2007年11月07日

賞味期限改ざん「小沢民主党」 さあ、再出荷だ!

まったく、我々は茶番劇を見せられただけだった。それにしても、小沢代表の演技の腕は落ちた。

小沢代表:続投を正式表明し陳謝 民主党両院議員総会で

 民主党の小沢一郎代表は7日夕、東京・永田町の党本部で開かれた両院議員総会で「この体にもう一度むちを入れ、政治生命をかけ次期衆院選を全力で戦い抜く決意をした」と述べ、辞意を撤回して続投する意向を正式に表明した。

 福田康夫首相との党首会談をめぐる混乱については「国民、支持者、党員、同僚議員に迷惑をかけたことを心よりおわびする」と陳謝した。

(7日、毎日新聞)

本日午後、民主党の小沢一郎代表は、民主党本部で所属議員を前に姿を現した。
会見で小沢氏は、党内を混乱させたことに対する“お詫び”と、代表続投の決意を述べた。

民主党内で起きた、まるで“おままごと”のような茶番劇。
一連の騒動を通して浮き彫りとなったのは、政治家としての小沢氏の“古さ”である。

小沢氏は政治家としての賞味期限が切れているにもかかわらず、代表職に留任して「小沢民主党」を再出荷させるという。
「賞味期限改ざん」を前提にして販売されている商品を、一体どこの誰が買うのであろうか?
そんなものを買うのは、よっぽど虚弱体質に憧れている人間、あるいは「死にたくて死にたくてたまらないが、食べ物は食べたい」という自己中心者のみだろう。



福田康夫首相の「大連立打診」を発端とした今回の騒動は、小沢氏の無責任な“暴走”の連鎖によって混乱を極めた。

日曜夕方には会見を開き、「民主党は力量が不足している。次回の総選挙は厳しい」と党を切り捨てたにもかかわらず、今度は「恥をさらすことになるが…」と代表留任を決定した小沢氏。

全体の時系列を眺めてみると、以下のようになるだろう。


◆日曜夕方
  小沢「辞める」

 ↓

菅・鳩山「やめないで」

 ↓
 
仙谷「小沢は無責任だ」

 ↓
 
小沢「党内にはオレに対する反発がある」

 ↓

羽田・渡部・石井「大丈夫。やめないで」

 ↓

◆きょう午後
  小沢「やっぱ続ける」




今回の小沢氏の「辞める辞める詐欺」に、国民・有権者は興醒めしている。
何のために辞意表明会見を開いたのか。そして、何のために代表に留まるのか。
それを説明することもないまま「やっぱりやる」という姿勢に転じた小沢氏は、どこからどうみても格好が悪い。

そして何より、小沢氏に「力量不足」とまで言われながら「やめないで、お願い、やめないで」と小沢氏にすがりつく民主党執行部の小汚さ。

民主党には「ぶってぶって姫」という女性議員がいるそうだが、菅直人・鳩山由紀夫両氏という「やめないでやめないでオヤジ」「すがりつきオヤジ」(2本組)の存在も、この度、明らかとなった。

(余談だが、鳩山由紀夫氏の風貌は宇宙人に似ている。地球以外の惑星から来た異性人である可能性もあるので、法務省は鳩山氏の正体を暴くべきだ)



その上、“小沢批判の急先鋒”として、小沢氏の「代表辞任」を促す声も上げていた仙谷由人衆院議員は、小沢氏を前にすると「頑張っていきましょう」などと言い出す始末。

民主党には、誰一人として「漢(おとこ)」がいない。そのことは明確な事実である。



今朝の『めざましテレビ』(フジテレビ)には、民主党の山岡賢次国対委員長が出演し、以下のような内容を述べた。

「(番組の調査では一般人の58%が小沢氏続投を支持したという結果を受けて)この人たちは、正しい判断をした

言い換えればこれは、「民主党を支持ない人たちは、間違っている」ということである。
「民主党支持者以外は無知無能」だとでも言わんばかりの物言いには、呆れるほかない。

もう、小沢氏に期待できることなど何もない。
小沢氏から漂うのは、生物学的な意味での“加齢臭”と、政治家としての意味の“死臭”だけだ。



最後の最後に逃げる男。



政局の主役を演じるのはこれが初めてではないというのに、小沢氏の演技は前時代的なものであったし、「政治屋」としても腕が落ちたことを感じた。

小沢一郎という政治屋も、実に哀しい惨めな人間になったものだ。

私は、人間に「オーラ」など存在するとは考えていないが、今の小沢氏はまるで「負のオーラ」に覆われているかのようだ。



ダダコネ。優柔不断。有言不実行。雲隠れ。密室隠れ。逃亡。



今こそ、この国の政治史から死していく政治家・小沢一郎に、一言申し上げておきたい。

「逃げちゃだめだ」。

……もっとも、今からどうあがこうとも、小沢氏の未来は明るくなりそうにないが。



<追記>

自民党は6日、福田康夫首相(自民党総裁)就任後初となる、新しい政治活動用ポスターを発表した。(写真はこちら)
キャッチコピーは「暮らしに安心。」「誠実に、着実に。」。
安倍晋三前首相時代とは対極をなすかのようなコピーである。

しかも、ポスターに写る首相の写真も、構図がだいぶ変更。安倍前首相の「遠くを見つめる」顔から、「カメラ目線(国民への視線)」の顔になった。
全体的には悪くないポスターだとは思うが、一瞬、日本共産党のポスターと見間違えてしまうかのように、“質素”。
首相は6日、記者団にポスターの出来について聞かれると、「なんか他人みたいだったなあ」と照れ顔だった。


にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・政局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。