2008年11月05日

「黒人初の大統領」は、不治の病「ブッシュ病」を治せる救世主なのか


mccain_and_pailin_20081004.jpg(C)ロイター
幻に終わった「マケイン大統領」と「ペイリン副大統領」

mccain_abd_pailin_20081104_part2.jpg(C)ロイター
互いに抱き合うマケイン氏とペイリン氏



4日(日本時間5日)投開票された、2008年米大統領選では、民主党のバラク・オバマ候補が、共和党のジョン・マケイン候補を破り、米政治史上「黒人初」の大統領に就任することが決定した。

米大統領選というのは、敗北した候補が勝利した候補に祝辞の電話をし、敗北した候補が「敗北宣言」をした後に、勝利した候補が「勝利宣言」をする。
今回の選挙も同様に、マケイン氏がオバマ氏に祝意を示す電話を行い、「敗北宣言」を行い、それからオバマ氏の「勝利宣言」が行われた。
オバマ氏の「勝利宣言」が行われた会場は数万人規模の支持者が収容できる造りとなっていたが、マケイン氏のスピーチ会場は約3,000人規模(招待された支持者のみ入場可)と、オバマ氏と比較して小さめの会場だった。
今回の大統領選を、一種、象徴するかのような演説会場の広さの差であった。

マケイン候補の「敗北宣言」全文(英文)は以下の通り。

John McCain concession speech

guardian.co.uk

Thank you. Thank you, my friends. Thank you for coming here on this beautiful Arizona evening.

My friends, we have we have come to the end of a long journey. The American people have spoken, and they have spoken clearly. A little while ago, I had the honour of calling Senator Barack Obama to congratulate him.

(Crowd boos)

Please.

To congratulate him on being elected the next president of the country that we both love.

In a contest as long and difficult as this campaign has been, his success alone commands my respect for his ability and perseverance. But that he managed to do so by inspiring the hopes of so many millions of Americans who had once wrongly believed that they had little at stake or little influence in the election of an American president is something I deeply admire and commend him for achieving.

This is an historic election, and I recognize the special significance it has for African-Americans and for the special pride that must be theirs tonight.

I've always believed that America offers opportunities to all who have the industry and will to seize it. Senator Obama believes that, too.

But we both recognise that, though we have come a long way from the old injustices that once stained our nation's reputation and denied some Americans the full blessings of American citizenship, the memory of them still had the power to wound.

A century ago, President Theodore Roosevelt's invitation of Booker T Washington to dine at the White House was taken as an outrage in many quarters.

America today is a world away from the cruel and frightful bigotry of that time. There is no better evidence of this than the election of an African-American to the presidency of the United States.

Let there be no reason now ... Let there be no reason now for any American to fail to cherish their citizenship in this, the greatest nation on Earth.

Senator Obama has achieved a great thing for himself and for his country. I applaud him for it, and offer him my sincere sympathy that his beloved grandmother did not live to see this day. Though our faith assures us she is at rest in the presence of her creator and so very proud of the good man she helped raise.

Senator Obama and I have had and argued our differences, and he has prevailed. No doubt many of those differences remain.

These are difficult times for our country. And I pledge to him tonight to do all in my power to help him lead us through the many challenges we face.

I urge all Americans ... I urge all Americans who supported me to join me in not just congratulating him, but offering our next president our good will and earnest effort to find ways to come together to find the necessary compromises to bridge our differences and help restore our prosperity, defend our security in a dangerous world, and leave our children and grandchildren a stronger, better country than we inherited.

Whatever our differences, we are fellow Americans. And please believe me when I say no association has ever meant more to me than that.

It is natural. It's natural, tonight, to feel some disappointment. But tomorrow, we must move beyond it and work together to get our country moving again.

We fought we fought as hard as we could. And though we feel short, the failure is mine, not yours.

(Crowd: "No!")

I am so...

(Crowd begins chanting)

I am so deeply grateful to all of you for the great honour of your support and for all you have done for me. I wish the outcome had been different, my friends.

The road was a difficult one from the outset, but your support and friendship never wavered. I cannot adequately express how deeply indebted I am to you.

I'm especially grateful to my wife, Cindy, my children, my dear mother ... my dear mother and all my family, and to the many old and dear friends who have stood by my side through the many ups and downs of this long campaign.

I have always been a fortunate man, and never more so for the love and encouragement you have given me.

You know, campaigns are often harder on a candidate's family than on the candidate, and that's been true in this campaign.

All I can offer in compensation is my love and gratitude and the promise of more peaceful years ahead.

I am also, I am also, of course, very thankful to governor Sarah Palin, one of the best campaigners I've ever seen ... one of the best campaigners I have ever seen, and an impressive new voice in our party for reform and the principles that have always been our greatest strength ... her husband Todd and their five beautiful children ... for their tireless dedication to our cause, and the courage and grace they showed in the rough and tumble of a presidential campaign.

We can all look forward with great interest to her future service to Alaska, the Republican party and our country.

To all my campaign comrades, from Rick Davis and Steve Schmidt and Mark Salter, to every last volunteer who fought so hard and valiantly, month after month, in what at times seemed to be the most challenging campaign in modern times, thank you so much. A lost election will never mean more to me than the privilege of your faith and friendship.

I don't know, I don't know what more we could have done to try to win this election. I'll leave that to others to determine. Every candidate makes mistakes, and I'm sure I made my share of them. But I won't spend a moment of the future regretting what might have been.

This campaign was and will remain the great honour of my life, and my heart is filled with nothing but gratitude for the experience and to the American people for giving me a fair hearing before deciding that Senator Obama and my old friend Senator Joe Biden should have the honour of leading us for the next four years.

(Crowd boos)

Please. Please.

I would not, I would not be an American worthy of the name should I regret a fate that has allowed me the extraordinary privilege of serving this country for a half a century.

Today, I was a candidate for the highest office in the country I love so much. And tonight, I remain her servant. That is blessing enough for anyone, and I thank the people of Arizona for it.

Tonight, tonight, more than any night, I hold in my heart nothing but love for this country and for all its citizens, whether they supported me or Senator Obama, whether they supported me or Senator Obama.

I wish Godspeed to the man who was my former opponent and will be my president. And I call on all Americans, as I have often in this campaign, to not despair of our present difficulties, but to believe, always, in the promise and greatness of America, because nothing is inevitable here.

Americans never quit. We never surrender.

We never hide from history. We make history.

Thank you, and God bless you, and God bless America. Thank you all very much.

本来なら、日本でも指折りの(!?)“アンチ・オバマ”である私が、和訳をすべきところなのだが、You Tube のほうに通訳されたビデオクリップがアップロードされているので、そちらでご覧頂きたい。
パパッと和訳できるほど、そんなに私の英語力は高めではないのだ(「日本語力」のほうも微妙だが)。

マケイン敗北宣言 McCain's concession speech 1/2
マケイン敗北宣言 McCain's concession speech 2/2

しかし、マケイン氏の「敗北宣言」の内容をまとめると、以下のようになる。
カギカッコ内の言葉は、すべてマケイン氏の言葉だ。

 米共和党のマケイン候補は4日夜(中略)、妻のシンディさん、副大統領候補のペイリン・アラスカ州知事らとともに現れ、「長い旅が終わった」と、しばしば笑顔を交え、吹っ切れたような表情で敗北を宣言した。
 会場から挙がる不満の声を制し、まずオバマ氏の勝利に祝福を送ったマケイン氏は「とりわけアフリカ系米国人の人々にとってオバマ氏の勝利は意義深いものだ」と称えた。さらに、党派の違いを乗り越え、米国民として団結するよう支持者に訴えた。
(産経新聞)

 「厳しい戦いを勝ち抜いたオバマ氏に敬意を表したい」
 「米国は常に、努力する人に機会を与える国だ」と強調。また、投票日を目前にして亡くなったオバマ氏の祖母に弔意を示した。
 「意見の相違はあっても、愛する国を率いるオバマ氏に協力したい」
 「同じ米国人として団結しよう」
 「残念な気持ちがあることは確かだが、失敗したのは私で、皆さんではない」
 「家族には負担をかけた。これからは静かな時間を過ごしてもらいたい」とほほ笑んだ。
 「大統領候補として戦ったことを後悔はしない。私の意見に耳を傾けてくれた国民の皆さんに感謝する――たとえその結果、オバマ氏を選んだとしても」と語ると支持者からブーイングの声が上がりかけたが、マケイン氏はそれを制するように「この国に尽くすことが私の喜び」と述べ、「米国は決して負けない。われわれが歴史を作るのだ」と宣言して演説を結んだ。
(CNN.co.jp)

 「オバマ氏は、彼自身のため、そして祖国のために偉大な業績を成し遂げた。私は彼に喝采(かっさい)を送る」
 「相違を埋める必要な妥協を見つけるため、彼を支えるようすべての米国民に求める」
(読売新聞)

 「アメリカの民意が示された」
 「残念に思う気持ちも今夜はあるが、明日はこれを乗り越えて進まなければならない」と述べた。
 またペイリン副大統領候補を、活気にあふれた新しい共和党の声と称賛した。
(ロイター)

