2008年11月15日

ドラマ『告知せず』でボロ泣き! 高畑淳子の演技力は凄まじすぎる


kokuchi_sezu_01.jpg(C)テレビ朝日

今夜9時00分から先程11時21分まで放送された、芸術祭参加ドラマ『告知せず』(テレビ朝日)を観た。

私は『3年B組金八先生 第5シリーズ』(TBSテレビ)以来(いわば比較的最近になってからだが)、高畑淳子さんという女優に興味を持っていて、ここ数年で彼女の演技やそのキャラクターが、多彩なドラマやバラエティー番組にまで広まっていたのを大変嬉しく思っていた。

高畑さんの存在を世に知らしめた決定的なドラマと言えば、『白い巨塔』(フジテレビ)だろうか。
あのドラマでは、高畑さんは石坂浩二さん演じる大学病院の外科部長・東教授の夫人役を好演していて、大学病院の「教授選挙」を婦人会の側から操る(?)みたいな役どころだった。

今夜放送されたドラマ『告知せず』でも、高畑さんは医師の夫人を演じている。
『白い巨塔』よろしく、今回のドラマにも「教授選」というキーワードが出てきた。

――それで、このドラマの感想であるが、とにかく本当にもう感動した。
渡哲也さんの息子に生まれたら私はそのプレッシャーで圧死してしまうだろうと感じたが、そんな感想はさておき、このドラマを見て私は中盤ぐらいからボロ泣きしてしまった。

ドラマのあらすじを簡単に書くと、長谷川誠至(渡哲也)は何十年も大学病院で医師として働いており、これまで多くのがん患者に「がんの告知」をして来た。
患者本人に「がんの告知」をしないほうがいいんじゃないかという患者家族の意見も聞いた上で、過去、長谷川は患者たちに「がん告知」をして来た。もちろん、その中には、救えなかった患者もいる。

長谷川の息子・涼(滝沢秀明)も父同様に医者となり、父の働く大学病院で研修医として働くことが決まった。
ある日、長谷川の妻・十央子(高畑淳子)が腸に激痛を感じ、救急車で長谷川の働く大学病院に運ばれる。手術の末、桑原医師(古谷一行)から「腸閉塞」だと告げられる十央子。
桑原は長谷川に話す。「あなたの奥さんは実は小腸にがんが出来ていて、それが全身に転移しています。私のほうから奥さんに告知してもいいが、あなたはベテランの外科医だ。あなたが奥さんにがんであることを告知すべきではないでしょうか」。

長谷川は、告知すべきかどうか悩んだ末、十央子にがんの事実を「告知しない」ことを決断する。
そのことを知った桑原から、長谷川は「あなたはこれまで多くの患者に告知をしてきたじゃないか。あなたが奥さんに告知しないなら、主治医である私が奥さんに告知します」と言われてしまう。
結局、その場では「私の口から告知します…」と答える長谷川だったが、告知が出来ぬままでいる。
そうした間にも、がんは十央子の身体を蝕んでいく――。

――私にはあまり文章説明能力がないみたいなので、これでちゃんとあらすじが伝わったかどうか微妙なのだが、ちゃんとしたあらすじは、番組公式サイトでご覧頂きたい。

自分の身体の不調に気付きながらも、「教授選」を控える夫のため、また、息子に心配をかけたくないという思いから、体調の悪さを必死にひた隠し、明るく気丈に振舞う十央子。
そんな明るくも悲しい女性を、高畑淳子という女優が、信じられないほど凄まじい演技力で演じ切っている。
現時点では、私は高畑淳子さんこそが世界一の役者だと確信してしまうぐらいだ。もうとにかく凄まじい。「リアル」の一言では片付けられない名演ぶりだった。

私としては、十央子の妹(美保純)が、入院する十央子の病室を訪ねるシーンで、一番号泣してしまった。
兄弟、姉妹の関係って、ああいうものなんだよなあ。
このドラマでは高畑淳子という女優の底知れぬ演技力(信じられないほどリアルにがん患者を演じていた)を、心臓をワシ掴みされるように痛感させられたわけだが、美保純さんも、かなりかなり好演していた。
美保純さんが号泣するシーンに合わせて、私も号泣してしまった。恐るべし美保純。

あとは、宮川彬良さん作曲の音楽もよかった。
オープニングを飾り、劇中でも印象的に使用されていた。素晴らしいの一言だ。

今夜は、本当によいドラマを見させてもらった。
それなりに長い年数「人間」をやっていると、どうしても、ドラマに登場する人物に、実在の人物を照らし合わせてしまうものだ。
そういう意味でこのドラマは非常に卑怯である。ここまで人間を感動させてしまうような「がん」ドラマは、この作品ぐらいなものだろう。

もしも自分の愛する人ががんになったら、そして自分がそれを本人に知らせる役目だとしたら、あなたは「告知」ができるだろうか?
そんなことを感じさせられたドラマだった。


