部屋ぐるみのリンチが隠されていた。大相撲時津風部屋の序口力士、斉藤俊さん(当時17歳)=時太山(ときたいざん)、新潟県出身=の急死は、親方がビール瓶で殴り、兄弟子が集団暴行した傷害致死事件に発展する見通しとなった。名横綱・双葉山が興した名門部屋で何があったのか。朝青龍問題で揺れていた角界に前代未聞の不祥事が追い打ちをかけた。

 「『通常のけいこ』と説明していたのに……。全く信用できない」−−。死亡した斉藤さんの父正人さん(50)は26日、新潟市の自宅で悔しさに唇をかんだ。

 今年6月26日深夜、亡くなった愛知県犬山市のけいこ場から自宅に運ばれた斉藤さんの遺体の傷を目にして、遺族は言葉を失った。割れた額、腫れ上がった顔、全身に無数のあざ、足にたばこを押しつけたような複数の跡−−。

 無残な遺体を前に、時津風親方は「通常のけいこだった」と遺族に説明した。正人さんは「普通のけいこじゃないと思った。あれじゃ幕内力士でも死んでしまう。相撲のけいこの名の下に殺されたんだ」。抗議したが、親方の説明は変わらなかった。

 しかし8月6日、時津風親方は斉藤家を訪れ、一転して正人さんら遺族に自分や弟子の暴行を認めたという。

 亡くなる前日の6月25日夜、酒席で親方自身がビール瓶で斉藤さんの額を殴ったこと。その後、弟子3、4人がけいこ場の調理室裏で、斉藤さんに殴るけるの集団リンチを加えたこと。親方はそれらを警察に話したと遺族に報告したが「死亡はあくまでけいこ中だった」と釈明したという。正人さんは「親方はリンチを知っていたようで、あきれて言葉を失った。最初は全く認めていなかったのに」と悔しさをにじませた。

 さらに正人さんは「相撲界ではこういうことが許されてきたのだろうが、立件されれば体質も変わる。もう息子は帰ってこないが、力士を目指す若い人のためにも真実を明らかにして、2度と同じことが起こらないようにしてほしい」と話した。【岡田英】


 ◇シャッター閉じ裏口に「準備中」…両国・時津風部屋

 東京都墨田区両国の時津風部屋には、26日早朝から報道陣が詰めかけたが、力士らの出入りはほとんどなかった。

 同部屋は10階建てマンションの1、2階にあり、3階に時津風親方の住居がある。相撲部屋の玄関には「双葉山相撲道場」と「時津風部屋」の看板が掛けられ、シャッターは閉じられたまま。裏口の力士玄関には「準備中」の札があった。

 午前7時45分、部屋を出た若い力士を記者、カメラマンが取り囲んだ。「親方は?」の質問に浴衣姿の力士は「部屋にはいないんじゃないですか」と答え、足早にタクシーに乗り込んだ。秋場所が終わったばかりでけいこは休みだという。【佐藤賢二郎】


 ◇温厚な性格で知られる…時津風親方

 時津風親方は、63年秋場所、第35代横綱・双葉山の指導する部屋で初土俵。現役時は双津竜のしこ名で72年春に入幕。幕内に定着したのは70年代後半で、北の湖より大きく、高見山に次ぐ170キロの巨体を生かした相撲に特色があった。幕内は29場所務め、最高位は79年名古屋の小結1場所。幕内通算186勝226敗23休。82年九州場所で引退後は年寄「錦島」を襲名し、審判委員などを務めた。02年に時津風部屋を継承した。

 温厚な性格で知られており、今年夏場所前には、弟子の豊ノ島が出げいこに来た朝青龍とのけいこで右ひざを負傷。この時には「相手を受けて立つのがけいこの常道なのに、負傷させては相手に恐怖感を植え付けるだけ。こうしたけいこはいかがなものか」と語り、高砂親方に電話で抗議したこともあった。【上鵜瀬浄】