今回の選挙戦を振り返ってみて、オバマ氏は実に上手な選挙戦を展開したと思う。
民主党大統領候補予備選ではヒラリー・クリントン上院議員から、本選ではマケイン氏からネガティブ・キャンペーンを受けたが、それらはむしろ、オバマ氏には追い風となった。
国際的な金融危機を迎える国際社会の中で、ネガティブ・キャンペーンに動じないオバマ氏の姿勢は、「頼れるアメリカのリーダー像」を見事に演出した。
オバマ氏を支えた選挙参謀、政策スタッフ、スピーチ・ライター、そして何より、オバマ氏自身の“魅力”の勝利と言えるだろう。

都合により、私はFNN(フジテレビ系列)の開票特番を予約録画して見ることしかできなかったが、そこで安藤優子キャスターはこう発言した。
「オバマ氏は政治家と言うよりは、宗教家みたいですね」。
実に的を射た発言だと思った。オバマ氏は政治家と言うよりは宗教家だった。
慢性的な「ブッシュ病」に侵され、ここ数年、それが不治の病かのごとく悩まされてきた米国民にとって、新たな“神”の登場は不可欠であった。
サブ・プライムローン問題、金融危機――。とにかく「経済」の問題、自分たちの財布に直結する問題を解決してくれる“救世主”が必要だった。

オバマ氏が、自身が「黒人」であることをことさらに強調しなかったことも、オバマ氏にとっては追い風となった。
これまで「黒人」に対して薄いながらも差別感を抱いていた中年以上の白人層は、「公民権運動」の際の黒人たちのように「権利」を声高に主張せず、むしろ、全米国民のリーダーとなるという決意を謳ったオバマ氏を、支持しやすかった。
また、過去の黒人差別も知らないし、「公民権運動」も感覚的によく分からない若者の票も、見事に違和感なく獲得したと言えるだろう。

オバマ氏の大統領選当選を歓迎する声は、どこのメディアを覗いても見受けることが出来るだろう。
だから、私は、ここでマケイン陣営の苦労と努力を称えたい。
サラ・ペイリン・アラスカ州知事を副大統領候補にしたことで、マケイン氏の支持率は、一時、急激に増大した。
しかし、ペイリン氏が“外交政策音痴”であることがバレると、すぐにメディアはペイリン叩きに動いた。
私は、ペイリン氏にはたしかに一部「知識不足」な面があるかもしれないが、ペイリン氏は実に素晴らしい候補者であったと思う。
前回のエントリでも書いたが、同じ「知識不足」でも、ペイリン氏は「向上」を目指し補習に励むタイプ、オバマ氏は「開き直って」無知であり続けるタイプだと理解している。
ペイリン氏が「楽観主義の現実主義者」であったことに対し、オバマ氏が「“救世主”的なファンタジスタ」であったことも、今回のオバマ氏当選の一因だといえるだろう。

これは後日、改めてエントリを書きたいと思うが、私は、ジョージ・W・ブッシュという大統領は、実に優れた、有能な大統領だったと考えている(…けっしてジョークではない)。
ジョージ・W・ブッシュこそは、世界史の中で初めて「テロとの戦い」に初めて参戦した大統領であった。問題だったのは、ブッシュ大統領が、長年に渡り国民的人気を呼び寄せ続けられるような“マラソン型”ランナーではなかったことだろう。

――とにかく、2年以上に渡る戦いは終わった。
「女性初の大統領」が誕生するとも、「黒人初の大統領」が誕生するともいわれた今回の大統領選は、現在生きる米国民にとって、最も記憶に残る熱い選挙戦であったことは間違いない。
ところで、現在、テレビ番組などに出演し「『オバマ大統領』でアメリカは変わる!世界は変わる!」と興奮しているコメンテーターという俗名を持つ人たちが、1〜2年後に、同じようなことを言えるかどうかだった。
私は、どうも、コメンテーターのみなさん方は、1〜2年後には「やっぱりオバマではダメだった。米国民はまたもや間違いを犯した」などと言っているような気がしてしまうのだが。

――とりあえず、私は2012年にサラ・ペイリンの名前が再び浮上することを願ってやまない。私としては、彼女こそが理想的な「アメリカン・プレジデント」だ。
その時は、コンドリーザ・ライスの名前も挙がってくるだろうか?
「オバマ大統領」が米国を“CHANGE”できるか。つまりそれは、オバマ氏が全国民を一つにまとめ、最後の最後まで“Yes,we can”と言わせ続けられるかどうかだ。オバマ氏が、先述したような「マラソン型」ランナーであるかどうかである。
皮肉ではなしに、彼の手腕に期待したい。ちなみに、日米関係はどう変わるのか。それほど劇的な変化があるとは思わないが(現にあってはならないが)、それはまた別の話。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 21:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

「オバマ大統領」に幻想を抱いている君へ

米国民は、本当に「白人男性」以外を大統領に選ぶのか。

マケイン氏もSNL出演 「自虐コント」演じる

 ニューヨーク(CNN) 米大統領選挙の共和党のマケイン候補は、11月1日夜にNBCで放送されたコメディー番組「サタデー・ナイト・ライブ」(SNL)にゲスト出演し、ライバルである民主党のオバマ候補陣営と比較して選挙資金が不足していることが題材の冒頭コントに出演した。

 マケイン氏は、共和党のペイリン副大統領候補に扮したティナ・フェイと並んで画面に登場。マケイン氏は、オバマ氏が潤沢な選挙資金を背景に、9月29日のプライムタイムに全米の主要3ネットワークで30分CMを放送したことを踏まえ、「わたしたちがCM枠を購入できるのは、テレビショッピングチャンネルのQVCだけ」とにこやかに語る。マケイン氏はまた、「主要3ネットワークに出たいのはやまやまだが、わたしは真の一匹オオカミ。カネがない共和党員です」などと、自虐的なせりふを続ける。

 マケイン氏はフェイとともに、選挙戦関連グッズという設定の「商品」を、テレビショッピングさながらに紹介。マケイン氏のシンディ夫人の「宝石コレクション」には、同氏が民主党上院議員とともに支持した選挙戦改革法案の名称「ファイン・ゴールド」を付けた。同氏はさらに、タウンミーティング形式の討論会の開催提案をオバマ氏に拒否されたことを踏まえ、討論会が10回開催された場合を想定した「記念プレート」を出した。

 ペイリン氏に扮したフェイは、民主党のジョー・バイデン副大統領候補と、オバマ氏の税制改革案を率直に批判した人物としてマケイン氏やペイリン氏が度々言及した「配管業者ジョー」、ペイリン氏が平均的米国人を指すことば「6個入りジョー」を人形化した「ジョーのアクションフィギュアセット」を紹介。マケイン氏はフェイをほめると、「ニューヨークから生放送、イッツ・サタデー・ナイト」の決めぜりふでコントを締めくくった。マケイン氏はこの後の「ウィークリー・アップデート」のコーナーにも登場した。

 マケイン氏はSNLに過去2回出演している。2週間前にはペイリン氏本人がフェイと一緒に登場し、ここ14シーズンのSNLで最高の視聴率を記録した。

(2日、CNN.co.jp)

仏大統領装ういたずらの餌食に=ペイリン氏、野心もちらり?

sara_pailin.jpg(C)ロイター

 【ニューヨーク2日時事】カナダの娯楽ラジオ局「CKOI」は1日、サルコジ仏大統領を装ったコメディアンが米共和党のペイリン副大統領候補にかけた電話の通話内容を放送した。いつか大統領になるのだろうと水を向けられたペイリン氏は、「もしかしたら8年以内にね」と返答。冗談ともつかないやりとりが電波に乗った。

 ペイリン氏は狩猟に行こうと誘われ、「仕事をこなしながら楽しむことができるわ。一石二鳥ね」と応対。偽者のサルコジ大統領が散弾銃で友人を誤射したチェイニー米副大統領に言及すると、「わたしは慎重な射手になるわ」と保証した。また、サルコジ大統領のカーラ夫人を「美しい奥さま」と呼び、結婚を祝福した。

 このコメディアンは要人をかたる手口でサルコジ大統領やシラク前仏大統領を引っ掛けた常習犯。ペイリン陣営は「首脳の仲間入りを果たしてちょっぴり愉快」と悔し紛れの声明を出した。 

(3日、時事通信)

いよいよ明日(4日)投開票を迎える、2008年米大統領選。
有権者登録数は史上最多の10億8000万人を突破し、投票率の大幅アップが予測されている。
米メディアによると、新規登録者の割合は民主党が共和党を上回っているそうで、戦後最高の投票率を記録した1960年(ジョン・F・ケネディ大統領当選時)に迫るとみられている。
しかし、不正登録の被害も拡大しており、激戦のオハイオ州では、新規登録者66万人中20万人分の登録票から誤記や不正が見つかったということで、バラク・オバマ上院議員(民主党)とジョン・マケンイン上院議員(共和党)が小差の争いになった場合、訴訟合戦に発展する可能性もある。