<追記>

「感動させられたドラマ」つながりで、TBSテレビには『私は貝になりたい』(1994年版)を再放送してほしい。
中居正広さん主演の映画版が現在ロードショー中で、フランキー堺版の映画も名作の評価を受けているが、TBSテレビ版はたぶんセルVHS化もされていない。
私は、所ジョージさんが主人公を演じている、このTBS版の『私は貝になりたい』をまた観たい。
TBSでこのドラマが放送された夜には、『NEWS23』で、筑紫哲也キャスターらが感想を述べ合っていたっけ。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 23:58| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

奪われた『ザ・シンプソンズ』家族たちの声

ある日突然、大好きな家族みんなの声が変わってしまったら・・・。

アッコ甘〜い声で優しい母役…米アニメ映画「ザ・シンプソンズ」

 歌手の和田アキ子(57)が来年公開の米人気アニメ映画「ザ・シンプソンズ MOVIE」でママのマージ役の声優を務めることになり6日、都内で会見した。

 パパのホーマーを演じた所ジョージ(52)、息子バート役の田村淳(33)、娘リサのベッキー(23)らシンプソン一家が勢揃い。所に呼ばれ「なあに、あなた」と甘〜い声を出して登場し「マージは優しくて温かい愛情で家族を包んでいる。普段、和田アキ子には怖いイメージがあるけど、優しさが出れば」と語った和田。

 が、優しいママはここまで。「3人が本当の家族だったら? 淳が女関係に気をつけるようにし、ベッキーには早くいい人が見つかるようスキを作ってあげる。所にはもっと真剣に仕事するようハッパをかけます」。

 やはり“恐妻”で“猛母”だった?

(7日、SANSPO.COM)

このブログで私は国立無宗教追悼施設の建設を主張したり、“反・禁煙”を訴えたり、昨日(7日)も死刑制度を肯定したりしている。
「その流れ」というわけではないのだが、今日も、社会一般の“流れ”に少し反したような文書を書きたい。

米アニメ『ザ・シンプソンズ』の日本語版声優変更問題である。

私は、千葉ロッテマリーンズと、ステイシー・オリコと、そして『ザ・シンプソンズ』をこよなく愛する日本人である(『ザ・シンプソンズ』のあらすじについてはこちらを参照のこと)。
『ザ・シンプソンズ』はシーズン2から見ているが、当初から字幕ではなく日本語版吹き替えで観ている。
その理由は、大平透氏、一城みゆ希氏といった日本を代表する声優の方々が、オリジナル英語版の面白さそのままに、むしろ、日本人にとってはより面白く観ることができるようにしてくれているからだ。

今回の『ザ・シンプソンズ MOVIE』(2008年日本公開)では、主要吹き替えキャストが総入れ替えし、家族のうち4人の声を芸能人が務めることになった。

ホーマー(父):所 ジョージ
マージ(母):和田 アキ子
バート(長男):田村 淳(ロンドンブーツ1号2号)
リサ(長女):ベッキー

私はNHK教育で放送された海外ドラマ『アルフ』における“宇宙モンスター”役、ディズニー・ピクサー映画『トイ・ストーリー』シリーズでの“バズ・ライトイヤー”役、それから、東京ディズニーランドのアトラクション『ビジョナリアム』(現在は閉鎖)での“タイムキーパー”役など、声優としての所さんを高く評価している。
声優業に限らず、所さんについては、著書「トコロ流昔話 花咲かじいさんの恩返し」(角川文庫)も大爆笑モノだと思うし、昨年発売されたCDアルバム『安全第二』(avex trax)も大好きだ。
奥さんの芳賀文子さんが書かれた「芳賀文子のブンブーンクッキング」(マガジンハウス)を読んで、見よう見まねで料理を始めたりなどもしている。
おそらく、こういったことから私は結構重度な「所ジョージファン」だと言えると思うのだが、その私でも、今回の『ザ・シンプソンズ』声優変更は理解しがたい。

やはり、ホーマー役の日本語版声優にふさわしいのは、大平氏しかいない。
所さんのことがどんなに好きでも、大平氏以外の“ホーマー”を私の耳は受け付けない。何があっても、日本における一ファンとして、『シンプソンズ』日本語版声優は変えてほしくないのだ。

映画の公式サイトを見てみる限り、おそらくこの映画は小学校低学年をターゲットとして上映されるのだろう。
小学校低学年の人々を馬鹿にするつもりはないが、それぐらいの年齢の方々が『シンプソンズ』の世界観を楽しむことが出来たら、私には驚きだ。まさに“D'oh!!”である。

人は「たかが声優が変更したぐらいで何をワガママな」と嘲笑うかもしれない。
「嫌ならば見なければよいではないか」とあきれるかもしれない。
しかし、ある日突然、“大好きな家族”みんなの声が変わってしまって、一体どうして冷静でいられようものか。
これじゃホーマーじゃない。マージじゃない。バートじゃないし、リサじゃない。末娘マギーの声(赤ちゃん声)が変わったかどうかまでは分からないかもしれないが、とりあえず、「言語をしゃべる」家族みんなの声が変更してしまうなんて、これを「悪夢」と言わずして、何と言えばよいのだろう。

