2008年04月25日

古館氏もつい正論をポロリ? 異常まみれの聖火リレー

一つの炎が国際社会に示しているのは、「平和と友好」ではなく「武力と弾圧」だ。

<聖火リレー>厳戒態勢に石原都知事「こっけいな話」

 東京都の石原慎太郎知事は25日の定例会見で、長野市内で行われる北京五輪聖火リレーの厳戒態勢について「こっけいな話。何のためにやるのか。市民も立ち会えず、遠くに火が走っていくのを見ても、何の感興もわかない」と批判した。

 石原知事はこれまでの会見で「聖火リレーの混乱のおかげでチベットの窮状が分かってきた」と聖火リレーに絡めた抗議活動に理解を示していた。【市川明代】

(25日、毎日新聞)

25日昼前、北京オリンピックの聖火が長野市内のホテルに到着した。
聖火と北京オリンピックの組織委員会を乗せたバスは、25日午前11時40分ごろ、長野駅前のホテルに着いた。
ホテルの前には、およそ100人の報道陣が詰めかけたほか、警察官が多数、警護にあたっていた。
一方で、組織委員会のメンバーは手を振って、笑顔で報道陣に応えていた。
長野に着いた聖火は26日、トーチに点火され、いよいよリレーが始まる。

厳重な警備体制のもと行なわれる“聖火リレー”。
何のために行なわれ、誰のためにランナーは走るのか。
24日に放送された『報道STATION』(テレビ朝日)では、古舘伊知郎キャスターが以下のように述べた。

photo_furutachi.jpg
「私はですね、自分として思うことは、根本はチベットの人権侵害であると考えています。中国は、チベットとダルフールから手を引いて初めて、国威発揚の、オリンピック開催資格があるのではないかと考えています。
 しかし、加藤さんがおっしゃるようにですね、自主的に『中国人なんだ』『北京オリンピックを開催するんだ』って人たちに火を着けた、という部分も少なからずどっかにあるはずです。
 それは何かと考えた時にはですね、やはり一連の流れを見ておりますと、日本も含めてですがヨーロッパ各国も、中国と大変なビジネスを展開しているという事を優先するあまり、これ何だかよく分からない聖火リレーが各地で、ぼんやりとどんよりとあるいは対立を見せながら進んできている、この辺りの各国がですね、開幕式をボイコットするだしないだ、開会式、それからまた、色んな事をそれぞれ言ってますけれども基本的に立場がそこにあるというところ、ここがどうしても引っかかるんですけどね」

本日先ほど(25日)の放送では、古館キャスターは「これが“聖火”と呼べるのかどうか疑わしいですが…」と語るなど、朝日グループ系列局の制作する番組とは思えぬ“暴走”ぶりを見せている。
私としては、古舘キャスターの指摘している点はまさにその通りだと思う。
これでは、何のために聖火リレーなどというものが行なわれているのかが分からない。
これはでまるで「新成人が暴れる成人式」と同じである。つまり、「こんなもの開催して何の意味があるの?」ということだ。
一つの火を厳重に警備し、それを「守る」「守らない」と大騒ぎしているのが、本当に馬鹿らしいというか、石原慎太郎・東京都知事が述べたように「滑稽なもの」に思えてくる。

世界各地で聖火リレーが行なわれる度、チベット民族とその独立を支持するグループらによる「聖火リレー抗議活動」が派手に実施されている。
聖火リレーが行くところ、すべてのところに「反中勢力」がいる。
聖火リレーは今や、「中国によるチベット弾圧が以下に根深いものか」ということを世界に喧伝する主たる媒体となっているのだ。

「聖火リレー やればやるほど ヤケドする」

――中国共産党指導部の“ため息”が聞こえてくる。

にほんブログ村 政治ブログへ
リンク:山口2区補選… 人間としてサイテーな民主・平岡候補
posted by Author at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94694456

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。