上記の記事にあるマケイン氏の「究極の自虐ネタ」は、たぶんインターネット上の動画投稿サイトにも動画がアップロードされていると思うので、興味のある方は見て欲しい。
とにかく面白い。さすが長年上院議員をやってきただけのことはある。マケイン氏は一流コメディアンだ。

このブログでは過去数回に渡って米大統領選の行方をお伝えしてきたが、概して思うことは、メディアの“偏向”ぶりだ。
米国はもちろんのこと、世界中、あるいは世界のメディアの多くは、バラク・オバマという人物に過度な期待感を持ちすぎているのではないだろうか。
もう明日が投票日だから書いてしまうが、オバマ氏の態度、雰囲気、発言内容、そして話しぶりを見る限り、私はオバマ氏という候補に、非常に強い不信感と不安感を抱いている。
私が思うに、彼は他の大統領選予備選候補者よりも、多少スピーチが上手いだけである。オバマ陣営の最大の功労者はスピーチ・ライターであると言うべきだろう。

先日、コリン・パウエル前国務長官は、共和党副大統領候補であるサラ・ペイリン女史(アラスカ州知事)を「経験不足」「知識不足」などと批判し、また、一部“自称有識者”も、同様の意見を数か月前からメディア上で展開している。
しかし、私が決定的に思うことは、ペイリン氏とオバマ氏の“現場力”の差である。“現場力”とは、現場を知る力、有権者たちの不平不満を肌で知っている度合いのことだ。
ペイリン氏は学生時代から政治に関心を持ち、共和党の政治活動に積極的に参加。州知事となるまでに多くの人々と触れ合い、また、確固とした政治理念を持っている。
それに対し、オバマ氏はどうだろう。たしかに米国内の地方議会議員として活動していた時期はあったが、「イラク戦争」派兵反対を主張する市民団体とのミーティングばかりが目立ってきた。

オバマ氏は「私はイラク戦争開戦時から、イラク戦争に反対していた」と声高に主張し、それを自らの手柄のように仕立てているが、これもオバマ流のパフォーマンス工作である。
彼が当時、イラク戦争開戦に反対できたのは、彼が名もない(また、私に言わせれば責任感もない)一地方議会議員であったからであって、当時、国会議員を務めていた人物でイラク戦争開戦に反対した者は皆無だった。
同時に、これはテレビ討論やインタビューなどを見ても明らかなのであるが、ペイリン氏からは「知識不足」を補おうとする努力が感じられるものの、オバマ氏からそれを感じることが出来ない。
ペイリン氏の語り口からは「向上心」が感じられるが、オバマ氏の語り口からは、知識不足に対する「開き直り」しか感じられない。

――もちろん、以上は私なりの見方であるし、必ずしも100%の客観性を持った文章だとは自分自身でも言い難いが、しかし、この反対以上のことを、世界中のメディアは行っている。
つまり、明らかに世界中のメディアは「オバマ支持」に偏向し切っているのだ。
私がここでオバマ氏批判(のようなもの)をした以上のことを、世界中のメディアは行っている。「オバマこそ善、非オバマなるものは悪」とでも言わんばかりの風潮である。
ここで改めて書いておくが、オバマ氏は「J・F・ケネディの再来」なんかではないし、日本の小浜市にとって好意的な人物ですらない。

もっとも、先の太平洋戦争において、米国がヒロシマ・ナガサキに核爆弾を投下した事実すら知らないのではないか。彼の「知識不足」度合いから言って、それは不思議なことではない。
問題なのは、それでも彼が開き直っていることだ。「事実を知らない」ことが問題なのではない。そんなものは後からいくらでも勉強すればいい。「事実を知ろうとしない」不勉強心こそが問題なのだ。
――私は、米国民が「オバマ大統領」に対し不平不満を漏らし、「やっぱりオバマは大統領には不適格だった…」と嘆く光景を、安易に想像できる。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 20:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

共和も民主も副大統領候補が決定 「女性州知事」VS「外交のプロ」


2008年、米国共和党大統領候補に確定しているジョン・マケイン上院議員が、副大統領候補にアラスカ州知事のサラ・ペイリン氏を起用した。
ペイリン氏は44歳で、共和党の支持基盤である全米ライフル協会に所属している。政治スタンスとしては保守寄りの中道派であり、マケイン氏と重なる点も多い。
マケイン氏は、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事ら「ベテラン」を副大統領候補に選ぶのではないかといわれていたが、これは「サプライズ」人事だ。

対する民主党大統領候補のバラク・オバマ上院議員は、副大統領候補に、外交・安全保障政策に精通するベテラン、ジョゼフ・バイデン上院議員を起用している。
「外交分野が苦手」との評判のオバマ氏にとって、バイデン氏の副大統領起用は自身の欠点を補完する意味合いを持つが、逆に、自身が外交分野に苦手であることをカミングアウトしてしまったともいえる。

副大統領に「女性の中央政界新人」を起用したマケイン氏と、「白人のベテラン上院議員」を起用したオバマ氏――。
それぞれ、自分自身の従来の支持層に当てはまらない層を取り込もうとしていることが分かる。
民主党内には、オバマ氏と大統領候補争いを展開し、敗退したヒラリー・クリントン上院議員の支持層がいるが、これが必ずしもオバマ支持層に転化し切れていない。
ヒラリー支持者に「マケイン氏に投票を!」と訴えかけるキャンペーンCMも作成され、話題を呼んでいる。

今回は、起用されたばかりの2人の副大統領候補に関する記事を、毎日新聞からご紹介する。

アメリカの選択:08年大統領選 バイデン効果、見えず

 【デンバー(米コロラド州)及川正也】11月の米大統領選に向けて27日、民主党の正副大統領候補にバラク・オバマ上院議員(47)とジョゼフ・バイデン上院議員(65)がそれぞれ指名された。「若手とベテラン」「黒人と白人」というバランスに加え、世論へのアピール度が高いオバマ氏を、外交政策などで経験が豊かなバイデン氏が下支えする役割を負う。だが、この対照が逆に「オバマ氏の弱点をさらす」との懸念もあり、「バイデン効果」は未知数だ。

 「私はオバマ氏がいかに人々を感動させ、触発してきたかを見ている。彼こそが現状を変革させられる」。27日の副大統領候補の指名受諾演説でバイデン氏はオバマ氏のカリスマ性を評価した。

 オバマ氏は、議員歴が長く現在上院外交委員長を務めるバイデン氏を「中間層に根付いた外交専門家」と表現。オバマ陣営のウェンディ・シャーマン外交政策顧問は「就任初日から大統領職でもこなせる人材だ」と指摘。「ベストのコンビ」と手放しで歓迎する。

 副大統領候補選びで重視されるのは大統領候補の補完作用だ。年齢や地域のバランス、新人にはベテランという具合だ。テキサス州知事だったブッシュ大統領(共和)が国防長官経験者のチェイニー氏を選んだのは典型的な「経験」重視型だ。

 04年には東部のケリー上院議員と南部のエドワーズ上院議員(当時)という地域バランスも考慮されたが、92年はともに南部で若手のクリントン、ゴア正副大統領の組み合わせが話題となった。

 オバマ氏は重点州のバージニア攻略からケイン同州知事も検討したが、副大統領候補が地元州の勝利で実質的な成果をあげたのは60年のジョンソン氏(上院議員・テキサス州)が最後と言われ、あまり効果はないとされる。

 しかし、今回のバイデン氏の起用は、選挙戦のカギを握る「外交と経済」でオバマ氏に不安感があることを露呈。ギャラップ社の世論調査では、バイデン氏を選んだ後、逆にオバマ氏の支持率は低下し、バイデン効果は表れていない。

(29日、毎日新聞)

共和党、若者や女性票狙う 副大統領候補はペイリン氏に 政策、保守色強く

s_pailin.jpg(C)AP

 【デンバー及川正也】米共和党の大統領内定候補、ジョン・マケイン上院議員(72)によるアラスカ州の女性知事、サラ・ペイリン氏(44)の副大統領候補起用は、高齢批判を払しょくし、若者や女性にアピールできる人材と判断したためだ。中央政界での経験はなく、民主党候補のバラク・オバマ上院議員(47)に対抗して「変革」のイメージも打ち出せるとの計算もある。マケイン氏の「切り札」的存在である若手女性の起用で、11月本選に向けた戦いは一層過熱しそうだ。

 アラスカ州は共和党の牙城で、ペイリン氏は人工妊娠中絶や同性婚に明確に反対している。同性婚禁止の憲法修正に反対するなど社会的問題で中道寄りと見られているマケイン氏には、「保守票固め」に力を発揮するとの期待がある。

 若者に強い人気を持つオバマ氏への対抗戦略の意味もある。民主党予備選で女性初の大統領候補を目指したヒラリー・クリントン上院議員(60)が敗れた機をとらえ、若手女性の抜てきで党派を超えた女性票の獲得にもつながると判断した。