エディ・マーフィーの吹き替えや、テレビ東京の朝の番組『おはスタ』(私は『モーニングサテライト』の流れで見ることが多い)の司会でおなじみの声優・山寺宏一氏は、先月26日(日)、以下の文章をネット上で記述している。

山寺宏一より今週の一言

 私、声優としていろんなアニメ作品や映画に携わらせて頂いておりまして、本当にありがたいことと思っているのですが、最近感じることはいろんなタレントや有名人を起用していることが目立つことです。まあ、僕もそれで普段お会いすることが難しい方と知り合いになれたり、凄く刺激になることもあるんですが、中には「これはあまりにもムチャじゃないの!」と言いたくなるキャスティングもあると思います。もちろん話題性は大事ですし、お客さんがたくさん入ることはおろそかにできないのですが、本当にピッタリあったキャスティングをよくよく考えて欲しいと、見る側の立場としても思います。

 時には声優以外のキャスティングで、「こんなに合う人がいるんだ!」とか「普段声の仕事をしてない人がやると、こんな芝居ができるんだ!」って事もたくさんあるのですが、その逆もまたたくさんあるんですね。特に長年テレビでやってきた作品が劇場版になったとき、それまでの声優陣をガラッと変えてしまうようなことはあってはならないと思います。それまでやってきた声優たちの心情もありますが、ずっと応援してきた視聴者の立場としても承知がいかないのではないのでしょうか?私自身も非常に憤りを感じることがありましたので、今回はこんな話をさせてもらいました。

 まあ声優が誰になるかということが話題になる事は決して悪いことではないと思うので、皆さんも私がやった仕事に対して、厳しい意見も出してもらいたいと思っています。もちろん良かった場合はそうした意見も大歓迎です。この仕事、皆さんのそうした反響があるとこちらもますますやりがいを感じて臨めるので、是非ご意見をお願い致します。

(WOWOW『HOLLYWOOD EXPRESS』番組公式サイト

『ザ・シンプソンズ』という固有名詞こそ挙げていないものの、おそらく山寺氏は今回の声優変更騒動を念頭において、このような文章を書いてくださったのだと思う。
私は山寺氏の「私の自慢は、10年間朝の子供番組に出演していることと、ポケモンの映画すべてに参加していることです」との最近おっしゃった言葉に非常に感動させられたのだが、やはり山寺氏は「声優」業に誇りを持った、日本を代表する声優だなと思う。
この山寺氏の言葉を、自身の作品に芸能人声優を起用してばかりで、日本の女性声優たちの声を「娼婦の声」呼ばわりしたどこぞの“左翼系アニメ映画監督”に聞かしてやりたい。

最後に、『ザ・シンプソンズ』声優変更に抗議する方々のブログをご紹介したい。
映画版「ザ・シンプソンズ」声優変更に反対するBLOG

私が映画評論家として認める数少ない日本人のうちの一人、町山智浩氏も今回の声優変更について「反対」の立場を明確にしている(「ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記」)。

まだ時間は残されている。
私の好きな家族。彼らの“声”を取り戻したい。

にほんブログ村 ニュースブログへ
posted by Author at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

モリコーネ

きのうは超個人的な感情で、悪口を書いてしまったが、
きょうは、ものすごく心癒されるものについて書きたい。
それは、CD「私の大好きなモリコーネ・ミュージック」。
今月5日に発売されたばかりの音楽CDである。
そして、このタイトルにもある「私」とは、
何を隠そう、内閣総理大臣・小泉純一郎氏のことなのである。
このCDは、小泉首相自身が選曲・監修した、モリコーネの最新アルバムなのである。
帯には、
「私の大好きなモリコーネ音楽、心癒される哀愁に満ちた、美しい愛のメロディー集です」という、小泉首相のコピーが書かれている。
「モリコーネ」とは、エンニオ・モリコーネのことで、
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」「荒野の用心棒」「ニュー・シネマ・パラダイス」
といった名作映画のテーマ曲などを作曲した、映画音楽の巨匠である。
私は、「映画音楽家」と聞いて、このモリコーネと、
「ピンク・パンサー シリーズ」「ティファニーで朝食を」のヘンリー・マンシーニ、
それに、メル・ブルックス作品のほとんどを(この世を去るまで)作曲し続けた
ジョン・モリスぐらいしか連想しないのだが、
このモリコーネのアルバムは、どの曲も、華やかでありながら血なまぐさかったりするような、
そんな感じをかもし出していると思う。
小泉首相が選曲したとかどうとか、そういうことよりも前に、
「すばらしい!!」
と絶賛したくなる、そんな素晴らしいアルバムである。
ただまぁ、普通に発売したところで、どう考えても爆発的には売れにくい、
また手に取りにくいイージー・リスニングを、
「小泉首相のセレクト」といった入り口からでも楽しむ人が増えるのであれば、
それはそれは喜ばしいことなのではないだろうか。
………褒めすぎだと思うかもしれませんが、いや、本当にいいCDなんですよ!!

Amazon.co.jp:音楽: 私の大好きなモリコーネ・ミュージック~小泉純一郎選曲チャリティ・アルバム
posted by Author at 20:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。