 ◇完全な暴力だ

 スポーツジャーナリストの二宮清純さんの話 相撲界には昔から「しごき」がある。多くは力をつけさせるために「もう少し」と鍛える愛のムチのようなものだが、仮にビール瓶で殴ったりしていたとしたら完全な暴力だ。力士が1人死亡するほどの重大事なのに、相撲協会の調査などの動きは鈍く、真相究明に熱心とは思えなかった。協会は相撲や力士の品格を強調する前に、親方の質を問うべきだろう。力士を目指す若者が減っているだけに、こうしたことが起きるのは非常に遺憾だ。


 ◇指導いきすぎた

 元NHKアナウンサーで相撲ジャーナリストの杉山邦博さんの話 極めて残念だ。相撲の世界は厳しさの中にも師弟関係を大事にし、激しい稽古の中で時に良かれと思って厳しく指導することは過去にもあった。まれに竹刀などを使って厳しく指導した場合もあったが、当然、度を超してはいけない。今回はその範囲を超えて、ある種の制裁的なこともあったやに聞いている。厳しさが求められる勝負の世界で、過保護の時代を反映してややもすると指導が甘すぎるという批判もあるが、だからといって今回のようなことは決してあってはならない。協会も大切な子どもさんを預かっているのだから、配慮の行き届いた指導が望まれる。

(27日、毎日新聞)

<力士急死>遺体はこちらで火葬 時津風部屋が遺族に電話

 愛知県犬山市で今年6月、大相撲時津風部屋の序ノ口力士、時太山(ときたいざん)=本名・斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)がけいこ中に急死した問題で、斉藤さんが死亡した同26日当日、時津風部屋から新潟市に住む遺族に「(遺体は)こちらで取り仕切りますから」と、現地での火葬を示唆する電話があったことがわかった。遺族は「暴行の跡を隠そうとしたのではないか」と批判している。

 遺族によると、同日午後4時ごろ、部屋側から斉藤さんの実家に電話があり、火葬の準備を進めている旨が伝えられたという。疑問を抱いた遺族側が「それは困る。こちらから迎えに行く」などと抗議すると、部屋側は実家への搬送を手配したという。

 斉藤さんの遺体を見た遺族は、額に残った切り傷や激しい打撲の跡、たばこを押しつけられたようなやけどなどを見てショックを受け、翌27日、弔問に訪れた時津風親方に説明を求めたが、親方は「通常のけいこでできたもの」と釈明し、火葬の準備についても「隠すためにやったわけではない」と繰り返した。

 死因は当初、「虚血性心疾患」とされたが、納得できない遺族は遺体を解剖して真相を究明するよう愛知県警などに要請。新潟大での行政解剖で「多発外傷によるショック死が考えられる」と判断された。【岡田英】

(27日、毎日新聞)

とても信じられない前代未聞の“事件”。
時津風部屋で行われていたのは、“通常のけいこ”でも“かわいがり”でもなく、集団リンチ、暴行殺人である。
当初、時津風親方が「火葬して骨をよこす」ことをしようとしたというが、これは“リンチ殺人隠ぺい工作”以外の何ものでもない。

先日、史上初めて土俵に女性が上がるというハプニングがあったことだし、この際、江戸時代からの伝統の維持はあきらめて、相撲を廃止してはどうか。
このような有様で「国技」を騙るなど、悪ふざけにもほどがある。今や、相撲には何の権威もなければ、何の価値もない。
相撲界を興隆させるため、各部屋の各力士が大変な努力をしていることは、私も知っている。先月の「地方巡業」でも、多くの力士がファンサービス精神を発揮し、相撲を“面白いもの”とするよう努力していた。
しかしながら、もはや相撲は悪のスポーツでしかなく、力士は殺人者、部屋はリンチ現場である。
ここまで来たら、これまでの長き伝統を2007年9月をもって廃止するしかない。
人はこれを「暴論」というかもしれないが、「国技」相撲を愛する人間として、また、日本の伝統文化を心から愛する人間として、私は相撲の廃止を訴えたい。