 ペイリン氏は狩猟や釣りを趣味とし、多彩なスポーツをこなす。バスケットボール選手だった高校時代には「バラクーダ」(どう猛な肉食魚)の異名をとった。陸軍に入隊した長男は近くイラクに派遣される予定。準ミス・アラスカにも選ばれた「明るく積極的な女性」とされ、副大統領候補の「穴馬」として名前が挙がっていた。

 ペイリン氏には地方行政で約15年のキャリアがあるが、中央での知名度は高くなく、ワシントン政治での力量は未知数だ。副大統領候補にはミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事(61)ら「実務型」候補の名前も挙がったが、世論に強くアピールできる体制構築を優先した。

==============

 ■人物略歴

 ◇サラ・ペイリン氏
 64年2月11日生まれ。アイダホ大卒。06年にアラスカ州で最年少かつ初の女性知事に当選し、1期目。ジャーナリストを経て、同州ワシラ市会議員2期、同市長2期を務めた。障害児を含む5人の子供がいる。

(30日、毎日新聞)

11月の本選を控え、ますます激戦の様相を帯びてきた米大統領選。
共和党では保守票、民主党ではヒラリー支持層の票が、選挙の鍵を握っている。
マケイン氏が“史上最高齢”の大統領に選ばれるのか、それとも、オバマ氏が“黒人初”の大統領に選ばれるのか。
米大統領選から、ますます目が離せない。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 10:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

バラク“フセイン”オバマをやっつけろ!?

本日は、米大統領選に関する面白いニュースをお伝えする。

食品安全問題で対中批判=クリントン氏

 【ワシントン25日時事】米大統領選の民主党候補指名獲得を目指しているヒラリー・クリントン上院議員は25日、当地で講演し、「(中国から)われわれが手にするのは汚染された魚、鉛入りの玩具や毒入りペットフードだ」と述べ、食の安全をめぐり中国を激しく批判した。

 クリントン氏は、対中貿易政策でも「ブッシュ大統領は失敗した」と強調。自分が当選すれば、食品の安全や為替問題などを含めて、対中政策を見直すと明言した。 

(26日、時事通信)

米民主党の大統領候補レースで、熾烈な戦いを繰り広げる、バラク・オバマ上院議員とヒラリー・クリントン上院議員。
私個人の感情はこの際横に置いておくとして、ここ数か月、2人の支持率は拮抗しあってきた。最新の調査では、オバマ氏が優勢だそうだ。
オバマ氏を支持する人々が『Yes, We Can Song』というビデオクリップを作成し、これが全米で大きな話題となっている。

対して若干厳しい位置に立たされているのが、ヒラリー・クリントン氏だ。
オバマ氏に対するネガティブ・キャンペーンを連日繰り返し、果ては、食品安全問題で対中批判まで行なっている。
方向性を失ったかのように見えるここ最近のヒラリー氏だが、もしかしたらこれは、数週間前にヒラリー氏が選挙スタッフ幹部をクビにしたことと関係があるのかもしれない。
「(中国から)われわれが手にするのは汚染された魚、鉛入りの玩具や毒入りペットフードだ」というフレーズを誰が考案したのかは知らないが、この時期でのヒラリー氏の対中批判は、好ましい影響を導くとは考えにくい。

<米大統領選>オバマ氏に「フセイン」連呼 個人攻撃目立つ

 【クリーブランド(米中西部オハイオ州)大治朋子】米大統領選で共和党の指名が確実視されるジョン・マケイン上院議員(71)の応援演説に駆けつけたラジオ局司会者が26日、オハイオ州南部シンシナティでの集会で、民主党指名争いで首位を走るバラク・オバマ上院議員(46)のミドルネーム「フセイン」を連呼した。25日には、イスラム教徒を連想させるターバンを頭に巻いたオバマ氏の写真がインターネット上に流出するなど、オバマ氏への個人攻撃が目立ち始めている。

 マケイン氏支持者ら数百人が集まった会場で、地元ラジオ局司会者は「いずれメディアがバラク・フセイン・オバマの(化けの)皮をはぐだろう」などと計3回、オバマ氏をミドルネーム入りで呼んだ。イラクの故フセイン元大統領を想起させようとの狙いがあったとみられる。司会者の番組は保守的な層に人気があるという。

 オバマ氏はケニア出身の黒人の父親と米国人の白人の母親のもとに生まれ、「フセイン」のミドルネームは父親から譲り受けた。しかし、オバマ氏自身はキリスト教徒で、「イスラム教徒ではない」と強調してきた。マケイン氏は司会者の発言後、記者団に「事前に発言内容は聞いていなかったが、私の責任だ」と謝罪した。

 また、オバマ氏が父親の出身地であるケニアを06年に訪問した際、贈り物の民族衣装に身を包んだ時のものとみられる写真が25日、インターネット上に流出した。流出経路は不明だが、オバマ氏にイスラム教徒のイメージを重ねようとした中傷とみられる。

(27日、毎日新聞)

続いては、保守系リスナーに人気のあるラジオ番組で、司会のDJがオバマ氏のことを「フセイン」と連呼したとのニュースだ。
オバマ氏のミドルネームが「フセイン」であるというのは事実だ。とはいえ、今回の「フセイン」連呼は明らかに悪意的なものだろう。
もうサダム・フセインはこの世にはいないが、アメリカ人にとって「フセイン」というのは忌むべき名前だ。

20080226-00000028-jijp-int-view-000.jpg(C)時事通信

オバマ氏のミドルネームが「フセイン」であるからといって、それがオバマ氏の印象を決定的に悪くするものだとは考えられない。
しかし、ターバンのようなものを身にまとったオバマ氏の写真が流出したことなどを考えると、「アンチ・オバマ」の人々は「オバマはイスラム系だ!」「テロリスト系だ!」ということでネガティブ・イメージ設定をしたがっているのだろう。

オバマ氏は「庶民派ではない」? イノウエ議員が釈明

 【ワシントン=山本秀也】米大統領選の候補指名をめぐる民主党内の争いに絡み、同党所属の有力日系政治家、ダニエル・イノウエ上院議員は、地元ハワイ州の党員集会(今月19日)で勝利を飾ったオバマ上院議員に関する批判が不適切だったとして、関係者に釈明した。地元紙ホノルル・アドバタイザー(電子版)が26日伝えた。

 クリントン上院議員を推すイノウエ氏は、同じハワイ生まれのオバマ氏が地元の名門私立プナホウ高校を卒業したこと挙げて、「貧しい者の行く学校じゃない」と同紙に発言。裕福な校風が「オバマ氏の人生を定めたのでは」と述べるなど、弱者支援の草の根活動をアピールするオバマ氏の“庶民派”ぶりを疑問視していた。

 オバマ氏の母校は、米国併合以前のハワイ王国時代に設立された名門私立。問題の発言について、イノウエ氏は学校当局に書簡を送り、発言があくまでオバマ氏向けだったと釈明した。

 日系移民の家庭に生まれたイノウエ氏は、プナホウ高校に近い公立のマッキンレー高校を卒業。日米開戦後、米陸軍に志願して欧州戦線で負傷し、戦後米政界に進出した立志伝中の人物だ。批判に対し、オバマ氏は「プナホウ高校に進めたのは奨学金のおかげ。ダニー(イノウエ氏)は口を謹んで頂きたい」と反論していた。

(27日、産経新聞)

そしてこれが、具体的な「アンチ・オバマ」議員による発言である。
「オバマ氏は庶民派気取りしているが、実は富裕者向けの学校に通っていた」という発言である。
当のオバマ氏は「奨学金をもらって名門私立に通った」と弁明しているが、こんなネガティブ・キャンペーンを相手にしているだけ、オバマ氏はまだまだ政治家として未熟者だといえるかもしれない。

私はオバマ氏を支持する気もないし、ヒラリー氏を支持するつもりもない。
ただ、オバマ氏が当初からイラク戦争に反対だったのは、イラク戦争開戦時、彼は国政における重要なポジションを獲得していなかったからだ。
つまり、そこら辺にいる居酒屋のオヤジが「おれはイラク戦争に反対だよ! ウ〜ウイッ!(酔)」と言ったこととほぼ同価値の意味合いしか持たないのだ。
仮にオバマ氏が、イラク戦争開戦当時に国会議員だったら、イラク戦争に反対していたかどうかは分からない。自由な身分、発言内容にあまり責任を問われない身分だからこそ、オバマ氏は開戦当時、イラク戦争に反対できたのだ。
オバマ氏が「ヒラリー氏と違い、私は最初からイラク戦争に反対だった」と言うからといって、彼の言葉をそのまま鵜呑みにしてはいけないと思う。
このことを考えると、ヒラリー氏のオバマ氏に対する「言葉だけでは、変革(change)できない」という批判は、ある程度うなずける。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 15:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

「温厚」「ネガキャンなし」…米大統領選、共和党“ハッカビー株”が急上昇中

米民主党ではヒラリーとオバマが首位争い。対する共和党は――?

<米大統領選>民主、共和とも激しいトップ争い アイオワ州

 【デモイン(米中西部アイオワ州)及川正也】08年米大統領選で民主、共和両党の指名候補獲得競争の火ぶたを切るアイオワ州党員集会(来年1月3日)まであと1カ月と迫り、挑戦者の民主党だけでなく共和党でも激しいトップ争いを展開している。1月の予備選・党員集会は従来のアイオワ、ニューハンプシャーの2州から7州に増え、各陣営の戦いぶりにも特徴がうかがえる。予備選の動向を占うアイオワ州の情勢を探った。

 「私は地方を重視する」。11月29日、アイオワ州デモインで民主党のエドワーズ元上院議員は訴えた。農業州のアイオワへの売り込みと同時に大都市ニューヨーク州選出のヒラリー・クリントン上院議員をけん制した発言とも受け取れた。

 民主、共和両党が拮抗(きっこう)し、「揺れる州」の代表とされたアイオワ州だが、最近は民主党が支持を拡大。州内では今年4月以降、大統領選関連で計約1500回の集会などが開かれたが、4分の3近くが民主党だ。

 エドワーズ氏は前回04年に出馬した際、同州で2位に食い込む健闘を見せ、根強い支持を誇る。今回も精力的に同州で活動を続けてきた。全米の支持率調査では首位を独走するクリントン氏だが、同州での最新世論調査ではクリントン氏27%、オバマ上院議員25%、エドワーズ氏24%とわずか3ポイントの範囲内で激戦を展開しており、予断を許さない情勢だ。

 対照的に共和党でアイオワ重視の有力候補はロムニー前マサチューセッツ州知事だけ。ライバルのジュリアーニ前ニューヨーク市長らは大きく後退しているが、伏兵のハッカビー前アーカンソー州知事が宗教右派の後押しで猛追している。

 ジュリアーニ氏とトンプソン元上院議員は資金の有効配分も考慮し、民主党寄りのアイオワ、ニューハンプシャー両州を捨てても、共和党の地盤である南部州での「一点突破」をテコに天王山となる2月5日のスーパーチューズデー勝利は可能とみている。

 ◇「アイオワ州は、敗者はだれかを決めてきた」

 米アイオワ大学で大統領選世論調査の責任者を務めるデビッド・レッドロースク准教授にアイオワ州の情勢を聞いた。

 −−多くの州の予備選繰り上げでアイオワ州の重要性は低下するか。

 民主党はアイオワ州を「決戦州」と位置付けているが、共和党はバラバラで戦術的違いが鮮明だ。アイオワ州の影響力は共和党内では制限されるだろう。ただ、アイオワ州はもともと勝者を決めるのではなく、敗者はだれかを決めてきた。

 −−民主党はクリントン、オバマ、エドワーズ3氏の激戦だが。

 オバマ氏は若者層から多くの支持を得ているが、この層は党員集会に参加しない傾向がある。オバマ氏が動員に失敗すればエドワーズ、クリントン両氏の一騎打ちとなるが、エドワーズ氏には党員集会への参加率が高い農村部での支持が高いという強みがある。

 −−共和党はハッカビー氏がロムニー氏を猛追している。

 ハッカビー氏の追い上げはロムニー氏にとって脅威だ。ロムニー氏は(保守層を取り込むため)中絶容認など過去の主張を「過ちだった」と認めているが、必ずしも奏功していない。ハッカビー氏はアイオワで勝つ可能性もあるが、全米的な支持に欠けるため、ここで負ければ「退場」となるだろう。【デモインで及川正也】

(1日、毎日新聞)

2008年米大統領選の共和党予備選挙で、マイク・ハッカビー前アーカンソー州知事が、支持率を大きく伸ばしている。
数週間前までには、まさかこれほど「ハッカビー株」が上がるとは思ってもみなかった。きっと、本人の心境もそうだろう。

ハッカービー氏はもともと、キリスト教牧師出身。
メディアからはこれまで「政治と宗教の関係性」について問われることが多かった。
アーカンソー州知事時代はだいぶ「太っていた」が、医師からの「このままでは糖尿病で早死にする」とのアドバイスを受け、なんと50kgの減量に成功。まるで米版岡田斗司夫だ。


同じく共和党予備選に出馬しているミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事(モルモン教徒)は、
 「私は民間企業で働いた経験を持つが、ハッカビー氏はずっと政治家だった。彼は政治家しか経験がない」
とハッカビー氏を批判。

この批判に対し、ハッカビー氏は
 「少し前は、『牧師出身の州知事』ということで批判された。それに私は民間企業で働いた経験もある」
と、冷静に批判をかわした。


ほとんど他候補の「ネガティブ・キャンペーン」を行わず(ただし、モルモン教徒であるロムニー氏が大統領になることについては、キリスト教徒として抵抗感を抱いているらしいが)、温厚な語り口と、「私が熱心なキリスト教徒であるのは事実だが、キリスト教徒である人もない人も同様の人権を持っている」との発言に代表されるような“みんなwelcome”姿勢に、多くの米国民は「安心感」を感じているに違いない。
だからこそ、ハッカビー氏の名前が急浮上してきたのだろう。

ただ、ハッカビー氏は、「まったく」ネガティブ・キャンペーンをやらないわけではない。

「クリントン氏を火星に」とハッカビー前州知事

 (CNN) 28日夜に米フロリダ州セントピーターズバーグで行われた共和党の大統領選候補者らによる「ユーチューブ・ディベート」で、出席者の1人であるハッカビー前アーカンソー州知事は、民主党候補者の中で支持率トップのヒラリー・ロダム・クリントン上院議員を火星に派遣することを提案した。

 討論会で紹介された投稿ビデオで、コロラド州デンバー在住の男性は、2020年をめどに火星への有人飛行を実現する意思について各候補者に尋ねた。ハッカビー氏はこれを受けて、「もしかするとヒラリーが火星行きのロケット第1号に乗るかも知れない」と答え、客席を沸かせた。

 ハッカビー氏はそのうえで、米航空宇宙局(NASA)による宇宙での研究成果が医療技術の進歩などを後押しすると述べ、宇宙探査費用を上積みする必要性を指摘した。

 一方、「小さな政府」を公約に掲げるポール下院議員は、ハッカビー氏の意見に反対を表明。「実施の余裕がない事柄の1つ」だとして、火星への有人飛行を実現する意志がないことを明らかにした。

(11月29日、CNN.co.jp)

<08米大統領選挙>軽口で強硬路線にオブラート、共和党ハッカビー氏が急浮上

(前略)

 例えば銃支持派としては、ノーザンアイオワ(Northern Iowa University)大学で7日に開催された教育フォーラムで、会場内で携帯電話が鳴ると突然コメディアンのような語り口に変え、「ディック・チェイニー(Dick Cheney)が私を猟に連れて行きたがっているんだろう。私は一緒に行く気はないけれど」と述べ、チェイニー前副大統領が狩猟の最中、友人を誤射した事故を皮肉った。

 共和党のライバル候補たちが軽いイメージ作りを敬遠する中で、ハッカビー氏独自のこうした巧妙な軽口は、低姿勢で安心できる人物として受け入れられるために一役買っている。指名争い開始直後、ハッカビー氏は弱小候補だとみなされていたが、最近の予測調査では明らかに勢いをつけている。

 米政治専門サイトRealClearPolitics.comによる調査で、ハッカビー氏はアイオワ州の共和党指名予測で、29%を獲得したミット・ロムニー(Mitt Romney)前マサチューセッツ(Massachusetts)州知事に次いで15%を獲得し、2位という結果だった。

 米調査会社ラスムッセン(Rasmussen)が連日実施している全国追跡調査でも、ハッカビー氏は7日、共和党候補中、ルドルフ・ジュリアーニ(Rudolph Giuliani)前ニューヨーク市長、フレッド・トンプソン(Fred Thompson)元上院議員に次いで3位で、ジョン・マケイン(John McCain)上院議員とロムニー候補を抑えている。

 さらに、キリスト教福音派の有権者を対象にワシントンで実施した調査では、首位となったロムニー氏に2位のハッカビー氏が切迫した。

(後略)

(11月9日、AFPより抜粋)

たしかに1番目の記事はヒラリー・クリントン上院議員に対するネガティブ・キャンペーン(の一つ)だが、相手は民主党候補である。
共和党候補に対するバッシングは、2番目の記事で述べられているもの以外にはない。

もっとも、ハッカビー氏が「温厚で低姿勢」な姿勢を貫いているのは、彼の人柄によるものだけではない。
ハッカビー氏は、自身が大統領候補になれない場合に「副大統領候補」にしてもらうことをも視野に入れ、「共和党内に敵を作らない」姿勢を貫いているものと思われる。


一時は発生した「トンプソン・フィーバー」。
しかし、フレッド・トンプソン元上院議員が「ニクソン元大統領ほど(政策的・人格的に)しっかりしていない」ことに幻滅した共和党支持者が、今度は「ハッカビー・フィーバー」を起こしている。