さて、話はガラッと変わるが、昨日(26日)発足した福田康夫内閣で文部科学相に就任した渡海紀三朗氏が、昨日、私も懸案事項と思っていた「教育バウチャー制度」について見解を示した。

<渡海文科相>競争原理の導入に否定的な見解

 渡海紀三朗文部科学相は26日、安倍晋三前首相の教育改革路線とされる競争原理の導入について「義務教育には持ち込むべきではない。基本的には学校間の競争は極力さけなければいけない」と否定的な見解を示した。また、政府の教育再生会議が導入を検討している教育バウチャー(利用券)制度にも、慎重な姿勢を示した。

 渡海文科相は「教育は市場原理になじまない。市場原理主義で物事を進めると、社会にひずみが生じ、格差を生み出す」と述べた。バウチャー制度についても「バウチャーをもらっても(学校を)選ぶところがないという地域的な問題が解けない」と安倍路線との違いを見せた。

 さらに、道徳を名称変更し、徳育にするという再生会議の提言には「言葉は重要ではない。(中身を)しっかりやっていくべきだ。なぜそう言わなければいけないのか聞いてみたい」と述べた。【高山純二】

(27日、毎日新聞)

渡海文科相の指摘した点は、まさしくその通りだ。
はたして「教育産業」なるものは必要なのか。あるいは、教育現場に競争原理を用入れることが必要なのか。
「教育バウチャー」をめぐって、“教育格差”がさらに広がるような事態も考えられるから、教育再生会議の判断のみでもって「教育バウチャー制」の導入が決定されることは危うく思われる。
もちろん、最終的な判断は中央教育審議会に委ねられるから、教育再生会議の決定がダイレクトに反映されることはないが、教育再生会議には、もう少し慎重に問題点を見つめる姿勢も大事だと思う。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 17:50| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金属バットや木刀、ビール瓶で殴る蹴る?
国が認める国技は、集団殺人をも認めるのか?
確かに私も体育会系でしたので、殴られたりしましたが、そこには加減が有りましたね!だから、叱られた感が有りましたね。皆の前で叩かれ恥ずかしい気持ちがミスを減らすのに一肌脱いだのは間違いないです。
ただ、叩く側の胸の内にどんな思いが有ったのか、考えればわかりますよね‥命が散ってるのだから。
昔は相撲と言えば、ヤクザの興業集団だった歴史が有ります。
その頃の風習が抜けないものなのかと、情けなく感じております。
本当に、相撲界を解体した方がいいですね。
社会通念の無い人間が国を背負うスポーツを指導したり、横綱に座っているのなら、世間にいい影響がないだろうね‥
斉藤さんのご冥福をお祈りいたします。
Posted by えいけつ at 2007年09月28日 14:54
えいけつさん、コメントありがとうございます。
時津風親方や兄弟子たちが今回、齊藤さんに行った行為は、「愛情表現」でもなければ「稽古」でもなく、「暴行・殺人」だと思います。
親方らの立件が近くなされる見通しですが、一人の未来ある少年を殺した代償をしっかりと償ってもらいたいと思います。
Posted by mityosi at 2007年09月28日 21:04
時津風親方の場合、北海道の在る漁村で貧しい漁師の長男として生まれ、親方自身も日頃から酒癖が悪く、父親はアルコール依存症(アル中)の影響で育ててしまったのが要因だと考えます。また、金銭トラブルを数多く抱え、昔から借金癖が直らないのです。両親は育て方が判らず、甘やかされたのも要因とも云えます。
Posted by 名無しさん at 2017年08月02日 03:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

愛知県警 不祥事
Excerpt: 愛知県警察(あいちけんけいさつ)は、警察法47条1項により設置された道府県警察本部のひとつである。愛知県警察本部(あいちけんけいさつほんぶ)は県公安委員会の管理の下(警察法47条2項)に設置した警察組..
Weblog: 愛知県警
Tracked: 2007-10-10 23:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。