また、ハッカビー氏は「人工妊娠中絶反対派」であることで、従来の共和党支持層である保守層からの支持も取り付けられている。
この点だけを見ても、保守層からしてみれば、ルディ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長よりは支持しやすい。

「モルモン教徒であるロムニー氏」。
「中絶と同性愛者に肯定的なジュリアーニ氏」。
「そんなに頼りがいがないことが明らかとなったトンプソン氏」。


これまでの共和党候補者には、皆、「致命的な欠点」があった。
それが、ハッカビー氏にはほとんど存在しない。
米国でキリスト教徒であることはさほど問題ではないし、第一、ハッカビー氏自身が「キリスト教徒も、非キリスト教徒も関係ない」と言っている。
もちろん、アーカンソー州知事時代に「増税政策」を行ったことや、「不法移民の大学生に奨学金を給付する政策」を可決させたりと、批判しようと思えば批判は出来る。しかし、批判をしたところで、ハッカビー氏は感情的な受け答えを返してはくれない。あくまで、「冷静」に、「低姿勢」に、批判者の批判をかわすのだ。これでは批判のしがいがない。

ハッカビー人気は一時の幻か。それとも、今後の大統領選の主軸となりうるのか。
いずれにせよ、共和党のほうの大統領候補レースも、面白さが一層増してきた。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 18:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

UFOを見た?米民主党“超平和主義”大統領候補

大統領選レース“蚊帳の外”なクシニッチ氏による話題作りか? それとも……。

米政府にUFO調査再開を要求=笑い事でないと元パイロットら

【ワシントン12日AFP=時事】未確認飛行物体(UFO)を目撃したり、その調査にかかわったりした元パイロットや元米政府職員ら19人が12日、同政府に対し、約30年前に打ち切ったUFOに関する調査を再開するよう要求した。国家安全保障、航空安全のためにもUFO問題を取り上げるべきだと主張している。

 19人の中には、1994年にニースからロンドンへの飛行中、巨大な円盤を見たというエールフランスの元パイロットや、76年にUFOの撃墜を試みたイラン人元パイロット、87年にアラスカ上空で目撃されたUFOに関する調査がもみ消されたと主張する米連邦航空局(FAA)の元職員がいる。

 97年にUFOを目撃したという空軍パイロット出身で元アリゾナ州知事のファイフ・サイミントン氏は記者会見で、「UFOはすべて常識的な説明で事足りるという神話を定着させようとするのを政府はやめてもらいたい。69年に打ち切った調査の再開が必要だ」と述べた。

 同氏はこの中で、どの国も安全保障上、航空安全上の理由から自国領空内のいかなる飛行物体についても正体を突き止めるべきだと指摘。さらに、UFOに関して米政府は国民に語るべきだと提言したところ、中央情報局(CIA)関係者が「だめだ。UFOが存在すると公衆に話せば、パニックが起きる」と述べたと語った。

 UFO問題は次期米大統領選の候補者討論会でも取り上げられ、民主党のクシニッチ候補は自らUFOを目撃したことを明かしたという。UFO懐疑派は目撃証言について、単なる航空機の見誤りか、大気圏に突入した隕石だと主張している。〔AFP=時事〕

(13日、時事通信)

民主党のデニス・クシニッチ下院議員といえば、「超平和主義者」として有名な、2008年米大統領選候補者である。
開戦前からイラク戦争に反対。「平和の人」のニックネームを持ち、公約として「平和省」創設を訴えている。
今年4月、長崎市の伊藤一長市長(当時)が射殺された際には、伊藤氏の全面核廃絶への努力に敬意を示す“書簡”を発表した。
4月のサウスカロライナ州における民主党討論会では「私はこの戦争(イラク戦争)に反対しているだけでなく、戦争そのものに反対だ」と発言している。

クシニッチ氏は“打たれ強い”キャラクターでもあり、2004年大統領戦時には、民主党の候補者がジョン・ケリー上院議員に確定した後も、ただ一人、公認候補の候補者として選挙戦を続けていた。
顔にはシワが目立つのに、童顔。
キャリアは意外と豊富で、クリーブランド市長を務めた後、96年に初当選、現在6期目の下院議員だ。
クシニッチ氏の大統領選用ウェブサイトのトップページには、ピースサインをするクシニッチ氏の写真の上に、「DENNIS for President」との文字がデカデカと出ている。

「平和の候補者」を自任するクシニッチ氏は、過去にUFOを見たこともあるらしい。
私のような凡人にはにわかには信じがたいニュースだし、クシニッチ氏が話題作りのために「UFOを見た」と言った可能性もある。
私の中では、クシニッチ氏は「優しいおじさん」というよりは、「ずるがしこそうな偽善者のおじさん」みたいなイメージである。
話題作りのためにこういうことを言いそうな気もするが、クシニッチ氏なら、もしかしたら本当にUFOを見ているかもしれない。
“カルト的”人気を誇るクシニッチ氏の姿は、“オカルト的”ニュースに上手くマッチングする。クシニッチ氏なら、本当にUFOを見てしまいかねないような気もするのだ。

ここまでクシニッチ氏が嘘を吐いているかのごとき文章を書いてきたが、私自身、UFOの存在を否定しているわけではない。
広い(そして、広がり続けている)宇宙の中で、地球と同じような惑星が2つや3つ、あるいは2万個や3万個あったとて不思議ではないだろう。
私の友人、知人にも「UFOを見た」「UFOらしきものを見た」という人が何人もいる。女優の藤田弓子さんも、過去にUFOを見た経験が何度もあるという。
地球のような“人類らしきもの”が存在する他の惑星から、“UFOらしきもの”がやって来ることは、そこまで非現実的な話ではない。

しかしながら、これまでに多くのUFOが“捏造”されてきたことは事実だ。
「未確認飛行物体!」「超常現象!」などといって過去にメディアに紹介されたものたちの多くは、地球に属する人類による“捏造”の産物だ。
ウソとデマとヤラセが、UFOが存在するという主張の信憑性に、傷を付けている。
クシニッチ氏が本当にUFOを見たのかどうかは確かめようもないが、いずれにせよ、クシニッチ氏が民主党の「大統領候補」になる可能性は、今のところ、極めて低いようだ。



<追記>

★防衛省前事務次官、守屋武昌氏の参院証人喚問における発言をめぐる問題。
 自民党の久間章生元防衛相、額賀福志郎財務相が、守屋氏や山田洋行の元専務から「接待」を受けていたとの発言だった。

 久間氏や額賀氏を擁護するわけではないが、政治家が、不特定多数の人物が参加する宴席やパーティーに顔を出すことは、よくあることである。それも「議員の仕事」の一つだと言ってよいだろう。
 守屋氏個人の件については、検察が収賄容疑での立件を目指し捜査を進めているというが、久間氏、額賀氏の件については両者とも接待の存在を“ほぼ否定”しているし、何も疑う必要性は生じてこないようなものだが、これが「第2のロッキード」になるかどうかは今後の展開次第だろう。


★映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が絶賛上映中である。
 私は主演の吉岡秀隆さんが嫌いなわけではない。団塊の世代などが昭和ノスタルジーに浸ることも大いに結構だと思う。

 ただ、どうしても「今はダメだが、昔はよかった」という安直な発想が日本中にはびこりすぎているような気がしてならないのである。
 まだ21世紀は始まって数年経ったばかりだし、これからの未来は我々が我々の手で創って行かなければならないものである。

 過去は、過去だからよかったのである。懐かしい世界を娯楽の一つとして楽しむことはあっても、懐かしい世界を現実の世界に置き換えて“現実逃避”するようなことがあってはならない。
 「懐古主義」を否定する気はないし、「現実逃避」を否定する気もない。昔を懐かしむことも、現実の世界から逃げることも、個人の自由だ。
 ただ、「昭和30年代村」みたいなものはおかしいと思う。それだけだ。


★本日のおすすめリンク
 月探査情報ステーション 第3話 人類は月に行っていない!?


にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 18:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

トンプソン人気に“厚み”を持たせているもの

共和党のアイデンティティは、「同性愛」反対のはずだったが…。

<米共和党上院議員>男子トイレでわいせつ行為 辞職へ

 【ワシントン和田浩明】男子トイレでわいせつな行為を行ったと認めた米北西部アイダホ州選出のラリー・クレイグ共和党上院議員(62)が1日に辞職を発表するとAP通信が8月31日報じた。後任はオター同州知事(共和党)が地元の同党関係者を任命する見込みで、野党民主党が51議席と小差で過半数を占める連邦上院(100議席)の勢力図は変化しないと予想されている。
 議員は6月、中西部ミネソタ州ミネアポリスの空港内トイレで、男性おとり捜査官に性的な接触を図った容疑などで逮捕され、8月に有罪を認めて減軽を受け入れる司法取引に応じていた。事件発覚後、「悪いことは何もしていない。有罪を認めたのは間違い」と主張したが、辞職圧力が高まっていた。
 議員は08年大統領選への立候補を表明しているロムニー前マサチューセッツ州知事のアイダホ州選対委員長だったが、今回の事件が発覚し辞任した。保守的な姿勢で知られ、同性婚にも反対している。

(1日、毎日新聞)

ラリー・クレイグ上院議員は、1日(日本時間2日未明)、地元・アイダホ州ボイシで、9月末をもって議員を辞職すると正式表明した。
クレイグ議員は1990年に初当選し、2006年には“同性婚”禁止法案に賛成を投じている共和党の典型的な“保守派”議員だ。
地元の有権者からも人気が高いそうで、それだけに今回のスキャンダルは多くの地元の人々に衝撃を与えている。

来年(2008年)には、米大統領選、議会選が予定されているが、昨年(2006年)の中間選挙で敗北を喫した共和党にとって、今回のスキャンダルが党の存在をさらに貶めるものとなってしまったことは否定しようがない。
ただでさえ共和党からの大統領が出るかどうかすら危うい状態の中、従来の支持基盤である“保守派”有権者・団体にとっても、今回のニュースは共和党不信を招いていると言えよう。

「共和党と同性愛」ということでいえば、昨年の同じような時期にも騒動があった。
中間選挙を控えた昨年、共和党所属のマーク・フォーリー下院議員がボランティアの少年にいかがわしい電子メールを送ったスキャンダルが発覚。
フォーリー議員は中間選挙に出馬する予定だったが、このスキャンダルの影響で急きょ出馬を取りやめ、代わりとなる共和党候補を立てたが、結局その候補も落選した。

来年の大統領選を控え、共和党を支持する保守派が期待を寄せているのが、フレッド・トンプソン元上院議員の出馬だ。
トンプソン元議員は『レッド・オクトーバー』や『ダイ・ハード2』などの映画にも出演した俳優で、まさに“Country”などの単語が似合うような、アメリカの保守らしい政治家である。
トンプソン元議員は出馬の意向をすでに表明しているが、正式な出馬表明はまだしていない。
自身の出演映画にあやかって“October”=“10月”にも正式出馬表明するのではないかと噂する向きもあるが、ギリギリまで引っ張って引っ張ってという選挙戦術でカリスマ性を高めようと躍起なのがトンプソン元議員の現状だ。

共和党の有力な大統領候補といえば、他にはルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事などがいる。
ジュリアーニ氏は同性婚にも人工妊娠中絶にも「賛成」の立場を取っていて、そこら辺が従来の“保守系”共和党支持者には気に食わない。
その不満を吸い込みたいとしているのがロムニー氏で、もともとは同性婚や人工妊娠中絶に賛成の立場とされていたが、大統領選に向けて保守票を取り込みたいとの思惑から「反対」の立場に方針転換した。
政局が政治家の政策そのものを変更させてしまう。なにもこれは日本だけの話ではないようだ。
ちなみに保守系の共和党支持者が、ロムニー氏本人の意向に反して、同氏支持にイマイチ流れないのは、彼がモルモン教徒だからである。

アメリカらしい保守の政治家であり、ロナルド・レーガン元大統領を彷彿とさせる俳優出身政治家であるという“積極的選択”。
他の共和党候補には「同性婚賛成」「モルモン教徒」という欠点があるが、トンプソンにはそれがない。そういう“消極的選択”が、上記の“積極的選択”と相まって、トンプソン人気を厚みのあるものにしている。

同性婚や人工妊娠中絶の話をするとまた長くなってしまうので、今日はこの辺で失礼したいが、いずれにせよ、民主党の主要候補が立候補をすでに表明し、共和党各候補の政策の骨格が見えている現状において、米大統領選をめぐるニュースは“トンプソン待ち”の状態にあるといえそうだ。

にほんブログ村 政治ブログへ
posted by Author at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ブルームバーグが無党派になった真意とは、これいかに

無党派の政治家は、大統領になるよりも、大統領候補となるのが難しい。

<NY市長>共和党から離党 大統領選に独立系で立候補?

 【ニューヨーク小倉孝保】ブルームバーグ・ニューヨーク市長(65)が19日、共和党からの離党を表明、「次期大統領選挙に独立系候補として立候補するのではないか」との観測が流れた。市長は翌日、「残り任期の925日、市長を務める。大統領候補にはならない」と否定しているが、立候補説がくすぶり続けている。
 市長は大手通信社の創立者で、選挙資金の問題はないとされる。地元紙によると、過去1年半に国内20都市を回った精力的な活動をめぐって「立候補準備」との見方があり、立候補説の根拠の一つになっている。
 ブルームバーグ氏はかつて民主党員だったが、01、05年の市長選には共和党から立候補した。だが、銃規制を支持したり、同性愛者の結婚に理解を示すなど、社会問題では民主党寄りの姿勢が目立つ。
 大統領選に立候補を表明している民主党のヒラリー・クリントン上院議員、共和党のルドルフ・ジュリアーニ前市長はともにニューヨークが地元。ブルームバーグ市長は両者の政争に巻き込まれるのを回避するため離党したとの見方もある。

(22日、毎日新聞)

金融情報サービス会社「ブルームバーグ」の創業者で、推定55億ドル(約6800億円)の個人資産を持つ大富豪のブルームバーグ市長。
民主党→共和党→無所属という党派の変遷ぶりが、逆に“無所属大統領候補”との憶測を呼んでいる。

ブルームバーグ市長は、共和党離党ついて「違う党派の人間と会話しただけで非難される。党派を超えた取り組みがよい成果を生んでいる」と説明している。
ただ、米大統領選を控えたこの時期の離党は、良からぬ憶測を呼ぶものだ。

現在の共和党・民主党の大統領選候補者については「真剣な政策を提示していない」と批判。
また最近、アメリカ国内各地への出張が増え、全国的な問題についての言及も多く、大統領選出馬に動いているとも読み取れる。
出馬そのものについては一応否定はしているものの、「私の将来の計画は変わらない」と話し、含みも持たせている。
なお、ここで言う「私の将来の計画」とは、慈善活動家として、アメリカの人々のために働くということだ。

仮にブルームバーグ市長が出馬を表明したら、共和党候補としての出馬を目指すルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長との“新旧ニューヨーク市長対決”ということになる。
ジュリアーニ氏は、早くも、ブルームバーグ氏は市長としては適役だが、大統領候補としては的確ではない、といったコメントで牽制している。

過去の大統領選を見ると、1992年に実業家、ロス・ペロー氏が世論調査の支持率で一時トップになったことがあるが、それ以降は、出馬に必要な数の署名が集まらないといった問題が生じるなど、無所属大統領候補が善戦したことはない。それどころか、まともに戦えた人もいない。
事実、二大政党以外の政党や団体出身の大統領は、20世紀以降は一人もいない。

豊富な資金力で、経済的な面での問題はないと考えられるブルームバーグ市長だが、いざ、大統領候補として戦うとなるとかなり厳しいことになるだろう。
たとえ本人が出馬表明をしたとしても、実際に出馬可能な環境を作れるかどうか非常に疑問だ。
ブルームバーグ市長にとって一番難しいのは、大統領になることというよりは、大統領候補になることだろう。
無所属の大統領候補として出馬することが出来たら、私は案外、ブルームバーグ市長は高い支持を得るだろうと思う。

さて、このブログで以前取り上げた、「共和党候補」候補のフレッド・トンプソン元上院議員であるが、共和党の候補として、早くも第1位の支持を得た。

<米大統領選>俳優トンプソン氏、共和党で初首位 世論調査

 米世論調査会社によると、08年米大統領選への出馬準備を進めている俳優のフレッド・トンプソン元上院議員(64)が共和党候補者の支持率で28%を獲得し、ルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長(63)の27%を抑えてトップとなった。主要世論調査でトンプソン氏が首位になったのは初めて。

(20日、毎日新聞)

私が予想していたよりもだいぶ早く、トンプソン氏は共和党候補としてトップの支持を得た。
1週間前に行われた調査では、ジュリアーニ氏とトンプソン氏の支持率はともに24%と並んでいたが、今週、ついにトンプソン氏が支持率1位に躍り出た。
ジュリアーニ氏以外の人物が、共和党候補としての支持率トップを獲得したのは、これが初めてだ。
また、別の調査では、トンプソン氏はジョン・マケイン上院議員ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事を抜いて2位につけている。

ジュリアーニ氏の人気が衰退しているというわけではないが、ある種「頭打ち」の感もあり、ジュリアーニ氏とトンプソン氏の支持率が並んだと言う事実は、かなり大きな意味を持つ。
つまり、アメリカ国民の中には、単に中道、単に穏健という共和党候補では満足せず、やはり、健全な保守らしさを求めている層が多いということだ。
トンプソン人気がどこまで行くか、また、いつまで続くかは分からないが、比較的遅くに名前が挙がってきたという点が、かなりプラスに働いているということはいえる。
ラベル:大統領選
posted by Author at 22:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

意外にありえる“トンプソン・フィーバー”

<米大統領選>俳優で元上院議員のトンプソン氏、出馬へ

 【ワシントン及川正也】米CNNテレビなどは30日、米俳優で元上院議員のフレッド・トンプソン氏(64)が6月1日に08年大統領選に向けた準備委員会を正式に発足させ、出馬に向けた動きを本格化させると報じた。7月上旬に正式な出馬表明を検討しているという。共和党保守派で、ルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長(63)ら穏健派に不満を持つ保守層を引き付ける求心力があるとされる。同党の大統領選候補の指名獲得レースは混戦模様となりそうだ。
 トンプソン氏は、米人気ドラマ「ロー&オーダー」の検事役の俳優として知られる。ブッシュ政権のイラク政策を支持し、銃規制や後期人工妊娠中絶、同性婚に反対で、保守派の支持が厚い。出馬表明前にもかかわらず世論調査ではジュリアーニ氏やマケイン上院議員(70)に次ぐ人気を誇り、経歴と重ね合わせて「レーガン元大統領の再来」とも言われる。
 連邦検事補などを務めた後、ハワード・ベーカー元上院議員(前駐日大使)の選挙責任者に就任。ウォーターゲート事件では調査委員会の弁護団の共同団長も務めた。ハリウッド俳優に転身し、「レッド・オクトーバーを追え!」などに出演。ゴア前副大統領のホワイトハウス入りに伴う上院補選(テネシー州)で当選し、94年から03年まで務めた。

(5月31日、毎日新聞)


投票まで、あと1年半を切った米大統領選であるが、少なくとも大統領選を見る限りは「男社会」であり「白人優位社会」であるアメリカに、異変が起きている。

言うまでもなく、それは、ヒラリー・クリントンという「女性」候補と、バラク・オバマという「黒人」候補の2人が、非常に高い支持を受けているということだ。
2人とも民主党所属の上院議員だ。政治キャリアも浅い。

対する共和党は、ルドルフ・ジュリアーニ前ニューヨーク市長、ジョン・マケイン上院議員らの支持が高いが、ほとんど支持率に差はないといえるもので、そんな中に登場したのが、今回のトンプソン元上院議員だ。

ネオコンでない、古きよきアメリカを換気させる“真正保守”政治家の大統領選登場は、旧来の共和党支持者にとっては、待ち望んだ事態であろう。
ジュリアーニは人工妊娠中絶や、同性婚にも容認姿勢で、かなりリベラルな面が目立つ。
たしかに、「保守」を掲げるマケインや、ロムニーといった候補もいる。しかし、マケインはあくまで大統領選候補になることを目的としていて、「保守政治家」をアピールしているのも、単に保守層の票を取り込みたいからだ、という姿勢が露骨だ。
ロムニーはいつの間にか「中道」から「保守強硬」に転じた人物で、共和党内でも、いまいち信頼が置けないと見られている。

トンプソンが、ジュリアーニに次ぐ、共和党内支持率2位に浮上することは、意外と難しいことではない。
「ニューズウィーク」4月18日号では、ジョナサン・オルター記者が『猛烈なブッシュ批判で鳴らしたマケインの「勝利」の条件は、皮肉なことにブッシュ政権の米軍増派計画が成功することだ』と書いている。
マケインは、ブッシュ大統領任期が絶頂の時には大統領をこき下ろし、支持率が凋落している現在は、大統領を擁護している。ブッシュ政権とマケインは、運命共同体というわけだ。
ブッシュ政権が派手に「成功」しなければ、マケインもいまいちぱっとしないまま、空気の読めない政治家としてフェードアウトしていかざるを得ない。
合わせて、「保守」政治家として、ロムニーとトンプソン、どちらを支持するかを問うた時に、ロムニーがさほど支持を集められなかったら、トンプソンが「党内支持2位」に躍り出る可能性もある。
その勢いのまま、“トンプソン・フィーバー”(トンプソン人気)を全米に巻き起こし、「党内支持1位」にまで上り詰めてしまう可能性も無きにしも非ず、ということだ。

トンプソンがどれだけ、共和党内で支持を得られるかは、現時点では未知数だ。
ただ、民主党では「ヒラリーとオバマ」という2枚看板が大きく輝いている時に、共和党のほうの「顔」がはっきりしない、というのは、共和党にとっては痛手である。
「共和党の誰が大統領になるか」といった問題ではなく、「共和党から大統領が生まれるかどうか」といった、切実なる問題なのだ。
posted by Author at 23:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

オバマ議員の“避けて通れない道”

本選まで、あと2年近くもあるアメリカ大統領選。
約80年ぶりの「現在の正副大統領が予備選にすら立候補しない」大統領選となり、早くも、バラエティーに富んだ“候補者候補”の顔ぶれが挙がっている。

最近のABCとワシントン・ポストの共同世論調査では、米民主党では、ヒラリー・クリントン上院議員がずば抜けて人気で、支持率が41%。次いで人気なのが、支持率17%のバラク・オバマ上院議員だ。

オバマ議員はスマートな身なりと、その若さから、米トークショー番組に出演するなど、注目を浴びている。
そのオバマ上院議員が、早くも大統領選スキャンダルに巻き込まれた。

オバマ議員の過激派学校通学報道は事実無根 CNN

ジャカルタ(CNN) 2008年次期米大統領選の出馬準備を進めている民主党のバラック・オバマ上院議員(イリノイ州)について、米国の一部報道は先日、オバマ議員がインドネシアで過ごした少年時代、イスラム過激派の学校に通学していたと伝えた。ただ、CNNが米ワシントンとインドネシアの首都ジャカルタで取材したところによると、こうした報道内容は事実と異なっている。


オバマ議員は6─10歳当時の1967─71年、母親や義父とインドネシアに住んでいた。同議員は2冊の自著で、この期間にイスラム教の学校とカトリックの学校に各2年通学していたことを既に公表している。


米紙ワシントン・タイムズの発行元が出版している雑誌「インサイト」のウェブサイトは先週、匿名の消息筋の発言として、オバマ議員がインドネシア在住当時にイスラム原理主義を教える学校に通学していたと伝えた。ヒラリー・クリントン上院議員(民主党)の関係者が行った調査の結果とされる。インサイト誌の報道内容は、FOXニュースやニューヨーク・ポスト紙、CNNヘッドライン・ニュース、多数の政治関連ブログに引用された。


ただ、先日大統領選出馬を表明したヒラリー議員のスポークスマンは、オバマ議員に関する同誌の報道が「明らかに右派の仕業」と述べ、ヒラリー陣営が情報源であることを全面否定した。オバマ議員の関係者も、FOXニュースやインサイト誌の報道について「あきれるほど無責任」とコメントした。


オバマ議員が69─71年に通っていたインドネシアの学校をCNN記者が訪れたところ、宗教教育を重視していない公立小学校で、児童は制服姿、教師の服装は欧米風だった。


オバマ議員の元クラスメートは記者に対し、小学校の様子が当時と現在で余り変わっていないと語った。さらに、同校の児童にはキリスト教徒や仏教徒などもいるとして、イスラム学校ではなく普通の学校だと述べた。記者は22日放送のCNNの番組「シチュエーション・ルーム」で、同校が「以前取材したパキスタンのイスラム過激派学校とは全く異なる」と語った。


インサイト誌のサイトは22日午後現在、報道内容を撤回していない。

(1月23日、CNN.co.jp)


仮にオバマ氏が大統領になれば、黒人初の米大統領誕生ということになる。
しかし、オバマが特徴的なのは、自身が黒人であることを“特徴”としてアピールしていないことだ。これは、ヒラリー・クリントン氏にも言えることで、彼女も“女性”であることをアピールしていない。

大統領になるためには大統領選に出馬せねばならず、大統領選に出馬するためには民主党内で“候補者”に選ばれなければならない。
今のところ敵なしのヒラリー・クリントン上院議員だが、最大のライバルはスマートで年齢の若いオバマ上院議員だといわれている。

今回の“スキャンダル”は、事実無根のものであり、このようなスキャンダルを受けるのは、大統領選に出ようと思うような者であれば、避けては通れない道だとも言える。

しかし、スキャンダルというものを考えた時、問題なのは、スキャンダルが事実かどうかではない。
そのスキャンダルが流れたかどうかである。
一度、スキャンダルが流れれば、その“流れた”という事実は残り、候補者のイメージ戦略に多大な影響を及ぼす。

支持率を見れば大人気のヒラリー・クリントン上院議員だが、クリントン議員は多くの人に好まれてはいるが、多くの人に嫌われてもいるのが現状だ。
多くの米国民が、クリントン議員が大統領になったら、イラク問題などで“二極化”してしまった米世論の“二極化”をさらに推し進めないと心配している。
そうしたことから見ると、クリントン議員の人気はこれで「頭打ち」(米PBS)だとも言える。この高支持率を維持することは、そう、たやすいことではない。

今、この時期に「誰が最も有力候補か」などといったことを考えるのは意味のないことだが、選挙というものを考えたとき、どうしてもそういったことを考えずにはいられない。
ただ一つ、確実に言えるのは、次期大統領は、ブッシュ大統領とは違う、穏健派の大統領になることだろうということだ。次期大統領が、民主党から生まれようが、共和党から生まれようが、だ。
posted by Author at 10:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008米大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。